和尚 アート ユニティ。 ユニオミスティ製品−愛の香りをあなたにも届けたい。それは、生の神秘から生まれました−Mysticabeauty

ユニティ インスティチュートのヒーリングセミナー<和尚アートユニティ主催>

毎年、それぞれの参加者の成長にあったプログラムを継続的に提供していきます。 ヴィッキーさんの生涯と、オーラ・ソーマがどのように誕生し、どのようにオーラソーマが発展してきたのか、それぞれのボトルの意味や効果などについては その本を読まれるとよくわかります。 これは具体的にはどういうことでしょうか?. それらの知識を得るだけであれば、わざわざオーラ・ソーマのコースを受ける必要はありません。 レベル2の主な目的は、オーラソーマ・カラーシステムと他の伝統的な智恵との関連をつくることです。 すでにオーラソーマ講座レベル1を終了したあなたは、オーラソーマの面白さに魅せられて、レベル2に進みたい、と考えているかもしれません。

Next

会社概要<オーラソーマ総合情報サイト>

(振込み手数料を差し引いてのご返金になります。 でも安心してください。 (有効期限2年間)• 『OSHOの新しい本「The Art of Living and Dying」は、生と死に関するOSHOの洞察にあふれています。 これらの関連性が形成されることを通して、多くの新しい見方が可能となり、コンサルテーションの内容がさらに豊かになっていきます。 あなたが、植物と鉱物の愛の香りに包まれながら、あなたらしさの「花」を咲かせることを、応援します。 *クレジットカードでのお支払いの場合 カード決済確認後のオンラインへの登録作業が必要になりますので、決済確認後、オンラインの登録まで数日かかる場合がございます。 ・オーラソーマスクール 和尚アートユニティのオーラソーマスクールでは、世界および日本での優秀なオーラソーマ講師を招いて英国オーラソーマアカデミーのオーラソーマ資格講座を開催しています。

Next

和尚アートユニティ : 参加申し込み

The Fountain of Youth is Meditation For Ordering Information outside of Japan: info artunity. com オーラソーマの情報については、ヴィッキーさんの本以外にも、現在のオーラソーマ アカデミー代表のマイク・ブース氏の「オーラ・ソーマ」(ヴォイス) や、その他の本も発行されていますし、インターネットでも多くの情報を得ることが出来ます。 「死について41の答え」ー死を人生の最高の贈り物にするためにー OSHOの全著作650冊の中から、いかに生き・いかに死ぬか」についてのエッセンスを抽出した この本についてのマニーシャの言葉をご紹介します。 ・サウンドレゾナンス より健康で明晰なものへと私たちのエネルギー・レベルを高め、自分の本質を生きていくための、ヴォイスリーディングの方法、声や音によるサウンドヒーリングの方法を学んでいきます。 そして個人的に、その時が来たら、瞑想的に、優雅に、感謝の念とともに去ることができるよう、どう美しく生きられるかという主題に興味を持っていました。 私たちのワークショップでは、自分自身の死に関する課題に向き合う機会を提供しています。

Next

オーラソーマ スクール−和尚アートユニティ主催セミナー

日時は決まり次第お知らせします。 オーラソーマ講座レベル2 オーラソーマ講座レベル2では、オーラ・ソーマのカラーヒーリングシステムについての基礎を学びます。 ここでは、人生を変容し、多くの人が世界中で切望している人生の質を提案するために、明確でシンプルなステップを伴った、深みのあるプログラムを提供していきます。 ユニティ・インスティチュートは、人々の生の変容に専念する研究所です。 それは、生の神秘を通して生まれました・・・ Unknown space 何もない わからない・・・未知なる場所 生のなかに存在する神秘から生まれた 神秘のオイル「ユニオ・ミスティ」 あなたに「愛の香り」を届けるためのメッセンジャーとして 今ここに、存在しています 愛の香りをあなたにも届けたい そして、あなた自身が放つ「愛」の香りに気づいてください ひとりひとりが、放つ香りやその輝きは、とてもユニークで特別なもの そして、まったく異なる香りや輝きが、互いに調和し「愛」の香りを もたらしているのです。 ですから、オーラ・ソーマのコースでは、左脳と右脳とを統合していくことを学んでいきます。

