一条 便 法。 両税法

抵当証券法施行細則の全文・条文

また、賦役黄冊や魚鱗図冊と言った当初の明の税制のための台帳も、農村の中の貧富の差が拡大し、が崩れて来たため、作成されなくなっていた。 (職員の任命) 第十八条 公社の職員は、総裁が任命する。 (氏名等の変更) 第十条 一般信書便事業者は、第七条第一項第一号又は第三号に掲げる事項に変更があったときは、遅滞なく、その旨を総務大臣に届け出なければならない。 明の税は、唐中期以来の両税法により夏税、秋糧を徴収したが、それらは米、麦、生糸、絹などの現物(本色 ほんしき )納入を原則とした。 4 前項の事業報告書には、次に掲げる事項を記載しなければならない。 、同法第十条第一項後段、同法第十一条第五項及び第七項並びに同法第十三条第一項後段、第五十条第四項において準用する同法第四十一条第三項 第七十一条において準用する同法第七十八条第四項及び第八十三条において準用する同法第百十条第七項において準用する場合を含む。 五 日本郵政公社による外国通貨の両替及び旅行小切手の売買に関する法律(平成三年法律第三十七号)第一条に規定する外国通貨の両替及び旅行小切手の売買を行うこと。

Next

(改良便槽)第三十一条

五 通常郵便貯金、すえ置郵便貯金、積立郵便貯金及び団体取扱の郵便貯金のうち二以上の郵便貯金をするとき。 それもあって苦手意識が生まれようとしていましたが、と比べれば漢字が多いため圧倒的に意味が推測しやすんですよね。 (資本金) 第四条 公社の資本金は、別に法律で定めるところにより政府から出資があったものとされた金額とする。 が、その雇用する加入者 確定給付企業年金法第二条第四項に規定する加入者をいう。 八 第三十四条の規定に違反して簡易生命保険責任準備金を積み立てなかったとき。 以下この号、第百五条の二、第百九十二条及び第百九十九条の三第三項において同じ。

Next

日本郵政公社法(廃止)

4日本郵便株式会社は通関手続が行われる事業所において、植物又は輸入禁止品を包有し、又は包有している疑いのある小形包装物又は小包郵便物の送付を受けたときは、遅滞なく、その旨を植物防疫所に通知しなければならない。 )」とあるのは「更正若しくは関税法第七条の十六第二項(更正及び決定)の規定による決定又は賦課決定(過少申告加算税、無申告加算税又は重加算税に係る賦課決定を除く。 罰則〈本法〉四一条五号・四二条 (手数料の徴収及び委任規定) 第十五条農林水産大臣は、第十三条〔種苗の検査〕第一項の規定により検査を受ける者から、検査の実費をこえない範囲内において農林水産省令で定める額の手数料を徴収することができる。 )の交付(当該除かれた戸籍に記載され、又は記録されている者に対するものに限る。 以下この項において同じ。 )の規定に違反して信書便の役務を提供した者 五 第二十二条第一項(第三十三条において準用する場合を含む。

Next

民間事業者による信書の送達に関する法律

(登記) 第五条 公社は、政令で定めるところにより、登記しなければならない。 二 郵便事業株式会社の委託を受けて行う印紙の売りさばき• 5 総務大臣は、副総裁又は理事が第二項又は第三項に規定する事由に該当すると認めるときは、総裁に対し、その役員の解任を命ずることができる。 附則〔平成一七年一〇月二一日法律第一〇二号抄〕 第一条この法律は、郵政民営化法の施行の日から施行する。 )の規定によつて、管轄法務局又は地方法務局の長の許可を得て、戸籍の訂正又は記載をするときは、前項に掲げる事項は、許可書にこれを記載しなければならない。 )がある場合において、次の各号のいずれかに該当するときは、当該各号に定める金額について政令で定める基準により計算した額を、政令で定めるところにより国に納付するものとする。 )」とあるのは、「簡易生命保険業務」と読み替えるものとする。

Next

抵当証券法施行細則の全文・条文

)の取得又は付与 八 先物外国為替(外国通貨をもって表示される支払手段であって、その売買契約に基づく債権の発生、変更又は消滅に係る取引を当該売買の契約日後の一定の時期に一定の外国為替相場により実行する取引(金融商品取引所の開設する市場において行われる取引又はこれに類する取引であって、政令で定めるものに該当するものを除く。 修正申告(偽りその他不正の行為により関税を免れ、又は関税の払戻し若しくは還付を受けた者が当該関税についての調査があつたことにより当該関税について更正があるべきことを予知してされた修正申告(次項において「特定修正申告」という。 が申し出たときはその者に係る退職金に相当する額を機構から当該団体に引き渡すことその他厚生労働省令で定める事項を約する契約を締結している場合において、当該退職をした者が退職後厚生労働省令で定める期間内に、当該退職金を請求しないで当該団体が行う退職金共済に関する制度に基づき退職金の支給を受けるべき者となり、かつ、厚生労働省令で定めるところにより申出をしたときは、当該団体との契約で定めるところによつて当該退職金共済契約による退職金に相当する額の範囲内の金額で厚生労働省令で定める金額を、当該団体に引き渡すものとする。 二 その事業の計画が全国の区域において一般信書便役務に係る信書便物(以下この号において「一般信書便物」という。 、第百三十条において準用する都市再開発法第七条の十七第五項及び第七項、第百三十九条第二項及び第三項 これらの規定を第百五十七条第二項及び第百六十八条第二項 第百七十二条第二項において準用する場合を含む。

Next

日本郵政公社法(廃止)

中国,代後期から代初めにかけて行われた。 )又は交付金の交付について適用し、昭和五十九年度以前の年度における事務又は事業の実施により昭和六十年度以降の年度に支出される国の負担又は補助、昭和五十九年度以前の年度の国庫債務負担行為に基づき昭和六十年度以降の年度に支出すべきものとされた国の負担又は補助及び昭和五十九年度以前の年度の歳出予算に係る国の負担又は補助で昭和六十年度以降の年度に繰り越されたものについては、なお従前の例による。 6 公認会計士法の規定により、財務諸表について監査をすることができない者は、会計監査人となることができない。 通常郵便貯金及びすえ置郵便貯金にあつては、一円未満の端数に、積立郵便貯金にあつては、十銭未満の端数に利子を附けない。 戸籍法第十条の三第二項 の法務省令で定める方法は、委任状、法人の代表者又は支配人の資格を証する書面その他の現に請求の任に当たつている者に戸籍謄本等の交付の請求をする権限が付与されていることを証する書面を提供する方法とする。 、第四十五条第二項、第百二条の二第一項、第百十八条第二項及び第三項、第百二十二条第一項及び第三項、第百二十八条第一項、第百二十八条第二項において準用する第百二条の二第三項並びに第百二十八条第三項及び第四項の規定 第百三十八条第一項においてこれらの規定を準用する場合を含む。

Next