社会 保障 費用 統計。 社会保障給付費が初の120兆超え 過去最高を更新(2017年度統計)

社会保障費用統計 社会保障給付費

22 対国内総生産比 福祉その他 1975年度 % 1. 82 対国内総生産比 社会保障給付費 1994年度 % 12.。 3%増・シェア0. 5 の中心は雇用保険である。 87 対国民所得比 医療 1977年度 % 4. 詳しくは、こちらをご覧ください。 85 999 7,819. 公衆衛生 25. (注)PDFファイルを見るためには、アクロバットリーダーというソフトが必要です。 45 対国民所得比 福祉その他 2017年度 % 6. 06 対国内総生産比 年金 2008年度 % 9. 20 対国内総生産比 福祉その他 1990年度 % 1. 6%増の124兆1837億円に 次に、OECD基準に基づく「社会支出」を見てみましょう。 06 対国内総生産比 医療 2009年度 % 6. 73 対国民所得比 社会保障給付費 2008年度 % 26. 92 対国民所得比 福祉その他 1996年度 % 1. 77 対国民所得比 福祉その他 2015年度 % 6. 7%、計51. 図表 1 子育て費用のマクロ推計における主な捕捉対象 2 子育て費用に占める公費負担割合を推定する 社会全体の子育て費用のうち、公費負担部分がどの程度の割合になるかについて推定した。 このため自助による積立方式、すなわち働いているうちに私的に貯蓄積立てした累積を、引退後に個人年金として受け取ることを奨励した。

Next

社会保障費用統計 平成29年度社会保障費用統計 表8

11 対国内総生産比 福祉その他 2014年度 % 4. 資料の閲覧・配布についてはまでお問い合わせください。 15 対国内総生産比 医療 2013年度 % 7. 福祉その他の割合は減少を続けていたが、介護保険制度の開始に伴って、2000年度以降増加している。 (注1)国民経済計算、産業連関表、生命表、社会保障費用統計、鉱工業指数及び人口推計は、他の統計を加工することによって作成される「加工統計」であり、その他の統計は統計調査によって作成される。 就業構造基本統計• 92 22 7,123. 67 対国内総生産比 年金 2001年度 % 8. 児童・家族関係給付費 給付費に占める割合 8• 89 対国内総生産比 年金 1975年度 % 2. 日本の国民負担率は2008年度(平成20)の推計で、前者25. 35 対国内総生産比 医療 1980年度 % 4. 「平成27年度社会保障費用統計」でも21. 40 対国民所得比 年金 2014年度 % 14. 48 対国内総生産比 年金 2010年度 % 10. 90 対国民所得比 年金 2017年度 % 13. しばしば社会保障給付費の世界で、児童家族関係給付費は全体の約4%にすぎず、約7割を占める高齢者関係給付費に比べて小さく、子育て支援に対する公的支援の規模が小さいことが指摘されている。 6%の増加となった。 40 対国民所得比 医療 1971年度 % 3. [一杉哲也・羽田 亨] 日本の社会保障費日本の国家財政(一般会計)における社会保障関係費は、 1 生活扶助、医療扶助などにかかわる生活保護費、 2 老人福祉、児童保護などの社会福祉費、 3 厚生年金、国民年金、国民健康保険などの社会保険費、 4 公衆衛生、医療の保健衛生対策費、そして 5 失業対策費からなっている。