Next

ユニオミスティ製品−愛の香りをあなたにも届けたい。それは、生の神秘から生まれました−Mysticabeauty

それは家族や友人に対してかもしれないし、医療関係者の方でしたら、病院やホスピスという環境かもしれません』 【コース】 〇死を超えて生きるために -Living with the Inescapable- 〇忙しい人たちのための瞑想 -Meditation for Busy People- *詳細はコースのご案内をご覧ください。 チャクラトレーニング1期生となります。 (PayPal でのお支払いであれば、自動的にオンラインにご参加できますのでお勧めです。 オーラ・ソーマについて学ぶには、そのオーラ・ソーマの創始者、ヴィッキー・ウォールさんから学ぶのが一番です。 え? オーラソーマではこんなことまで学ぶの? 一生かけても学びきれない!!、と思ってしまいます。 「自分自身を深く知り、人生を豊かにクリエイティブに生きる」ということをテーマにスクールの開催、本の出版、プロダクトの開発、販売を行ってきています。

Next

株式会社和尚アートユニティ

The theme that runs through our work is the Birth of Love and Results vary including Relaxation, Peace, Inner Harmony, Presence, Awareness, Playfulness, Vitality, Joy and Stress Reduction. ユニオ・ミスティ 神秘のなかで、すべてがひとつになる この世に存在している影と光、男性の質と女性の質 陰と陽 そして、魂、肉体、精神、エネルギー 外側に映しだされる世界、内側に映しだされる世界 わたしたちは、「今ここ」ですべての可能性を生きることができるのです 何も変える必要はありません そのままの、ありのままのあなたでいてパーフェクトなのです あなたが神秘のオイル・・・ユニオミスティ・オイルを手にするとき あなたの求めていたすべてが、「今ここ」にあることに気づくでしょう。 私がOSHOのヴィジョンを愛するのは、それが信念やドグマや教義ではないということです。 メニュー• 開催1ヵ月前を過ぎてからは、残金をポイントでお預かりさせていただきます。 ですからこのトレーニングではカウンセリングにおいて直面する問題にどのようにアプローチしていくかという専門的な技術を学ぶだけではなく、その基礎となる瞑想、愛、意識を発達させていくようにデザインされています。 paypal. たとえば、OSHOは病気を持った人や、看病をしている人たちの質問に答え、同時に、幅広いテクニックを紹介しているのです。

Next

フィリ|セラピー・ヒーリングサロンの情報検索サイト

マイク・ブースは今、オーラソーマ社の社長であり、イギリス、オーストラリア、アメリカにおける、オーラソーマ・インターナショナル・アカデミー・オブ・カラー・セラピュティクスの学長です。 彼は自分の体験をシェアしているということです。 そこでこのページでは、オーラソーマのコースについて説明します。 ご予約金の残金について• 【個人セッション】 日程:2017年9月12日(火) 会場:鎌倉市(由比ヶ浜)和尚アートユニティ 詳細 【和尚アートユニティが主催する様々なプログラム】 和尚アートユニティの目差すヴィジョンはアート・オブ・ライフ。 「ライフ・トランスフォーメーション」「サトルボディヒーリング・トレーニング」「瞑想」という、三つの主要な領域のワークがあり、この三つの領域のどれにも、愛と、意識と、生の創造的喜びという、エッセンスが含まれています。 そしてマイクに、オーラソーマの世界的な成長の次の局面における責任を託したのです。

Next

和尚アートユニティ : 参加申し込み

私はOSHOの本の編集者でした。 それから妻のクローディアとともに、ある行政組織のために、生の技術とリラクゼーションのコースを運営しました。 お知らせ 2017年9月マニーシャ・ジェームス来日! マニーシャ・ジェームスは15年間OSHOとともに過ごした女性です。 ・ユニティ・インスティチュート 現在ヒーリングの職業、ボディワーク、あるいはカウンセリングなどで人々とワークし、会社などで人と接したりコミュニケーションを必要とする人、そして自分のワークを広げたい方の前に、深層心理に働きかけるエネルギーワーク、ライフトランスフォーメーション、瞑想プログラムなどを提供しています。 ハート瞑想オンラインコース Withアルヴィナ・ワンドレス ハート瞑想オンラインコース Withアルヴィナ・ワンドレス 参加費 19,800円 税込) *こちらは、オンラインで提供している全6回のクラスです。 レベル2の主な目的は、オーラソーマ・カラーシステムと他の伝統的な智恵との関連をつくること 前置きはこれぐらいにして、レベル2で学ぶことについて簡単に説明しましょう。 オーラソーマの色とりどりのボトル、ご覧になりましたか?きれいですよね。

Next