エクセル 一 番 下 まで 選択。 アクティブセルの移動方法:Excel基本講座

データ範囲の指定方法のあれこれ − GoGoマクロ!のWebサイト

タイトル行の上向き矢印をクリックすると ページ設定ダイアログボックスが折り畳められ、セルが選択しやすくなります。 ) これが最初に言った「セルを選択してから、操作する」という基本動作で 「セル範囲を選択して、入力する」 「セル範囲を選択して、入力する」 「セル範囲を選択して、入力する」 こう3回、これをやったことになります。 [Shift]キーと組み合わせればセル範囲の選択にも応用可能。 [方向]を『右』に変更します。 アクセスが増えずに悩んでいる• Column '選択終了列 Range Cells startR, startC , Cells Rows. 以上のショートカットキーを覚えて、アクティブセルの移動やデータの入力の時間を省略すれば、作業効率を確実にアップできるはずです。 まとめ オートフィル機能はエクセルの1番大切な機能だと思います。 [Ctrl]+[D] 上のセルと同じデータを入力する すぐ上のセルのデータをもう一度入力するなら[Ctrl]+[D]キーがおすすめ。

Next

ショートカットキーで時間短縮 その3

ふだんの業務にぜひ取り入れてみてください。 空のワークシートで一度試してみるといいでしょう。 もう少し、正確に言うと、 選択する範囲の 2か所目以降から「Ctrl」キーを押しながら選択。 名前ボックスに『入力順』と入力し、選択範囲に名前を定義します。 簡単に言うと、「その範囲じゃ複雑すぎて、グラフは作れないよ」ということです。

Next

エクセルで先頭や最後のシートに一発で移動するショートカット

但し、ここまではまだ下準備(テスト用のデータを用意しただけ)なので、 本日のテーマ「データ範囲」の指定方法については、ここからが本番です。 今までドラッグしか利用していなかったので、これからはサクサクとデータ選択が出来ます。 上の枠線:一番上のセル(D1セル• ときどき不用意にダブルクリックをして勝手に飛ばれて驚くことがあります。 書式のコピーを先頭から最後のセルまで一度にコピーする方法はありますか? 例えば、関数などはセルの右下が十字になったときにダブルクリックすると 最後の行までコピーされますが 途中で空白のセルがあるとそこまでですが、これも含めて 任意のセルまで一気にコピーする方法はありますか?) そんなふうに書式のコピーもできるのでしょうか? 今は範囲指定をドラッグして実行しています。 有効な設定等ありますでしょうか…• エクセルのショートカットキーの中でも「 ctrl」「 shift」「矢印キー」はよく使います。 コピペよりも確実に速く入力できます。

Next

Excel VBA 列の一番下まで選択するマクロ 個人用マクロブックに組み込めるよ

ここを固定したいんだね、お安い御用さっ! ステップ3 印刷しても固定したいタイトル行を選んだら、 OKをクリックしてください。 このようなシートをデータとして使う(CSVなど)には、空白セルを上の方にあるデータで補完させなければなりません。 Select Selection. Offset 1, 0. 知識がある人ならすぐ書けるだろう。 Select Selection. 上記の方法なら簡単に入力できるので活用してみましょう。 Excelで値が入っている一番下のセルまで一気に選択してコピーする方法 または、コピー元を先頭にして、コピーするセル範囲を選択します。 相対参照を使用した数式をコピーすると、参照するセルそのものではなく「左隣のセル」といった位置関係がコピーされます。

Next

Excelでセルや範囲の選択が速くなるショートカットキー|Office Hack

あと、付け足しですが、 以下のような「セルのデータを判別して範囲を指定する」という方法も あります。 最後に[OK]ボタンをクリックすると、 あっという間に、最初に選択した「1」のセルから、増分値として「1」ずつ増えていく連番が、 [停止値]として設定した「100」まで入力できました! もし、最初に「1」と入力したセルを選択し、 [増分値]を「2」の[加算]、[停止値]を「100」と設定した場合には、 最初に選択した「1」のセルから、「2」ずつ増えていく連番になりますが、この増え方だと、[停止値]の「100」きっかりになることはないため、 [停止値]に設定した「100」を超えないところで止まります。 [種類]では連続データの種類を選択します。 。 複数の右のセルへコピーする• そしてrng. 答えは、下の画像です。 [停止値]に「100」と設定すれば、100になったところで入力が止まります。 Excel2007 処理が重くなって困ってます。

Next

【エクセル時短】複数のセルに同じデータを一瞬で入力! コピペより速いショートカット&セル選択のワザ

もう一度「F11」を押すと全画面表示が解除されます F12 「名前をつけて保存」画面が表示されます ctrl、 shift、十字キーを使いこなせると効率が格段上がります。 移動したいセル番地を名前ボックスに入力し[Enter]キーを押します。 "Excelのプロ集団"として認知されていた業務改革コンサルティングチーム の中でも、最も操作スピードが速く、約2万人の社員の中で一番の使い手と される。 その次の(下の Macro2 の)中の1行 Range "B2:D6". グラフに表示する文字列は選択範囲に含める 項目名や、凡例に表示する文字列は、グラフの範囲に含めなければなりません。 離れた場所を選択する必要があるわけですが、遠くから眺めるように見てみると、選択範囲が四角形になっていることが分かります。 印刷プレビュー、1ページ目印刷プレビュー、1ページ目印刷プレビュー、1ページ目 ステップ3 では2ページ目を見てみましょう。

Next

エクセルは、0.3秒でデータを「全選択」できる

下のように商品名が表示されず、意味が分からないグラフになってしまいます。 下のように、凡例には「系列1」「系列2」と表示されてしまいます。 やはり左上の角は必要なようですね。 以前はテーマが定めきらず、Excel以外のコンテンツを多く書いた雑記ブログになっていたのですが、そのブログ方はに残し、引き続き時々更新していきます。 Select Selection. このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。 なお、行選択の[Ctrl]+[Space]キーと、列選択の[Shift]+[Space]キーも覚えておくと便利です。 [Ctrl]+方向キーを押せば、アクティブセルを表の上端、末尾、右端、左端に移動できます。

Next

エクセルは、0.3秒でデータを「全選択」できる

マクロの記録を終了します。 ここでは1行選択してから[Ctrl]+[D]キーを押して、すぐ上の行の内容をコピーしています。 今回は「1」から始まる連続番号を振ってみます。 この画面になったらさっさと Kを押して、 Enterを押しましょう。 それでは、早速マクロの記録を開始します。

Next