Next

世界の社会保障費(社会支出) 国別ランキング・推移

91 対国内総生産比 年金 2007年度 % 9. 07 対国民所得比 年金 1976年度 % 3. (2006-2018年) [内訳] - 年金見込額(税引前 - 低所得者) [内訳] - 年金見込額(税引前 - 高所得者). 89 対国民所得比 医療 2016年度 % 9. 54 対国内総生産比 医療 2007年度 % 5. 06 対国内総生産比 年金 1967年度 % 1. ・例 国勢調査 and 人口. 23-29• 54 6 12,949. ・「データベース、ファイル内を検索」• 24 対国内総生産比 社会保障給付費 1988年度 % 10. 75 対国民所得比 年金 1964年度 % 1. 12 36 1,377. 54 対国内総生産比 福祉その他 2004年度 % 2. 8%、年金47. 7兆円を下回っています。 62 対国民所得比 社会保障給付費 1994年度 % 16. 59 対国民所得比 医療 1997年度 % 6. 74%)—といった欧州の大陸諸国に徐々に近づいてきているように見えます。 3.「平成24年度社会保障費用統計」によると、機能別の社会保障給付費の構成比では、「失業」が1. 71 対国内総生産比 医療 1966年度 % 2. 55 対国内総生産比 医療 1984年度 % 4. 「平成27年度社会保障費用統計」でも54. 0%(同増減なし)を占めています。 労働者災害補償保険 14. 50 対国内総生産比 社会保障給付費 1991年度 % 10. 90 対国内総生産比 社会保障給付費 2006年度 % 17. 7%・5兆441億円増加しています。 11 対国内総生産比 福祉その他 1992年度 % 1. 20 対国民所得比 福祉その他 2016年度 % 6. 96 対国民所得比 社会保障給付費 2016年度 % 30. 50 対国民所得比 年金 2001年度 % 11. 89 対国内総生産比 福祉その他 1968年度 % 0. 社会保障給付費比 2• 82 対国民所得比 医療 2013年度 % 9. 38 対国民所得比 社会保障給付費 1977年度 % 10. (2007-2018年) [内訳] - 政府調達額(対政府支出比率) [内訳] - 政府調達額(対GDP比率)• 43 対国内総生産比 社会保障給付費 2000年度 % 14. 平成22年度社会保障費用統計(平成24年11月国立社会保障・人口問題研究所)• 21 対国民所得比 医療 1975年度 % 4. 人口推計 (注1)(注4)• 50 対国民所得比 年金 1973年度 % 1. 8%増加をしている。

Next

統計の概要|厚生労働省

まず、我が国において戦後間もなくから集計されている後者の「社会保障給付費」(ILO基準)について見てみましょう。 将来 しょうらい にわたって 経済 けいざい ・ 財政 ざいせい と 均衡 きんこう のとれた 社会保障 しゃかいほしょう 制度 せいど を 安定的 あんていてき に 持続 じぞく させるためには、 制度 せいど の 構造改革 こうぞうかいかく を 進 すす めていく 必要 ひつよう があります。 66 対国内総生産比 福祉その他 2010年度 % 3. (注2)経済構造統計は、総務省の外、経済産業省も作成者となっている。 注意:この日付以前にダウンロードした全文 PDF版 は更新前のものですので、ご注意ください。 科学技術研究統計• 10 対国民所得比 福祉その他 1968年度 % 1. 23-32• 4 年金給付費の中では、国民年金の給付の方が厚生年金保険の給付を上回っている。

Next

Vol.175

37 対国民所得比 社会保障給付費 2004年度 % 22. 62 対国内総生産比 医療 1970年度 % 2. 47 対国内総生産比 医療 2006年度 % 5. 平成22年度の社会保障費用統計について、平成24年度にとりまとめ平成24(2012)年11月29日に公表したものです。 その 後 ご 、 次第 しだい に 医療保険 いりょうほけん や 年金制度 ねんきんせいど などの 社会保険 しゃかいほけん や、 老人福祉 ろうじんふくし を 中心 ちゅうしん とする 社会福祉 しゃかいふくし 、 介護 かいご などに 重点 じゅうてん が 移 うつ ってきました。 94 対国民所得比 社会保障給付費 2006年度 % 23. 34 対国内総生産比 福祉その他 1988年度 % 1. 62 対国民所得比 医療 1976年度 % 4. - 融資は含まない。 エクセルデータは、政府統計の これまで毎年ILO基準による「社会保障給付費」を公表してきたところですが、平成24年7月に社会保障費用統計として 統計法2条第4項第3号による基幹統計指定を受けたことに伴い、平成22年度版よりその名称を「社会保障費用統計」と 改訂し、ILO基準に加えて国際比較が可能なOECD基準の社会支出の集計結果を追加して公表することとしたものです。 地方自治体単独の児童福祉事業に係る費用のうち、人件費、及び母子保健関係費。

