ミナ ペルホネン イッタラ。 Iittala × minä perhonen イッタラ、ミナ ペルホネンとの新たなコラボレーション

ミナ・ペルホネン×イッタラのマグカップ

使用されている生地は以下の4柄です。 ポーチの内側の様子。 「キーリング ミスティーライン」の個体差の例。 ミナ好き、北欧好きのあの人へ、贈り物にも喜ばれそうです。 二つの異なる生地で布を縫製し、上の生地が擦り切れても 下の生地が表面に出てくると言う『つくり』になっている。 個人が購入した服を展示に提供して何年も使用した思い出深い服と家族との思い出を文章で綴った展示空間。

Next

Iittala × minä perhonen イッタラ、ミナ ペルホネンとの新たなコラボレーション

5cm ポーチM:約W31. 電子レンジの使用などライフスタイルの変化に合わせてカイ・フランク自身がデザインに改良を加えて現在の形が完成しました。 「鳥は好んでよく描くモチーフの一つです。 透明感のあるガラスのオブジェは、部屋に軽やかなムードを運んでくれそう。 普段使いにぴったりなコットン100%のトートバッグは3色展開。 お手入れしながら長く使いたい ムーミン レザー小物シリーズ 使い込むほどに色が濃くなり艶がでてくる、牛革を使用したムーミンレザーアイテム しっとりたした肌触りの、使い込むほど艶がでてくる植物性タンニンなめしの革を使用しています。 マグの柄の様子。

Next

ミナ ぺルホネンの世界 デザイナー皆川明のこと

日本では世界発売に先がけ、2020年7月15日からイッタラショップ、公式オンラインショップ 午前10時販売開始 およびミナ ペルホネンの店舗、ライフスタイルストアなどで発売いたします。 ・metsa メッツァ 朝露に濡れたようなウェットな気配をまとった森。 ファッションからスタートしたその活動は、その後、インテリアや食器、空間デザインなど扱うものを広げて社会性の部分を問う内容『つながる』『重ねる』『循環する』なにかが継続していく意味合いをも表現しています。 今回のコレクションについて皆川さんは、「鳥はとても自由な生き物であり、幸せを感じて飛び回っているようにみえます。 , Ltd. 3色・3シェイプで展開される鳥のオブジェは、フィンランドにあるイッタラのガラス工場で作られたもの。

Next

イッタラ×ミナペルホネン コラボ食器

森と湖の国フィンランドで生まれたイッタラ/iittala。 彼らの家やその周りには素晴らしい伝統的なデザインであふれていたのです。 オーガニック・リサイクル素材の使用や北欧産の牛革を使い、サステナビリティやトレイサビリティに取り組んでいます。 展開されるアイテムは、マグ、ボウル15cm、プレート21cmの3種類。 磁器のマグカップ、プレート、ボウルは、〈イッタラ〉の代表シリーズ《ティーマ》をベースに色とりどりの鳥たちを配し、1日を爽やかな気分ではじめたい朝の食卓にぴったりなセット。 コットン100%の「トートバッグ」。

Next

【楽天市場】iittala ARABIA(イッタラ/アラビア)

光を集めて、色が交わりつながり合う。 服と所有者との関係性を表現している。 製品仕様としてご理解ください。 私たちはこれこそが、何にも勝る価値だと思っています」と皆川明氏は言います。 冬の時期で北極圏にあるロヴァニエミまで行ったのですが、その時の印象の一つが、外がマイナス35度にも関わらず、フィンランドの人たちはとても快適な生活を送っているということでした。 「時の経過とともに、一つひとつのモノに持ち主の思い出が詰まっていきます。 いつもの食卓や職場で毎日使いたくなるマグ。

Next

イッタラ×ミナ ペルホネン、手描きの鳥のテーブルウェアコレクションが登場

19歳で初めてフィンランドを訪れて以来、皆川明氏が築き上げてきた北欧文化との深いつながりを象徴しています。 リネンを織って仕上げられた「ポーチ」は、肌触りのよいやわらかな仕上がり。 オリジナルの図案によるファブリックを作るブランドとして世界中で知られ、愛されています。 柄は届いてのお楽しみ! あいにくの雨の寒い日でした。 今回登場するのは、皆川明が手描きでデザインした鳥の模様がプリントされたコレクションで、日常に軽やかさをもたらし、時を経てそれぞれの大切な宝物となるパーソナルアクセサリーである。 ミナ ペルホネンの創設者でありデザイナーの皆川明さんは、こう語ります。 鳥のモチーフが描かれた楽しいデザインのは、や軽に最適です。

Next

ミナ・ペルホネン×イッタラのマグカップ

食洗機、オーブン、電子レンジ、フリーザーに対応していて、日常使いしやすいよう細部までこだわってつくられています。 森の木々が陽を受けて輝いている様子をベルベットジャカードで表現した。 ・skum スクム 泡のような小さな丸をたくさん描いて、ところどころ、大きな丸を残すように埋めていく。 イッタラはガラスの深い専門知識と高いスキルとで知られており、ミナ ペルホネンは、国内外の工場や職人と協力して、素材開発や技術開発に取り組んできました。 このコレクションを使うときに、例えばが、その鳥を自分自身に置き換えて鳥と同じ気持ちになってくれたら良いなと思っています。

Next