スーパー シティ 法。 img.runway-webstore.com:国が進める「スーパーシティ」議論の余地あり

「スーパーシティ法案」成立 日本はどう変わるのか?:日経クロストレンド

26) スーパーシティとスマートシティの違いは スーパーシティとスマートシティとは何がどのように違うのでしょうか。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 監視されていることで、その人の行い次第では就職を拒否されたり、海外への渡航までも拒否されるという実害も出てくるでしょう。 また、先端的なサービスに係る事業の中でも優れたものについては、結果的にスーパーシティに選定されるか否かにかかわず、地方創生推進交付金など関係省庁による支援制度を活用することが可能です。 つまり、オプアウト型を採用したことで、個人情報の扱いについて住民の反発を受け、よりよい生活環境の充実や効率的な都市運営が難航しているどころか、中にはトロントから離れる住民まで出てしまいました。

Next

「スーパーシティ」実現を目指す、国家戦略特別区域法改正法案|新・公民連携最前線|PPPまちづくり

その結果、住民目線では「それほど高度な技術が生活に必要なのかな?」と、存在価値と有益性に疑問符をつけざるを得ない取り組みになっているのです。 法案には、基盤整備事業の実施主体となった民間企業などが、国や自治体に、それらの機関が保有するデータの提供を求めることができるという規定も盛り込まれています。 構想実現に向け、第5世代(5G)移動通信システムの中山間地域での整備も急ぐ考えだ。 IT技術の進化という、未来都市創生の手段が「目的化」しつつあるスマートシティ構想と異なり、基本コンセプトが網羅されたスーパーシティが誕生すれば、我々の生活は劇的に変化するでしょう。 また、都市間でバラバラなシステムの乱立を防止し、相互連携を強化するため、システム間の接続仕様であるAPIをオープンにするルールを整備し、法令上義務化しました。 参議院における本会議では、5月13日に始まった。 ボランティア活動に取り組んだ市民には地域電子通貨でポイントを発行する。

Next

スーパーシティ法が成立 感染症対策?個人情報流出の懸念は?

スーパーシティ法案の目的は、様々に張り巡らされている規制を取り払って個人データを一元化し、住民に対して「高い利便性」を提供しようとするものだとされている。 海外で進む未来都市構想 AIやビッグデータを駆使して未来都市を築くのは、世界の潮流でもある。 スーパーシティ構想の「肝」は、政府や自治体、企業、個人など異なる主体が保有するデータの連結である。 — 幸せ Happy04144 現状、賛否両論のある スーパーシティ法ですが、明らかに不安材料も具体的であり、法案も注目されないところで可決されていたため評判はとても悪いです。 19年の通常国会で廃案となり、19年秋の臨時国会では法案の提出自体を見送ったが、「3度目の挑戦」で扉が開いた。 当該データの収集が国家戦略特区データ連携基盤整備事業及び先端的区域データ活用事業活動の効果的かつ効率的な実施に不可欠であること• 大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。 整備法の成立を始めとする各コンセプトの達成条件を満たすため、内閣府は住民に対する利点の周知徹底を行い、広く理解を得ていく必要があります。

Next

なぜスーパーシティ法案は反対されるのか

複数の分野にまたがる規制を一括して緩和することで、自動車の自動運転やドローン配送、キャッシュレス決済、オンライン診療などのサービスを同時に利用できる暮らしの実現を目指す。 国家戦略特区の諮問会議で、制度設計などの検討を行う中核となるワーキンググループがあるのですが、それによる集中ヒアリングの席で外資が提言していることからもそれは明らかです。 5月27日、法案は、参院本会議で与党自民党・公明党と日本維新の会などの賛成で可決され成立した。 2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。 市民のプライバシーが守られない仕組みとなる可能性がある。

Next

【基礎編】これだけ抑える。「”通称”スーパーシティ法案」のポイント

この記事は有料会員限定です。 スーパーシティでは、行政や企業などが持つさまざまなデータを、分野横断的に収集・整理する「データ連携基盤」を整備し、車の自動運転やキャッシュレス決済、遠隔医療などのサービスを提供する。 大変な作業であり、新しいデータを活用するためには住民の合意が必要になる。 各種支払いサービスへのボランティアポイントシステムの連動が必要となります。 スーパーシティ構想は物流、医療、教育などあらゆる分野の先端技術を組み合わせ、その相乗効果で住みやすいまちをめざす。 法案には、データ連携基盤事業の実施者は、国や自治体にデータの提供を求めることができるとの規定が盛り込まれている。 しかしながら一方で、内閣府の「スーパーシティ」構想の実現に向けた有識者懇談会の座長を務める竹中平蔵・慶応義塾大学名誉教授(東洋大学教授)は次のように話しています。

Next

img.runway-webstore.com:国が進める「スーパーシティ」議論の余地あり

特定の市町村やその一部をスーパーシティーに指定する場合、住民投票が必要になるぐらい、住民の意見が真っ二つに割れる事態も想像できる。 防犯・安全:ロボット監視など このうち少なくとも5つの領域以上で、2030年頃に実現される「未来像」をエリア限定しながら完全実施することを目指しています。 ICT(情報通信技術)を活用したスーパーシティでは、ペーパーレスで行政サービスを受けたり、自動運転や小型無人機(ドローン)による医薬品配送などが可能となります。 また自動運転のシステムもハッキングをされる恐れがあり、ネットワークを介して一度に複数台の自動車を効率よく盗み出される可能性も指摘されていますし、ハッキングによる衝突事故も懸念されています。 与党は来週中に成立させる日程を描くが、個人情報の管理や住民の合意のあり方などあいまいな点が残る。 なぜ、個人情報保護のために積み重ねられてきた規制を国家戦略特区制度によって緩和してしまうことができるのかが問われている。

Next