外壁 塗装 ウレタン シリコン フッ素。 シリコン塗料とウレタン塗料の違い

【外壁塗装の費用】工事各項目の単価平均価格

ただし、いくら高性能のフッ素系塗料でも、建物や屋根そのものの耐久性を伸ばすことはできません。 ・硬化剤(-NCO)が水と反応しやすい。 ・アルコールのOH基(-OH)と反応する。 一般的には、先に記述したように、劣化しやすい屋根に使用するのがおすすめ。 ・艶消し塗料が無い。 塗料代こそ高くなりますが、耐用年数が長く、長期間でみた場合にはお得になるからです。

Next

外壁塗装はシリコン塗料とフッ素塗料どっちがいい?価格比較も │ 外壁塗装パートナーズ

- - - - - - - - -• どうしてもウレタン塗料にこだわりがある人は、「クリーンマイルドウレタン」を候補に入れてみてはいかかでしょうか。 アクリル酸やメタクリル酸誘導体を重合して得られる「アクリル樹脂」 簡単に言えば、 アクリルとシリコンを合成した塗料です。 メリット・デメリットを見極めて塗料を選ぶようにしましょう。 通常、塗装をするときは、上から塗る塗料が密着しやすいように、シーラーやプライマーといった、接着剤となる下塗り塗料を最初に塗装します。 安価過ぎず、効果、耐用年数がそれなりに期待できる種類を選びましょう。 弾性とは、衝撃が加わっても元に戻ろうとする力のことで、ゴムやスポンジなどが弾性を持つ素材として知られています。

Next

エスケー化研の外壁塗料まとめ

その中でも特にエスケー化研が50%以上のシェア率を誇っているのです。 塗料自体がひび割れや、塗装割れを起こしにくいのが、弾性塗料です。 耐候性(塗料の持ち)が良いということで以前から注目されていたのですが、価格が高いのがネックでした(今のフッ素塗料のような感じです)。 そしてさらにピカピカ光って艶があるのが嫌だと言う場合、水性シリコンベストIIのみ艶消し対応なので、この塗料の中に好みの色があればこの塗料に決まり、という流れとなります。 多機能塗料について 上述の通り 「樹脂の違いは、耐久性と価格」です。 フッ素塗装 耐久年数:13年~15年 ファイン4Fセラミックのフッ素樹脂モノマー構造 塗膜と汚染物質のモデル図 前はフッ素塗料は高価で、あまり一般住宅に塗られませんでした。 ウレタン樹脂は価格が安いので外壁塗装の施工費用は安く抑えられますが、耐用年数が短く短期間で何度も塗り替えが必要となり、 総合的には塗装費用が高額となります。

Next

最高グレード無機塗料の特徴と単価|外壁塗装110番

毎日必ず紫外線が当たりますし、雨も屋根には絶対に当たります。 【デメリット2】ツヤ消しがない 無機塗料には、ツヤ消しが無く、5分ツヤと3分ツヤまでの調整です。 シリコン系塗料の単価 1㎡あたりのおよその価格 2,600円前後 シリコン系塗料のメリット この塗料は耐用年数が比較的長いです。 無機塗料も100%無機物だと塗料にはならないため、有機物は含まれていますが、それよりも多く含まれている塗料が無機ハイブリット塗料です。 外壁塗装の頻度を少なくしたい 溶剤系塗料のメリットは何と言っても耐久性が高い点です。 あるという事は劣化を防ぐことになりますので、経済的にも塗り替えの回数が少なくて良い傾向です。

Next

フッ素塗料のデメリットは高すぎる耐久性

1 液型と2 液型• これらの成分は、塗料の塗布~乾燥後に「固形になるか、蒸発してなくなるか」という点で、大きく2つの部分に分けることができます。 一般的に考えて、耐用年数・耐候性ともに高いシリコン塗料を選んだ方が、外壁・屋根の耐久性を長持ちさせられることは間違いありません。 日当たりが良くない場合や湿気の多い地域の場合は、ぜひとも欲しい性能ではないでしょうか。 塗料の有名どころを集めてみました。 そんな状況で、あえてウレタンを選ぶのはナンセンスと言えます。

Next

外壁塗装の塗料一覧(ウレタン・シリコン・フッ素・遮熱塗料)

フッ素塗料の特徴 フッ素塗料をまとめると下記の5点に集約されます。 例えば、「外壁塗装はやはりシリコン塗料で統一した方が良い」と業者さんが言ったとして、上記の一液マイルドシリコンとヤネフレッシュSiを選んだとします。 この段階では、最終段階の上塗りで見られる色味とはまだ異なっています。 しかし、実際に水性塗料が使えるかどうかは塗装する外装塗装業者の判断に任せましょう。 2液型は主剤と硬化剤をまぜて使いますから乾燥が早いので、職人の腕が重要になります。

Next

外壁塗装でアクリルシリコンとシリコン、アクリル塗料の違いや使い分けを解説

児玉塗装の3代目。 水や紫外線に弱い塗料なので、耐用年数は6年前後になります。 また、防水性の塗料は、家の中に雨水や湿気が侵入してくるのを防ぐ効果があるため、できるだけ塗っておいた方が良いといえるでしょう。 ・万能性があり、使用する場所を選ばない。 ウレタン塗料は、場所を選ばず、幅広い用途に使用できることも人気の理由です。 屋根には使えず商品数は少ないですがメンテナンスの手間が省けるメリットがあるでしょう。

Next

実際の外壁塗装の施工別・費用例(相場)

そのため、一概には言えませんが、無機ハイブリット塗料の方が塗膜が柔らかい性質を持っていることが多いです。 他の塗料と比較して突出した性能を持つわけではないですが、価格や性能、耐用年数などのバランスもよく、 最も使い勝手の良い塗料と言えます。 中には「フッ素系塗料はひび割れしやすいから扱いません」という業者もいるようです。 メリット 超耐候性のものが多いため、変質や変色がしにくいという特性を持っています。 ポイント5:フッ素塗料を一度塗ると、次回の塗料もフッ素塗料に限られる フッ素塗料は確かに耐久性も高く、汚れに強い塗料ですが、 真面目な施工店の中には「無駄に高機能ですからシリコン塗料で十分です!」と主張する施工店もあります。 シリコン塗装:111万3,000円• アクリル:約5~10年、約1,000~1,500円• ウレタン塗料とは 主成分は、ウレタン系樹脂です。

Next