土砂 災害 ハザード マップ。 ハザードマップポータルサイト

土砂災害ハザードマップ/大津市

対象河川 想定最大規模の降雨 大井川水系(大井川) 48時間の総雨量787ミリメートル 瀬戸川水系(瀬戸川・朝比奈川・葉梨川) 24時間の総雨量695ミリメートル 栃山川水系(栃山川・木屋川) 18時間の総雨量772ミリメートル 土砂災害(急傾斜地崩壊、土石流、地すべり)についても、大雨により災害発生の恐れが高まる区域として、土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)および土砂災害警戒区域(イエローゾーン)を地図上に表示しています。 本サイトで示している法指定区域は、各種法令にて制限行為が規定されています。 この度、広く市民の皆さまに、ご理解をいただくため、データ化し、公開しま す。 本サイトでは、土砂災害に関連する情報として、以下の内容の公開を行っています。 2019年8月8日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(鹿児島県の3河川)を追加しました。 ため池決壊による浸水想定区域について、新たに145箇所(山梨県の17箇所・静岡県の35箇所・長崎県の45箇所・熊本県の26箇所・鹿児島県の22箇所)を追加しました。 がけにひびが入るなどの異常に気がついた場合は、周りの方と直ちに安全な場所に避難してください。

Next

ハザードマップポータルサイト

尾道市総合防災マップ 地区別ダウンロード一覧• 土砂災害ハザードマップの使い方• 液状化とは? 液状化とは、地震の揺れによって地盤が液状になる現象で、主に埋立地や河口など、水分を多く含んだ緩い砂質の地盤で発生します。 「港区土砂災害ハザードマップ」は、 及びで配布しています。 2020年8月4日 2020年7月29日 2020年7月28日 2020年7月15日 2020年6月10日 2020年6月5日 2020年6月3日 2020年5月15日 2020年4月13日 2020年4月10日 2020年3月30日 大規模盛土造成地について、新たに757市町村のデータを追加しました。 一級河川鬼怒川・鬼怒川流域・石井上流域で3日間の総雨量が669ミリメートル• 急傾斜地崩壊危険箇所は土砂災害防止法に基づき指定された区域ではありませんが、今後指定される可能性があります。 災害時要援護者への避難の協力• 指定箇所の一覧等はにてご確認ください。

Next

まつやま土砂災害ハザードマップ 松山市公式ホームページ PCサイト

令和元年6月1日号広報まつやまと併せて、土砂災害警戒区域を含む地区内の世帯や事業所に配布いたしました。 平成30年度作成• まず身の安全を 警報等が出ていなくても、早めの安全行動が大切です。 平成30年度作成• 2020年3月17日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(北海道の38河川・栃木県の2河川・鹿児島県の4河川)を追加し、栃木県の荒川を更新しました。 ・「土砂災害警戒区域(調査済・指定準備中)」 ・「土砂災害特別警戒区域(調査済・指定準備中)」 5 雨量関連情報 和歌山県が設置している雨量観測局の位置を示しています。 提供するすべての地図情報の著作権は、大津市にあります。

Next

岐阜市土砂災害ハザードマップについて/都市防災政策課/岐阜市公式ホームページ

くらしの防災ガイド 「くらしの防災ガイド」は、毎年、梅雨時期前の6月初旬から中旬頃に発行しています。 作成にあたっては、2010年度〜2015年度に地域の危険箇所などをお聞きする機会を設け、町会長、防災部長、消防団、民生児童委員の方など、多くの皆さんにご参加、ご協力をいただき作成しました。 港区土砂災害ハザードマップ 令和元年度現在 区は、「港区土砂災害ハザードマップ」を作成して、区民の皆さんに土砂災害の危険箇所や土砂災害から身を守るために必要な情報をお知らせしています。 現在、大分県は土砂災害防止法(注1)に基づき、土砂災害警戒区域等(注2) を指定し ていま す。 災害情報の種類と行動• 土砂災害警戒区域等に関する法的な図面は、次の「土砂災害のおそれのある区域」の告示図書をご確認いただくか、神奈川県厚木土木事務所津久井治水センターにお問い合わせください。

Next

港区公式ホームページ/土砂災害に備えて

(注意)平成31年1月に姿川・田川洪水ハザードマップが改訂されました。 この土砂災害ハザードマップで、お住いが警戒区域等に該当するかどうか確認し、土砂災害が発生するおそれが生じたときに避難する避難所や安全に避難できる経路をあらかじめ考えておきましょう。 令和元年度作成• 調査にあたり、東京都から委託を受けた調査会社の調査員が、住宅等の敷地内(庭先や背後の斜面)へ立ち入ることがありますが、調査の趣旨を理解いただき、ご協力をお願いします。 また、詳細や最新の情報を確認されたい方はの「土砂災害のおそれのある区域」からご確認ください。 告示図書等の法的な図面は、 の「土砂災害のおそれのある区域」の告示図書をご確認いただくか、神奈川県横浜川崎治水事務所にお問合せ下さい。 54か所(急傾斜地の崩壊50か所、土石流4か所) 土砂災害特別警戒区域(レッドーゾーン) 土砂災害警戒区域(イエローゾーン)の内側にあり、急傾斜地の崩壊や土石流等が発生した場合に、建築物に損壊が生じ、市民等の生命又は身体に著しい危害が生じるおそれがあると認められる区域であり、特定の開発行為に対する許可制、建築物の構造規制等が行われます。

Next

川崎市:土砂災害ハザードマップについて

防災気象情報や避難勧告等の伝達・収集方法と避難行動 防災気象情報や避難勧告等の伝達・収集方法や避難行動などについて、詳しくは、下記リンクをご覧ください。 本サイトに関する問い合わせは 1 土砂災害危険箇所・法指定区域 和歌山県県土整備部河川・下水道局砂防課まで TEL 073-441-3171 FAX 073-441-3173 E-mail : e0806001 pref. 2019年1月7日 重ねるハザードマップの道路防災情報から車両の滞留が発生する前に予防的な通行止めを行い、集中的・効率的に除雪作業を実施する区間(予防的通行規制区間)が確認できるようになりました 2018年12月20日 2018年12月18日 2018年12月13日 2018年10月25日 道路防災情報のピクトグラムを追加しました。 使用するブラウザは、推奨ブラウザおよびバージョン以外では一部の機能が制限される場合があります。 なお、InternetExplorer11. 御笠川浸水想定区域:. また、土砂災害ハザードマップは各区区役所で配布させていただいています。 2018年10月3日 2018年10月3日 2018年9月10日 重ねるハザードマップの土砂災害警戒区域等のデータを更新(国土数値情報 土砂災害警戒区域データ(平成29年度)を反映) 2018年6月8日 2017年6月6日 2017年6月2日 想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域データを更新しました 2016年11月10日. 各河川の想定条件は以下のとおりです。

Next