悔やむ と 書い て ミライ 歌詞。 悔やむと書いてミライ 歌詞『まふまふ』

悔やむと書いてミライ 歌詞「まふまふ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 楽曲について、まふまふさん自身も 「個人的にとても気に入っています」とコメントしています。 花を育てるという情景に比喩された 自分という人間を生きていく事すら空回りしている様子 が描かれています。 何も自分の本心と会話することもなく死んでいくのです。 。

Next

piapro(ピアプロ)

後半の「犬にもな」という部分からは、どこか少年ぽさを感じますね。 死にたい 消えたい以上ない こんな命に期待はしないさ 故に夢に魘され 塞いだ過去に咲いた世界 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ 悔やむと書いて ミライ 消えたいの 消えたいの 何回だって言い聞かせた 夢も見れぬような 後悔を頂戴 基本情報. そんなことを思っていた私が甘かったです。 愛も情愛も捨て、死を待つだけの人生。 もどかしい迷いは 屋上で空に叫ぼう 自分の声で叫ぼう 思ってたより ドラマチックな日々じゃないけど ドラマより面白い どこまで どこまで 行けるか 行けるのか やってみなきゃ分からない いつでも決めたその場所 スター卜 今高らかに夢のファンファーレ 突き抜けてく勇気を重ねるよ 時には傷だらけでも輝きの途中 未来は上々 きっと響く So, Yes!!! いったいこの二つがどのように関係しているのでしょうか。 それが sorega 人生 jinsei です desu ボク boku ら ra 手 te にした nishita 人生 jinsei なんです nandesu 生 u まれたこと maretakoto 自体 jitai が ga 間違 machiga いだったの idattano? 先日リリースされたアルバム「THE BAND STAR」にも、女性が思わずキュンとしてしまうようなラブソングが収録されています。 全体としては今の自分の人生に対して 全くの期待を抱くことが出来ず、 口を開けば、"死にたい"と"消えたい"ばかりという まさに今にも死と隣り合わせの心情が描かれています。

Next

流川ガールズ ミライファンファーレ 歌詞&動画視聴

バンドとして大きな一歩を踏み出そうとしている彼らならではのエネルギッシュな歌詞は、聴き手まで奮い立たせるパワーがありますよね。 そんな心情だからこそ、顧みるのはいつも自分の過去。 いつかゴミに出したのに 袖口に隠していた生涯 燃やせぬまま 灰になれずにいたんだ " ゴミに出した"=一度は人生を終わらせようとしたのです。 絶望しかない主人公にとって、未来は新しい何かを得られる時間ではなく、 増えていく過去を悔やむ時間でしかありません。 一思いにボクを刺してくれたら いいのにな いいのにな 不条理な御託で刺してくれたら いいのにな いいのにな いつかゴミに出したのに 袖口に隠していた生涯 燃やせぬまま灰になれずにいたんだ 死にたい 消えたい以上ない こんな命に期待はしないさ 故に夢に魘され 塞いだ過去に咲いた世界 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ 生きるふりをして死んでいくのが 人生か 人生だ それじゃボクらはどうしてこの世に こんな未完成な身体に 未だ 心を持っているんだ きっと拉げた如雨露で 花を咲かせようとした そうさ 種一つない土に撒いちゃいないか だから一抜けした 捨てた この世の流行り病のような愛も 爪の先よりも細い 底浅い友の情愛も 知らない 知りたいこともない どうせ言葉以上の意味などないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ 片道分の蝋を持って 消さないように必死になって わずか照らした一寸先の 穴ぼこは誰が落ちた跡? 未来がカタカナ表記なのも読み仮名だからなのでしょう。 蝋とはまさに自分のすり減る命の比喩。

Next

ハルカミライ「100億年先のずっと先まで」で永遠の愛を歌う

ギターロック楽曲=昔のまふまふ という印象がありますよね。 知らない 知りたいこともない どうせ言葉以上の意味などないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ 言葉以上の意味などないと言って 自分へ必死に言い聞かせている様子が描かれています。 自殺を志願する彼女には 「悔やむと書いてミライ」、すなわち 「未来=後悔の時間」なのです。 だけど未だになんの希望も生まれやしない。 そもそも種なんてなかったんじゃないか? こんな人生初めから終わってたんじゃないのか? 失意に沈む主人公。 例え、条理に沿っていない罵詈雑言や 突き落とすような言葉を吐き捨てられたとしても それでも自分を消してくれる手段に変わりないのなら 今すぐにでも構わない まるで病のような自分を厭わない感情に陥っている。 君の存在はオアシス! 続く歌詞では、恋人との関係性が伺えます。

Next

ハルカミライ「PEAK’D YELLOW」でアイデンティティを問う!