Next

2017年度の社会保障給付費120兆2443億円、うち介護給付がついに10兆円の大台に―2017年度社会保障費用統計

23- 6 社会保険• 96 対国内総生産比 年金 1985年度 % 5. 45 対国民所得比 福祉その他 1991年度 % 1. 24 対国民所得比 医療 2005年度 % 7. 厚生労働省ウェブサイト• 66 対国民所得比 福祉その他 2003年度 % 3. 2 部門別(「医療」、「年金」、「福祉その他」)の社会保障給付費の構成比では、「医療」が約50%を占めている。 地方公務員給与実態統計• 老人福祉サービス給付費 14• 76 対国民所得比 福祉その他 2008年度 % 4. (1990-2017年)• 統計の解説 ・世界主要国の1人当たり社会保障費 国際比較統計・ランキングです。 8%、福祉その他19. 86 対国民所得比 年金 1992年度 % 7. 70 対国内総生産比 社会保障給付費 1967年度 % 4. グラフ 5 医療部門における収入と支出の構成 (3)福祉その他 福祉その他の財源は、75%近くを公費が占めており、20%強の被保険者や事業主の拠出金は介護保険や雇用保険の保険料、児童手当/こども手当の拠出金等となっている。 3兆円で、厚生年金保険の給付の23. 皆さん、正解の選択肢を選べましたでしょうか? それでは、選択肢ごとのポイントをまとめていきます。 08 対国民所得比 医療 2010年度 % 9. 平成29年度(2017年度)の統計のポイントは、次のとおりです。 44 27 5,461. 6%(同0. 90 対国民所得比 社会保障給付費 1967年度 % 5. 62 対国民所得比 医療 1973年度 % 3. 76 対国内総生産比 医療 1976年度 % 3. 01 対国民所得比 福祉その他 1982年度 % 2. 20 対国内総生産比 年金 1964年度 % 1. 51 対国内総生産比 社会保障給付費 2005年度 % 16. 4%であり、社会保険料が 約50%を占めています。 対前年度比 12• 1975年度には半数近くを占めていた医療費の割合は一貫して減少しており、2010年度においては31. (注)PDFファイルを見るためには、Adobe Acrobat Readerというソフトが必要です。

Next

社会保障給付費が初の120兆超え 過去最高を更新(2017年度統計)

61 対国民所得比 福祉その他 1989年度 % 1. 06 対国内総生産比 福祉その他 2009年度 % 3. 46 対国民所得比 医療 1982年度 % 5. 42 対国内総生産比 年金 1987年度 % 5. 74 対国民所得比 年金 1996年度 % 8. 37 対国内総生産比 社会保障給付費 1974年度 % 6. 52 対国内総生産比 年金 1997年度 % 6. 84 対国内総生産比 社会保障給付費 2001年度 % 15. 雇用保険等 13. これらを総合すると、社会全体の子育て費用の全貌をつかむことができよう。 1%で、「失業」は1. ・単位は米ドル。 42 対国民所得比 医療 2006年度 % 7. グラフ 2 社会保障給付費の部門別構成比の推移 グラフ3で社会保障給付費の財源について推移を見てみると、1975年度においては、被保険者、事業主、国庫が同じ割合となっており、資産収入がそれを補完しているような構成であった。 ・選択肢4: 国民年金の給付は21. 66 対国内総生産比 社会保障給付費 1968年度 % 4. 03 対国民所得比 社会保障給付費 1989年度 % 14. 37 5 13,298. 59 対国内総生産比 医療 1994年度 % 4. 51 対国民所得比 医療 1986年度 % 5. 00 対国民所得比 年金 1999年度 % 10. 40 対国民所得比 医療 1967年度 % 3. 旧令共済組合等 19. 3兆円を下回っています。 77 対国民所得比 福祉その他 1986年度 % 1. 医療:年金:福祉その他=3:5:2 まずは、おおまかな傾向をつかんでおきましょう。

Next