検察 定年 延長 何 が 問題。 検事長定年延長の閣議決定は何が問題なのか 政府解釈変遷を追う

公務員定年延長(検察官定年延長)について質問です

名古屋、広島、横浜などの裁判所で8年間裁判官を務め、退官。 安倍政権は黒い疑惑が多い。 つまり「若い働き手が少ない」と言う事です。 今回の件は問題ありそうですが、国民はこういうことにあまり関心はなさそうですし、いつもどおり、野党とマスコミが騒ぐだけで終わり、国民は関心を持たずにスルーという感じになるのではないでしょうか。 」 みたいな、アレです。

Next

検事長の定年延長で三権分立の理念を揺るがす問題点と検察庁法、国家公務員法の解釈

今回のケースでいえば、法務大臣が1月に交代してくれといったのにあくまでも検事総長が辞表を出すのを拒んだら、たとえば、その後の人事で大臣の方も慣例を破って好きなようにさせてもらうとか言うことになるのが世間のならいだ。 問題視しているのは、役職を退く年齢になっても、政府が認めればポストにとどまれる「特例」が、埋め込まれていることだ。 自分は、単に定年延長の流れを検察にも適用しようとしているだけだと思っているのですが・・・! 普段、あまり政治的な発言なんかしない芸能人が一斉にこの件に声を上げているのはどう見ても不自然です。 更に言うと犯罪かどうかの結論を出して確定させるのは裁判所です。 まだこれが決まっていない状況で、法律が内閣に全て白紙委任するというのは確かに危ういと言わざるを得ません。 定年・停年(ていねん, Retirement age)とは、企業や公務に勤める正規雇用者で、ある一定の年齢に達したら仕事を退職・退官する場合のその年齢のこと。 労働者が一定の年齢(定年年齢)に達すると自動的に雇用関係が終了する制度を「定年制」という。

Next

異例の抗議なぜ続出?検察庁法改正案、論点オールまとめ [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

この同じ本の別の部分で伊藤は「定年などの規定は国家公務員法の影響を受けない」(「新版検察庁法 逐条解説」より)とメモの結論とは正反対の内容を記しています。 NHKの取材に対し、検事総長経験者の1人は「検察は厳正中立でなければならず、人事も同様に運用されてきた。 検察法は特別法で、国家公務員法は一般法であるので、検察法の方が優先。 2.改正案の内容 次に、今国会に提出されている改正案の内容を確認します。 ですが、その具体的な内容は… 実施は2022年の4月から、2年ごとに1歳ずつ引き上げる、というものです。

Next

検事の定年延長が問題なら悪いのは検事総長だ

実際に私のところにはまだ10万円の申請用紙は届いていませんし、アベノマスクすらも届いていません。 要するに、定年まで減給されることはなく、上昇し続けていくのだ。 国会審議などから、何が問題の核心なのか整理した。 キーワードは実施時期ですね。 検察庁法の改正案の成立見送りが決まったあと、法務省内では、次の国会に備えて、定年延長を判断する際の基準作りに着手し、すでに複数の案を作成している。 2005年には刑事局総務課長に就任しています。

Next

辛坊治郎ツイート「検事の定年延長問題」発言

・検事総長:65歳 ・検察官(検事長含め):63歳 検察庁法が定める条文は端的に以下の一文のみです。 その後に法務省に異動しています。 5.問題の本質 思いの外、長文になってしまいましたが、この問題に対する私の疑問は4に述べたとおりです。 政治の組織図で見ると直属の上司は違うのですが、 検察と警察は兄弟のように仲良しなイメージです。 検察は法の番人であり、例え政府が相手でも公平にジャッジしなくてはいけない。 菅官房長官と、自民党の森山国会対策委員長、林幹事長代理の3人が極秘に会談し、対応が話し合われた。 検察は『法の番人』であり 事実を徹底的に調べて善悪を公平にジャッジしなくてはいけません。

Next

異例の抗議なぜ続出?検察庁法改正案、論点オールまとめ [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

同時に、政府の考えも確認したい。 いまからでも政府・与党は、強行姿勢をあらためるべきです!— 志位和夫 shiikazuo 今国会で話し合ってほしいのは新型コロナウイルスに対する打開策や、拡大防止についてじゃないでしょうか。 世論を背に、野党が抗戦 5月15日。 」として、法務大臣ではなく内閣によってこれらの人事を行うものとしている。 現在60歳の定年を、2022年度から2年ごとに1歳ずつ引き上げ、2030年度に65歳にするという法律だ。

Next

検事の定年延長が問題なら悪いのは検事総長だ

新型コロナウイルス対策の審議に紛れて、成立を急ぐことなど許されない。 柱は二つ。 専門家によれば、定年もこうした考えから設けられたとされます。 雇用の悪化は日増しに深刻さを増すだろう。 <筆者略歴> 田沢 剛:弁護士 平成3年に東京大学法学部卒業、同年司法試験に合格。 民間並みといっても比較するのは大企業だけだ。

Next