検察 定年。 WEB特集 揺らぐ“検察への信頼”~検事長定年延長が問うもの~

稲田検事総長が退官拒絶、後任含みで黒川氏に異例の定年延長

すなわち同改正案には「内閣は(中略)年齢が63年に達した次長検事または検事長について、当該次長検事または検事長の職務の遂行上の特別の事情を勘案して、当該次長検事または検事長を検事に任命することにより公務の運営に著しい支障が生ずると認められる事由として内閣が定める事由があると認めるときは、当該次長検事または検事長が年齢63年に達した日の翌日から起算して1年を超えない範囲内で期限を定め、引き続き当該次長検事または検事長が年齢63年に達した日において占めていた官及び職を占めたまま勤務をさせることができる(後略)」と記載されている。 ただし、 内閣は、63歳になった〈次長検事〉〈検事長〉を、職務の遂行上の特別の事情を勘案して、公務の運営上著しい支障が生じると認めるときは、その職のまま1年まで延長させることもできます(22条5項)。 検事の同期の中で、または前後の期で2人優秀な人材がいるときに、誰か1人だけにはじめから限るのはなかなか難しい。 かつて黒川氏と同期であった、元検察官で弁護士の郷原信郎氏は、 「黒川氏は法務省の官房長、次官を計7年以上も務めており、法務官僚としての経験がほとんど。 この点については「一般職の国家公務員については、原則的には本法に定める定年制度が適用されるが、従来から他の法律により定年制度が定められているものについては、その経緯等に鑑み、それぞれの法律による定年制度を適用しようとするものである。 それが起こって、年明け早々に稲田さんが検事総長を退官してしまうと、世の中的には、「カルロス・ゴーン被告の国外逃亡を受けて、法務検察サイドが然るべき手続きをとっていなかった」ということで、引責辞任したと見られかねない。

Next

論点:検察幹部の定年延長

この間に国会でほかに何が起きているのか、なかなか伝わってこないところだ。 ここで細川氏が 森雅子法務大臣の『口頭決裁』発言が国会の混乱に拍車をかけている点を指摘した。 検事総長は近年、2年ほどで交代することが多く、今の総長は7月で就任から丸2年になります。 検事長は、全国に8箇所設置されている高等検察庁のトップであり、その下に全国50箇所に設置された地方検察庁と、さらにその下に設置されている区検察庁の職員を指揮監督しています。 ただ、これを機に、匿名の特捜検察サイドの主張を安易に肯定する論調が勢いづいているのは、かなり気になる。 2018年11月に着手された日産ゴーン事件では、裁判所が保釈を認めると、証拠がそろっていない別の容疑で逮捕し、起訴後に海外での証拠集めをすることになったために、裁判開始が遅れ、被告人の迅速な裁判を受ける権利が侵害されている、という指摘もある。 そして、これまで検察官の定年が延長された例は一度もなかった。

Next

国家公務員や検察官の定年引き上げの法案が審議入り

結局、黒川氏は19年1月、東京高検検事長に異動するまで2年半、法務省事務方トップを務めた。 審議入りした検察庁法の改正案は、安倍内閣が1月末、同政権に近いとされる黒川弘務・東京高等検事長の定年の延長を閣議決定した。 AKB48 [6月28日 20:31]• ドラマ [6月29日 9:34]• 東京高等検察庁の黒川弘務検事長が2月に検事長としての定年63歳を迎えたにもかかわらず、その後も延長しており、法的根拠が国会で取り沙汰されている。 つまり65歳まで定年が延長された「次長検事」や「検事長」も 内閣が定めれば、 66歳までその職を延長することが出来るようになりました。 専門家によれば、定年もこうした考えから設けられたとされます。

Next

江川紹子が解説【検事長定年延長】は何が問題か…正当化できない“脱法的人事”の果てには

芸能 [6月30日 7:00]• シネマ [6月28日 15:00]• 検察官は、検察庁法という別の法律で63歳。 次長検事及び検事長は、年齢が63年に達したときは、年齢が63年に達した日の翌日に、検事に任命されるものとする。 捜査権の範囲は広く、政財界の不正事犯も当然捜査の対象となる。 金丸脱税事件(1993年)、ゼネコン事件(93、94年)、大蔵汚職事件(98年)、日本歯科医師連盟の政治献金事件(2004年)などバブル崩壊以降の政界事件、大型経済事件の報道にかかわった。 ところが改正法案を読むととんでもないことが書いてある。 九州・沖縄• しかし、黒川問題と改正法案には因果関係はあるでしょうし、これが成立すれば、政府が検察に今以上の強い影響力をもつことになることは否定できないと思います。 内閣官房:(第201通常国会)• シネマ [6月29日 10:07]• 」 という、定年の引き上げと役職定年制を規定したきわめてシンプルなものでした。

