新盆 服装。 新盆とは?時期やマナー(服装・お布施・お返し等)の基礎知識

新盆(初盆)は家族だけでも大丈夫?読経の有無や準備、服装も解決!

全員が安心してお墓参りをすることができるよう、周囲が気にならないようなシンプルな服装が望ましいでしょう。 「平服」というぐらいだから普段着でいいのだろうか?と思っている方がいたら、それは間違いです!実は平服というのは、「礼装を略した服」という意味です。 会社などの組織の場合は、組織名と代表の名前を中央に書けば事足ります。 地域によって服装に差があることも 新盆の服装は家庭や地域によってかなり違いがあります。 案内状があれば、服装について記載があるか確認します。 初盆の場合は、盆提灯なども準備する必要があるため、施主に求められる仕事も増えてきます。

Next

初盆とは・新盆とは》初盆飾り/お供え/初盆の迎え方/準備/案内状/浄土真宗

アクセサリー、その他 アクセサリーやその他の持ち物、マナーについても気になるところではないでしょうか。 相場は2,000~5,000円ほどです。 服装は?• 男性の場合は,無地のスーツ(グレーか紺),白のワイシャツ,色柄が控えめなネクタイ,黒の靴下などが一般的な例です。 お迎えからお送りまで、やるべきことが日付毎に整理されていてとても分かりやすいサイトです。 不祝儀袋は一般的には「白黒の水引」に普通の濃墨で「御仏前」と書きます。 その場合は、お花などのお供えを宅急便などでおくり、故人にお供えしていただくのがいいと思います。 法要、お墓参りの後には食事の席が設けられるケースが多く見られます。

Next

新盆の準備、お布施、お供え、服装

これらは服装以外でもとくに大切なものですので、忘れずに持っていきましょう。 一つ注意が必要なのは、同じ仏教でも浄土真宗の場合には盆棚など盆飾りを用意する必要はありません。 ハンカチとエプロンはバッグに入れておくとよいでしょう。 近所で行う場合 これは地域によっても異なってきます。 家族だけで執り行う場合は、あらかじめ周囲に通知しておいた方が良いです。 服装や香典の表書きの書き方などにも気を配ることで、遺族への適切な配慮につながります。 ですから、皆さんの立場や状況を検討された上で、 最後はお寺さんに相談されるのが最も良い選択かと思います。

Next

親族での新盆で着る服装は?自宅や近所の時はどうする?

必ずストッキングを着用しましょう。 女性も同じく暑い時期なのでジャケットの着用はしたくないところですが、ジャケットを脱いだ時にタンクトップやキャミソールだと、肌の露出が多いので良くありません。 不祝儀袋に「御提灯代」の表書きでお金を包むこともあります。 そして、女性が注意しなくてはいけないのは ブラウスの色です。 初盆の香典の表書きは薄墨? 初盆の香典袋の表書きは、薄墨で書くのが本来のマナーです。

Next

初盆・新盆の仕方【準備に必要なものや作法】迎える時期は?

基本的な流れや法要の準備、お布施の金額などはおおむね仏教の場合と同じですが、細かいマナーが異なるため前もって確認が必要でしょう。 (普段のお盆の場合は3千円から1万円ぐらい)地方や宗派によってさまざまでですので、詳しい方に聞いてくださいね。 新盆は故人にとって初めてのお盆でもあるため、親戚や知人を呼んで盛大ではなく家族だけで あっても、しっかりと行いたいですよね。 迎え火(13日)• だから、実家に聞いてみてどんな格好が望ましいのかを確認して参加するのが望ましいですよ。 お布施は、 「 奉書紙 ほうしょがみ 」に包むのが、一番丁寧な方法になります。 足りていないものはなるべく早めに揃えて準備しておきましょう。

Next

新盆(初盆)のやり方とは?準備すべきことや時期、当日の流れも紹介します

新盆が始まる初日は白餡や甘辛ダレのお団子である「お迎え団子」を 中間には白い団子である「おちつき団子」を 盆が開ける際には白い団子である「送り団子」を送る事が一般的であるとされています。 事前にお寺に確認をとっておくといいでしょう。 女性はエプロンやハンカチがあると便利 それから女性がぜひ持参したいもの。 檀家になっている場合は、それまでの付き合いに応じたお布施を用意する必要がありますので、施主の負担も大きくなるケースが少なくありません。 これは遺族でも参列者でも変わりません。 男性も女性も、施主や遺族よりも格上にならないように気をつけて、派手な服装を避けることが基本です。 また贈ってくれた方が新盆の供養に直接いらっしゃった時には、白提灯の御礼を述べ、引き物も渡すべきでしょう。

Next

新盆の準備、お布施、お供え、服装

親しい者たちがテーブルを囲み、故人の思い出話などをするのが、お斎の時間。 法要や会食がない場合のことを指します。 指先もチェック 意外と忘れがちなのが、手元。 そもそも弔事の場において着飾るようなことはNGとされているため、アクセサリーは身に付けないようにしましょう。 初盆で子どもが着用するのに相応しい服装を事前に確認しておきましょう。 表書きのところには「お仏前」、「御供物料」などと記載して、その下に自分の名前を書きます。

Next