同期 の 桜 視聴 率。 同期のサクラ最終回ネタバレ感想!10話の結末や視聴率も!|ライトのよかよかビデオウェブ

視聴率上昇中!高畑充希「同期のサクラ」、深読みされる5人の役名の“花言葉”

『カホコ』では、相手役が当時、人気がうなぎ登りだった竹内涼真だったから視聴率も獲れたのですが、今作は俳優1番手が新田真剣佑ですから、いささか厳しい。 葵から土木部の担当役員・桑原(丸山智己)が出世のために、予算を削り、密かに工事の安全性を下げていることを聞かされたサクラ。 橋本愛さん演技うますぎんか 鬼怖かった — KeiKei7100 こちらに関しては高い演技力を表していると考えることもできますよね。 318• 初回視聴率こそ8. 桜のように夢があったとしても、なかなか「どんな時も妥協せず、自分の信念まっしぐら」とはいかないのが現実だ。 61% ・・・ 「同期のサクラ」の視聴率については以上となります。 嘘をつけない彼女の性格が災いして、予期せぬ事態に進むことに…。

Next

『同期のサクラ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

目を覚ましたサクラが、また動き出します。 彼女が語った夢とは、彼女の故郷に関するものでした。 島に橋を架ける夢と、大切な爺ちゃんを失ったサクラの辛い歩みが始まります。 是非チェックしてみて下さい。 そして社長に誘われ内定が決定したのです。

Next

CM冬の時代・高畑充希『同期のサクラ』に視聴者クギ付けの理由

263• 脚本 — 遊川和彦 演出 — 明石広人・南雲聖一 チーフプロデューサー — 西憲彦 プロデューサー — 大平 太・田上リサ より引用 脚本の 遊川和彦さんといえば、1998年ドラマ 『GTO』(関西テレビ)で平均視聴率28. ドラマ公式Twitter• 会社から休職期間終了の通知がくる中同期達は、サクラを復活させる為に動き出した。 制作協力:AXON• 彼女の故郷は本土から離れた離島です。 その中でも個人的に気になったのが、 『同期のサクラを見ていてイラつく』といった意見です。 第1話でサクラは、入社式で社長のスピーチに「話が長いと思いました」と、立場をわきまえない発言をして周囲をあぜんとさせたのを機に、その後も、大手ゼネコンにはびこるそんたくに立ち向かい、逆らう人間に対する左遷にもくじけず、悩む同期たちには真っ正面からぶつかり共に成長する姿を見せてきた。 土井蓮太郎:岡山天音 東京出身・二浪で大卒、一級建築士を目指す、ネガティブ男• 1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。 そこで早速サクラ節が炸裂!! 橋のデザインや安全面に関する自分の意見を述べ周囲から反感を買ってしまう。

Next

同期のサクラ視聴率推移(1話~最終回)!高畑充希主演で何%いくか!?

8% 11月13日 第6話 11. 324• 今日から俺は!!• スポンサーリンク 同期のサクラの視聴率が低い理由は?『イラつく』ことに関係あり? 続いては『同期のサクラ』の視聴率(現時点まで)が伸び悩んだ理由についてです。 みんなの相談を聞き流し、今までのサクラとはまるっきり違う感じになってしまっていた。 するとサクラはみんなに会えて幸せだと話す。 」 葵「私には夢があります。 どこまでもまっすぐな性格のサクラ(高畑)と4人の同期たちとの10年間を描くドラマだ。 自分の夢のためにまっしぐらに努力姿、メチャカッコエエやないかい! 最終回後のネットの反応や感想(Twitter) 同期のサクラ最終回(10話)どのネットの反応や感想(Twitter)について一部ピックアップしてご紹介します。

Next

『同期のサクラ』“地味な変人ヒロイン”高畑充希に高評価 視聴率・満足度ともに上昇中

miomio(ミオミオ) だと思います。 北野柊作:津嘉山正種 サクラの祖父、両親を亡くしたサクラの育ての親• 以下同)から、右肩上がりに数字が上昇し、4話からは3週連続で2桁キープをしている、女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系)。 カホコでイラつく人には向いてないドラマ。 火野つくし:粟野咲莉 火野すみれの8歳の娘• 最終回の平均視聴率は平成民放ドラマ1位となる42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、社会現象に。 この女性の名前はサクラ(高畑充希)。

Next

『同期のサクラ』第1話の視聴率と感想。面白い?つまらない?【10月9日放送分】

ここにいる皆さんが命を落とすような可能性がある橋を絶対に作るわけにはいきません」と涙ながらに真実を打ち明ける。 1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした。 視聴者も「この役は高畑充希にしかできない」「サクラがくせになる」「高畑充希のサクラにだんだんハマってきた」と、楽しむ声が多い。 同局のドラマ「同期のサクラ」がジワジワと視聴率を上げているためだ。 遊戯みたいに行かない• 「メガネをかけた地味な風貌のうえに、バカ正直すぎて融通が利かない、ちょっとヘンな娘を演じています。 高畑充希さんといえば、『過保護のカホコ』が評判でしたし、演技には定評がある女優さんです。 『同期のサクラ』各話のあらすじ 2019年10月9日から日本テレビ系にて放送開始された高畑充希さん主演の連続ドラマ『同期のサクラ』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

Next