Next

「検察官の定年延長、問題なし」衆議院議員山下貴司元法務大臣

とくにこれらに追加すべき点はなく、私はこれらの意見に全面的に賛成いたします。 AKB48 [6月30日 4:00]• 検察官の責務は極めて重大であり、検察官は自ら捜査によって収集した証拠等の資料に基づいて起訴すべき事件か否かを判定する役割を担っている。 。 ただし、検察トップの検事総長だけ65歳。 検察庁法改正法案はどこが問題? 検察庁法の改正法案についてどういった点が問題になっているのかと言うと、 検察への政治介入が強まるのではないか という部分が主となっています。 法務省側は1年で林氏と交代させるとの約束をとりつけたと受け止めていたが、翌年、官邸は黒川氏を留任させ、18年1月には、当時の上川陽子法相が林氏を名古屋高検検事長に転出させた。

Next

検事長定年延長問題は、なぜこんなにも紛糾しているのか(園田寿)

検察庁法が制定された当時、そこに定年に関する規定は存在していたが延長に関する規定は存在していなかった。 1947年10月 国家公務員法制定• そのため、国公法81条の3第1項は、「前条第一項の規定により退職すべきこととなる場合」と限定的に規定しており、一般国家公務員の定年延長は、(検察官には適用されない)国公法81条の2の規定によって退職する者についてのみ適用されると解釈するのが自然で無理のない解釈です。 まあ数ヶ月すれば今、騒いでいる人たちも殆ど忘れていますから、それまでの茶番です。 (9条2項)• ここで検察官に定年延長がないのはおかしいという考えから、後法である国公法の定年延長に関する規定を、後法優先原理に基づいて検察庁法に適用することが可能ではないかと解釈される余地が出てくるわけです。 ところがその定年退官を1月31日の閣議で半年間、8月7日まで延長するということが決められた。 黒川さんは法務省の官房長、そして事務次官という管理畑で、加えて言えば法務省関連の予算や法律を通すにあたって、国会調整・与野党調整をやって来た人です。 一方、一般の国家公務員は昭和50年代半ばから60年代にかけて定年退職制度が設けられるようになり、条文で、 一般の公務員の定年年齢は 60 歳、退職日については定年になってから最初に迎える年度末、 3 月 31 日となった。

Next

「#検察庁法改正案に抗議します」で大炎上! 黒川検事長“定年延長”の深すぎる闇――またも暗躍する官邸官僚(2020年5月10日)|BIGLOBEニュース

AKB48 [6月25日 0:00]• コラム [6月23日 12:53]• しかしながら、検察が萎縮して人事権まで政権側に握られ、起訴・不起訴の決定など公訴権の行使にまで掣肘(せいちゅう)を受けるようになったら検察は国民の信託に応えられない。 検察庁法は、組織の長に事故があるときまたは欠けたときに備えて臨時職務代行の制度(同法13条)を設けており、定年延長によって対応することは毫(ごう)も想定していなかったし、これからも同様であろうと思われる。 弁護士の倉持麟太郎氏は、閣議決定までの流れをこう説明する。 (2020. 細川氏は、「森大臣が言う口頭決裁と山下さんが言う了解は同じことか?」と聞いた。 これらのルールには、日本という国を形づくる基本的な法的ルールとして、矛盾のない全体的な統一性が要求されます。 この同じ本の別の部分で伊藤は「定年などの規定は国家公務員法の影響を受けない」(「新版検察庁法 逐条解説」より)とメモの結論とは正反対の内容を記しています。 ) そもそも定年延長は大例外 そもそも、国家公務員の定年延長にしても「いずれにしても特殊な場合についてのみ認められる定年制度上の特例的措置であることから、定年制度の趣旨を損なうことがないよう慎重かつ厳格に適用されなければならないものである」(699頁)とされ、恣意的な運用を戒めています。

Next

論点:検察幹部の定年延長

ジャニーズ [6月24日 23:41]• 新型コロナウイルス対策の審議に紛れて、成立を急ぐことなど許されない。 捜査権の範囲は広く、政財界の不正事犯も当然捜査の対象となる。 【定年延長の議論は】 では、今回の定年延長はどうなのでしょう。 法的根拠の乏しい強引な定年延長は 黒川検事長を検事総長にするためではないか。 名古屋高検検事長は、大阪高検検事長に次ぐナンバー4。

Next