なんの容赦もなく自殺願望がなだれ込む、絶望のロックチューン。 どうでもいい人なら軽く受け流してうやむやにすることもできますからね。 サビ2 だから一抜けした 捨てた この世の流行り病のような愛も 爪の先よりも細い 底浅い友の情愛も 知らない 知りたいとこもない どうせ言葉以上の意味などないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ 希望の欠片も持っちゃいない主人公は、今度は世の中にあふれる 「愛」や 「情愛」といった明るい言葉にも NOを叩きつけます。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 つまり、恋人が心の拠り所のような存在ということですね。 そんな未来に向かって、彼らは走り続けているようです。 歌詞 一思いにボクを刺してくれたら いいのにな いいのにな 不条理な御託で刺してくれたら いいのにな いいのにな いつかゴミに出したのに 袖口に隠していた生涯 燃やせぬまま 灰になれずにいたんだ 死にたい 消えたい 以上ない こんな命に期待はしないさ 故に夢に魘され 塞いだ過去に咲いた世界 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと 僕は知っていた 悔やむと書いてミライ 生きるふりをして死んでいくのが 人生か 人生だ それじゃボクらはどうしてこの世に こんな未完成な体に 未だ 心を持っているんだ きっと拉げた如雨露で 花を咲かせようとした そうさ 種一つない土に撒いちゃいないか だから一抜けした 捨てた この世の流行り病のような愛も 爪の先よりも細い 底浅い 友の情愛も 知らない 知りたい こともない どうせ言葉以上の意味などないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ 片道分の蝋を持って 消さないように必死になって わずか照らした一寸先の 穴ぼこは誰が落ちた跡? それが人生です ボクらが手にした人生なんです 生まれたこと自体が 間違いだったの? 死にたい 消えたい 以上ない こんな命に期待はしないさ 故に 夢に魘され 塞いだ過去に咲いた未来 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと 僕は知っていた 悔やむと書いてミライ 消えたいの 消えたいの 何回だって言い聞かせた 夢も見れぬような 後悔を頂戴 歌詞を解釈 1番 一思いにボクを刺してくれたら いいのにな いいのにな 不条理な御託で刺してくれたら いいのにな いいのにな 自分の命を終わらせたいと思い続けている本心と 簡単には終わらせることの出来ない現実との狭間で 揺れ動く葛藤やジレンマが描かれています。

Next

悔やむと書いてミライ 歌詞「まふまふ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

本当にまふまふさんの過去が垣間見えるような リアルかつ共感止まない歌詞…。 波がきらきらフイに会いにきてよ 激しい衝動はなんですか? 夏をさらさらセンで書いてみてよ 切ない空想のパッケージ 開けてダイスキだからね 手強い怖い文化圏 Hi! だから一抜けした 捨てた この世の流行り病のような愛も 爪の先よりも細い 底浅い 友の情愛も ここでの" 一抜け"とは 社会のレールや人間としての普遍とされている行い から外れたことを指していると感じました。 くすまないで。 そんな種すら備わっていない主人公は空っぽなのです。 そんな得体の知れない大きな疑問に対する、悶々とした問いが歌われています。

Next

ハルカミライ「100億年先のずっと先まで」で永遠の愛を歌う

てにいれよ 挑戦した? 去年に制作された楽曲のようです。 あの日この日と粗探しをして悔やみ続けるのです。 ---------------- We are Peak'd Yellow. 袖口に隠すとは心理学的な意味合いも加味して 『 本心の裏返し』という意味があります。 片道分の蝋を持って 消さないように必死になって わずか照らした一寸先の 穴ぼこは誰が落ちた跡? それが人生です ボクらが手にした人生なんです 生まれたこと自体が 間違いだったの? " 片道分"という表現からは もう過去に戻ることは出来ないという ある種の残酷さが表現されています。 生きていようと、死ねなかった過去や辛い思いをした日々をただ悔やむだけ。 種とは花の心臓や命ともいえる部分。

Next

【悔やむと書いてミライ/まふまふ】歌詞の意味を解釈!【消えない希死念慮】

死にたい 消えたい 以上ない こんな命に期待はしないさ 故に夢に魘され 塞いだ過去に咲いた世界 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと 僕は知っていた 悔やむと書いてミライ 韻を踏んでリズミカルに流れるサビですが 込められている想いはどれも悲観的なモノばかり。 「天使が迎えに来る」というのは、死を表現しているのではないしょうか? また4行目の「写真の中」とは「思い出」のことを指すと推測されます。 「愛」が過剰に期待されてるけど、言葉以上の意味なんかない。 楽に死なせてほしい。 【まふまふ/悔やむと書いてミライ】 歌詞の意味の解釈でした!. 続く後半2行の歌詞も素敵です。 「本気と書いてマジと読む」とか 「漢と書いておとこと読む」といった感じ。 もう彼女を救えるものなどありません… 3番 片道分の蝋を持って 消さないように必死になって わずか照らした一寸先の 穴ぼこは誰が落ちた跡? それが人生です ボクら手にした人生なんです 生まれたこと自体が 間違いだったの? 死へ向かう片道分のロウソクを手に、命の灯を消さないように必死に歩く。

Next