エリック アビダル。 不満ぶちまけるメッシに打ち消す監督 バルセロナに異常事態

【SPORT独占】エリック・アビダルが明言「チャビ監督へのオファーはなかった」

アビダルSDはこの報道に対して、以下のように語っている。 そして、先日のセビージャ戦は我らがカピタンのプジョルを彷彿させる『魂のプレー』をして、チームを助けました。 私がその時にいるかどうかはわからないが、バルサは常に扉を開いている」 【バルサ戦観戦会3連発】. それは彼がいつも言ってきたことです。 バルセロナに関わるすべての人物は自分がすべきことに責任が伴うし、その決断には重みがある」 「チームがうまくいかない時だってあるものだ。 バルサは数年をかけ、ゆっくりと蝕まれてきた。 下部組織ラ・マシアへの回帰である。 53 9 6 9 9 5 6 1 7 5 8 B 0 2 0 0 29歳 98368 2. そんな想像はひとつの浪漫だろう。

Next

アビダル氏が古巣の移籍市場に言及「バルサは哲学を変えていない」(2018年8月7日)|BIGLOBEニュース

バルセロナは下部組織で優秀な選手を育て、そのような選手をトップチームに引き上げ、プレーさせるのが伝統であった。 先日、アビダルSDはエルネスト・バルベルデ前監督の退任に関して「選手は一生懸命に取り組んでいなかった」などと発言した。 商品到着時に配達員にお支払い頂く方法です。 そうじゃないと、ゴシップとして拡散されてしまう。 「彼はまだそれほど多くの経験を持っていない。 「選手について話すなら、特定の名前を挙げるべきだ。 キャプテンで8番のMFモンチュ(ラモン・ロドリゲス・ヒメネス)は、アンドレス・イニエスタの系譜を継ぐ選手だ。

Next

【SPORT独占】エリック・アビダルが明言「チャビ監督へのオファーはなかった」

銀行振込 「楽天銀行」「ゆうちょ銀行」 手数料はご負担下さいませ。 その時、ディレクターや幹部はチームの方針や意思決定について、責任を持つべきじゃないのか? スポーツ部門の幹部もすべての決断に責任を負わなければならない」とコメント。 E-コレクト等のクレジットカード決済はご利用頂けません。 チームの中心であるアルゼンチン代表FWを激怒させたスポーツ・ディレクター SD のエリック・アビダル氏だが、どうやら残留することになるようだ。 最初の会議でチャビは耳を傾け、2回目で彼へのプランを伝えなければいけなかった。 現時点では首が繋がっているものの、バルトメウ会長からの信用は薄くなり、今後が保証される状態ではないと伝えられている。

Next

サッカー=メッシ、バルセロナSDアビダル氏を批判

さらに、「誰かについて批判するとしても、チーム全員を汚すような発言は慎むべきじゃないのかな。 バルセロナにおいてメッシがアンタッチャブル的存在であることは周知のとおり。 戦力にならない外国人選手を獲得しては売り払う。 このコメントにはスペイン代表DFジェラール・ピケや同代表DFジョルディ・アルバなどが反論。 「前向きに将来を語る会合だった。

Next

メッシを激怒させたバルセロナSDのアビダル氏 会談し残留決定

バルサの強化技術部長であるエリック・アビダルが、『SPORT』独占インタビューに登壇。 それを最大限に生かせるか。 そして2月、クラブが契約していた会社が、SNSで、メッシなど主力選手に対するネガティブキャンペーンを張っていたことが露見した。 あの痛みから逃れられると思うとね」. スペイン『アス』が報じた。 あの痛みは、永久に突き刺さっているだろう。

Next

【SPORT独占】エリック・アビダルが明言「チャビ監督へのオファーはなかった」

「彼はまだそれほど多くの経験を持っていない。 もしあるとしたら、私は見たことがないので見せてほしい。 6日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。 「我々は自分たちのミスで敗れた。 01 2 1 2 2 5 6 1 7 5 8 D 0 2 0 0 32歳 5663 2. デンマーク代表FWマルティン・ブライトバイテの入団会見の場で以下のように語っている。 。 移籍市場に適応しているだけだ」とこれを否定した。

Next

エリック・アビダルがサッカートップチームの強化担当に就任

私は政治をしない。 しかし、その後の進展がない。 マスコミで出てきたのは、スポーツよりも政治的なものだった。 それは間違いないです」と言う代理人さんは、バルサがアビダルに名誉大使的な仕事を提案している件に関しては感謝を表しつつも、「 エリックにとって、フットボルを辞めた時にバルサに残れるのは名誉。 執筆者:Fernando Polo 会議のためブリュッセルを訪問していたバルトメウは、問題の記事を目にしたあとすぐにアビダルに電話。 クラブは最近数年間の同氏の責任感と献身さに対し感謝の意志を示すとともに今後の幸運と成功を祈念する。 「オファーはなかった。

Next

アビダルの落胆

アビダル氏の去就について話し合われたようだ。 堅実で労を惜しまない守備が特徴で、センターバックとしてもプレーできる。 首脳陣はそろそろ腹を括る必要がある。 一枚岩ではないことは明らかだった。 私たちはもちろん、クラブの取る決断を受け入れることでしょう。 メールの届かない場合は、お手数をお掛け致しますがご連絡をお願いいたします。

Next