天才 たち の 日課 女性 編。 人の習慣を覗き見【天才たちの日課 女性編】

天才たちの日課 女性編 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常

そういう人たちは、ベートーヴェンが朝のコーヒーのために豆をきっちり60粒数えていたことや、バレエの振付家のジョージ・バランシンがアイロンがけの最中に最高のアイデアを思いついていたことや、作家のマヤ・アンジェローが「小さくて質素な」ホテルの部屋で辞書や聖書やトランプやシェリー酒のボトルに囲まれて書いていたことを知っておもしろがってくれた。 カンポン通りのシャネル本店向かいにあるオテル・リッツのスイートルームで暮らしていたが、彼女がその部屋を出た瞬間、ホテルのスタッフが本店のオペレーターに電話して警戒を呼びかける。 「誰かが隣の部屋で寝ていようが、シリアルの箱をガサガサ振り、スプーンで音をたてながら紅茶を混ぜ、ぐずぐずしている子どもに『早く、バスに遅れるわよ!』と大声で叫ぶ」というのですから、近くにいた夜型の人たちは大変な思いをしたかもしれません。 それがどう化けるかはわからない。 大ヒット作『天才たちの日課』第2弾! 創作に打ち込むクリエイティブな女性たち143人の、惚れ惚れするほど鮮やかな/とても真似できない(してはいけない)ほどユニークな/頭を抱えてしまうほど並外れた、その苦闘が胸に迫る143通りの驚くべき試行錯誤。

Next

パティ・スミス、ニーナ・シモン、キャロル・キング他 書籍『天才たちの日課 女性編 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常』発売

そもそも、新しいアイデアや問題点などはネガティブな感情のときに気がつきやすいと思うので、「悪いとき」がくるたびにやめていたら成長しないですよね。 とにかく仕事をやり続ける。 そう、そこにあるのは、華やかでもミステリアスでもない、あなたと同じように限られた時間をやりくりし、ワークライフバランスに悩む女性たちの、ひりひりするような生活の苦労と幸福である。 この本は、過去、現在そして未来の、ものをつくり、はたらき、生活していくすべての女性たちの姿を静かに照らしている。 なぜ、これほど男女の比率にあからさまな差があるまま刊行してしまったのだろう。 それぞれに課せられたハードルは現代でも存在するものなので、だからこそそれを乗り越えて、自分自身が求めるものを諦めなかった姿が心強い。

Next

天才たちの日課 女性編 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常

作品との向かいあい方、将来の展望、気持ちの折り合いのつけ方、具体的には時間の使い方などなど。 それぞれの人物を特徴づける日々の日課や毎日のスケジュール、「仕事のお供」の嗜好品などはもちろん、創作に適した精神状態の保ち方や、自信がなくなったときの対処の仕方、さらにはいかに自分自身の場所や時間を確保したか、偏見や差別をどう乗り越えたかなど、とても他人事とは思えない切実な状況の数々は現代を生きる私たちにも大きなヒントになるはずです。 『天才たちの日課 女性編 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常』 メイソン・カリー著 金原瑞人、石田文子訳 フィルムアート社刊 ¥1,980 作家、芸術家、音楽家と、様々なジャンルで名を成したアーティストの日々の習慣を集めた『天才たちの日課』はおもしろかったが、収録されている大半が男性だったので、読んでいる最中、タイトルの「天才たちの」というフレーズが気になった(原題には「天才たちの」という表現は含まれていない)。 訳書にドイル『シャーロック・ホームズの冒険』『名探偵シャーロック・ホームズ』、アーバイン『小説タンタンの冒険』、シアラー『スノー・ドーム』、ハプティー『オットーと空飛ぶふたご』、ローズ『ティモレオン』(共訳)、アームストロング『カナリーズソング』(共訳)、カリー『天才たちの日課』(共訳)、バーサド&エルダキン『文学効能事典』(共訳)などがある。 2014年には「毎日、作品を作ることで新しい世界を創造しています」とも話しています。 適した状態に自分を保つというのは、仕事全般に当てはまるかもしれません。 これに加えて、女性アーティスト自身の心に存在する壁もあった。

Next

『天才たちの日課 女性編』 メイソン・カリー

そういう例は、現代の読者にとって役に立つお手本にはなりにくいだろう。 やはり結婚して、家事や育児に追われること。 今を生きる人にも多くの学びと自分を信じる勇気をくれる、あなたにとって新しい味方になる一冊。 はじめに この本は2013年 〔日本語版は2014年〕に刊行された『 (Daily Rituals: How Artists Work)』の続編であり補正版だ。 どこにいてもなかなか絵のことが頭から離れなかったんですね。

Next

『天才たちの日課 女性編 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常』(メイソン・カリー)の感想(12レビュー)

だから絶対に、絶対にあきらめなかった。 リッツの部屋では退屈で孤独な時間を過ごすことになるので、できるだけそれを先延ばししたかったというのがその理由。 難しいのは、それを作るのに適した状態になることだ」(Kindle 位置No. ロザンゼルス在住。 精神状態の保ち方、偏見や差別の乗り越え方など、女性が創作を仕事にするためにどれだけ格闘したのか、仕事を続けることがどれだけ困難だったのか。 彼女たちの日々の日課や毎日のスケジュール、「仕事のお供」の嗜好品や、着想の源。

Next

天才たちの日課 女性編(メイソン・カリー) : フィルムアート社

とにかく仕事をやり続ける。 そんな努力のかいあって、すばらしいビジネス・ウーマンになることができたわけです。 スタッフの大半は朝八時半ごろ出勤するが、ココは早起きが苦手で、それより数時間遅れて姿を表すのがつねだった。 女性が創作を仕事にするためにどれだけ格闘したのか、仕事を続けることがどれだけ困難だったのか。 構成も面白い。 全てをネタバレするとまだ読んでいない方のお楽しみを取ってしまうので、それについてはぜひ、実際に本を手にとって読んでみてください。 この文章を書いたマリ・バシュキルツェフは「仕事をせずに過ごした日はすさまじい後悔に襲われる」とあるので、私なりに解釈すると「仕事がもっとも楽しいことであれば、仕事をしない日はないので後悔に襲われることはない。

Next

楽天Kobo電子書籍ストア: 天才たちの日課 女性編

【著者プロフィール】 メイソン・カリー(Mason Currey) ペンシルベニア州ホーンズデール生まれ。 『天才たちの日課』メイソンカリー 何度読んでも面白い。 そこで今回は、前作にみられた男女比のバランスの悪さを遅まきながら解消するとともに、私がもともともくろんでいたことをよりよく実現するために努力した。 (54~55ページより) シャネルは2階の自分のオフィスに入ると、ただちにデザインの仕事をスタート。 (それと対照的に)作品が自分を通してすっと出てくるときは、ふつうよりずっといいものになる」(150ページより) 今回もまた、非常に楽しみがいのある内容。 (151ページより) キングはこのあと、自分の場合、創造性の扉がふたたび開くのは、たいてい1時間くらいあとだと述べているそうです。

Next

天才たちの日課 女性編 : TimeTurner

コーヒーのお供にもぴったり 本の構成としては、1人の天才につき数ページ程度で短くまとめられていたので非常に読みやすかったです。 本書に収録されている143人すべての女性たちの日課を見てみると、その先には、思いもかけないドラマチックな景色が広がっている。 壁にぶつからないために大事なのは、それを心配しないようにすることだと気がついたの。 【訳者プロフィール】 金原瑞人(かねはら・みずひと) 1954年岡山市生まれ。 「自我が支配しているときは、作品が自分から生まれる感じで、それでもいい仕事ができることはあると思う。

Next