癌 闘病 記 ブログ。 デイトレーダーのガン(癌)闘病記

デイトレーダーのガン(癌)闘病記

この結果をもとに今後の方針を決定していくことになると思うが、手遅れの状態のものが見つかるとも思えないので、早め早めの対処が出来れば何か見つかってもそれほど恐れることはないと考えている。 その頃お世話になった方を正月明け早々お見舞いに伺がった。 翌日、早速病院へ行って膝を切開して溜まっている膿みを抜いて一安心。 傷病名/膵臓がん• 日本人の免疫は ガンの第一原因は免疫の低下とも言われています。 もちろん喜ばしい結果であることに間違いはないが、引き続き検査は継続していく必要がある。

Next

肝臓がん末期克服【13年】:笹野富美夫の徒然日記

次回も再発無しでクリアしたいものです。 そして、こどもたちと末永く生きていきたい。 仕事上、お酒は辞められないが量を減らす、 たばこは完全にやめることと言われました。 現在食事療法をメインに闘病の日々です。 そのあたりも全て 闘病記に書いております。 症状が現れたときには進行していることも多いため、定期健診を欠かさずに受けることが何よりの予防になると考えられます。 出典: このように骨肉腫の治療において、手術において手足の切断を行う必要がない場合もあります。

Next

膀胱癌に特化したサイト・ブログ・闘病記

htm 排尿困難がきっかけとなり前立腺癌がみつかり全摘出手術。 その後、ホテルへ戻って例の如く深夜1時過ぎまで互いの近況報告。 治療法の基本は原発の腫瘍を完全にコントロールすることです。 前回の記事で書いた膝に溜まった膿、取りあえず切開して膿を抜いたのですが、その後2週間は抗生剤の点滴、そしてその後は切開した痕の洗浄。 リンパ球を維持する 抗がん剤治療中、白血球に含まれるリンパ球(免疫力)を1000個以上に保った。 原因は全身の浮腫だ。 同じ病気と闘う方の闘病ブログはそのような点においても励みになりますよ。

Next

続闘病記 大田浩右 がんと共存し人生100年時代を生きる

外国人には良くても日本人には合わない食品が、逆に私達の病気を作っていることを知っておいた方が良いようです。 子宮頚がんの闘病ブログ 子宮頸がんの発症にはヒトパピローマウイルスの感染が関連しています。 小児がんの闘病ブログ 小児がんは、乳幼児から小児期(0歳~15歳)、思春期(16歳~19歳)、若年成人(20歳以上)の悪性腫瘍を指します。 またその中間の性質をもつものは、境界悪性腫瘍と呼ばれています。 ここ最近でもYahoo! 治療中リンパ球が1000個以下に低迷すると抗がん剤の延期または減量を主治医にお願いした。

Next

[ 舌癌闘病記 ]

卵巣がんんは手術だけでの完治は難しく、抗がん剤治療は早期発見であっても、ステージに関係なく必要となります。 卵巣がんは、静かです 卵巣がんは殆ど症状もなくサイレントキラーと言われ、分った時は手遅れが殆どの癌です。 栄養になるかどうかは体に選ばせる お米と野菜、塩分(摂る場合は必ず生水と共に)そして生水を充分に摂っていれば、身体の方が必要なものだけ吸収していらないものは植物繊維と共に外へ出してしまいます。 ただ多くの場合は感染しても、自然に排除されるのが一般的です。 遺伝に見えるのは食べ方が親に似るためだと思われます。 我々は癌に対してまだまだ無力だったのです。

Next

肝臓がん末期克服【13年】:笹野富美夫の徒然日記

抗がん剤や免疫療法、再生医療など「がん」を取り巻く医療技術は日進月歩で進化しています。 それらのサイトとは一切関係ないことを宣言するとともに、実名での記載は見合わせます。 特に味噌は絶品でした。 途中で綺麗な蝶を見つけたのでスマホで撮ってみたのですが、帰宅後ネットで調べてみたら「アサギマダラ」という蝶で、何と沖縄や八重山諸島から飛んできているそうです。 主治医をはじめとする3人の医師達は、三十数種類の癌の中でも一番悪質な癌なので強力な抗癌剤を全クール使わなければ1年の命も保障できないと言われます。 傷病名/甲状腺がん• exblog. 拙い歌を一首 10年目の検診予約に「最終」と記し置くよと医師は笑顔で (注) 今まで実名で公開してきましたが、筆者の氏名や当HP内容を無断で使ってるサイトを複数見つけました。 病院名や医者名などは 伏せていますが、 「かかった費用」 「医者に言われたこと」 「メンタルの変化」 「保険でもらったお金の額」 も全てお伝えしております。

Next