中国 コロナ 真実。 まだ新型肺炎の真実を隠す中国、このままでは14億人の貧困層を抱える大きいだけの国になる=鈴木傾城

新型コロナウイルスは中国の生物兵器から流出?! 米国ガン研究所の専門家が陰謀論を全否定|FINDERS

たとえば、では、2月23日に、中国黄港市にある 6000人が収用されている施設の 1つで、収用されている人たちのほぼ 32%が新型ウイルスの検査結果に陽性だったと報告されていたと報じられています。 もはや現状では、中国から発表される数値は意味を成していないと考えられるのですが、しかしそれがどういうカラクリによってなされているのかはわかりませんでした。 また、郭文貴は2017年にYouTubeを通じて中国共産党高官のスキャンダルを次々と暴露して話題になった人物だが、その情報が虚々実々なのは関係者の間では有名だ。 新型ウイルスについても、非常に刺激的な記事を出し続けています。 リンク 🇨🇳武漢肺炎🦠 住民から、病気の家族がいると密告された。 Photo By Shutterstock 文:岩井聡史 世界的に猛威をふるう新型コロナウイルスは、誰もが他人事でいられない状況になった。

Next

【真・人民日報】世界で沸騰する新型コロナ「中国責任論」 日本の報道からは見えづらい欧米各国の“思惑” (1/2ページ)

また、新型コロナウイルス感染は、発症すると一週間ほど発熱や咳などの風邪症状が続くが、8割の人は重症化することなく治癒するといわれている。 他にもいろいろとあるのですが、「輸血感染」というのは、想像もしていなかったですけれど、もし、輸血からの感染があるのなら、この新型ウイルスの問題は、ずいぶんと長く先に続いていくものになるのかもしれません。 「何を知らないのか知らない」という状況になるのだ。 すでに経済成長も失い、打つ手が後手後手になってしまっている。 一党独裁国家らしい中国の異様さが伝わってくる。 中国当局の発表では、10日までに4万人以上が感染し、908人が死亡という。 この突然変異は、自然の進化と一致している」と述べている。

Next

なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

たとえば世界で最も権威がある査読制の医学雑誌のひとつ『The Lanset』が2月19日に発表した「COVID-19と闘う中国の科学者、公衆衛生専門家、および医療専門家を支援する声明」を読むだけでもそれは明らかだ。 そしてこの対応は、新型コロナウイルス肺炎に限らず、インフルエンザや普通の風邪でも同じだ。 このような中国の当局発表を聞きますと、さすがに誰でも、「だいたいやねぇ」(お、竹村健一さん)と言いたくなるのではないでしょうか。 中国では「国家安全法」で、中国にとって都合の悪い外国人もテロリストと決めつけたり、中国に不利な情報を報じる外国人ジャーナリストを国外追放したりしている。 2020年5月22日、北京で開かれた全人代に出席する習近平国家主席(中央)と李克強首相(右) このため、欧米は中国政府による感染情報の信頼性を疑問視する。 ただ、保健所では、医師が検査が必要と判断しても検査が受けられない事態が実際に発生しており、日本医師会は現在調査に乗り出し、改善を勧告している。 では、日本も欧米のように中国に対して提訴できるのか。

Next

新型コロナウイルスの真実を「霊査」 感染拡大の背景と「対策」は?

とはいっても、数値を独自に推定する根拠もないですし、これがどのような感染力のあるウイルスなのかということも最初の頃はわからなかったですので、「こんなものなのだろうな」と考えていましたけれど、さすがに今になり、韓国やイタリア、イランでは、毎日 500人とか、あるいは 1000人に近いような増加を見せている中で、 「中国の新規感染者が毎日どんどん減っている」 という数字を見まして、「 そんなことあるわけないやん」と強く思うようになりました。 「まさに漢字に二次災害が生じた」との声も。 しかし、一方で『世界の反中感情は天安門以来最悪』と指摘する内部文書の存在も明らかになっており、国際社会での自らの立場を冷静に分析している。 この問題は高度に専門的な分野なので、(私を含めた)素人は学術的知見を尊重して判断をおこなうべきだろう。 それを踏まえた対処法として、「神への信仰があれば、免疫がつくんです」「信仰のある国家には、あまり広がらない」と、個人も国家も神仏への信仰に立ち戻ることを勧めた。

Next

【真・人民日報】世界で沸騰する新型コロナ「中国責任論」 日本の報道からは見えづらい欧米各国の“思惑” (1/2ページ)

確かに災害時やパンデミックの際は、このような恐怖を煽る都市伝説が出回ることがある。 その後の報道でも、武漢市の役人たちはコロナウィルスによる死者が公式データにカウントされてしまう前に、急いで遺体を火葬にしていることが指摘されており、中国政府による「公式データ」の信頼はすでに揺らいでいる。 アメリカのドナルド・トランプ大統領もツイッターに「世界規模での大量 殺戮 さつりくを行ったのは他でもない『中国の無能さ』だ」などと投稿し、中国批判を繰り返している。 情報を隠蔽する。 真実の側に立っているのか? 新型コロナウィルスの感染に関わる霊存在の正体• さらに、 すでに刑務所での集団感染と死亡の事例が全国的に発生していることが明らかにされている。 新型コロナウイルスは現在、世界的に大流行している。

Next

【真・人民日報】世界で沸騰する新型コロナ「中国責任論」 日本の報道からは見えづらい欧米各国の“思惑” (1/2ページ)

いち早く新型肺炎に警鐘を鳴らしながら死去した李文亮医師の遺影に頭を下げる市民=2020年2月7日、中国・湖北省武漢市【EPA時事】 その代表例ともいえる「事件」が、3月上旬に起きた。 趙報道官は、米国は透明性を持って、最初の感染者確認の時期や病院の名前、現在の感染者数を公開し、中国に説明する義務があると書き込んだ。 雷神山病院(延べ床面積は7万5千平米で、ベッド数が1500床) また、この湖北省武漢市の火神山病院、雷神山病院は外観にライブカメラを設置しており下の画像をクリックして頂けるとリンクします。 3月末まで、習近平のコロナ対策を評価していたドナルド・トランプ大統領が、にわかに攻撃に転じたのは4月上旬のことである。 そのため、今の若年層は天安門事件というものがあったことすらも知らない人もいる。 すくなくとも2月23日現在において、COVID-19がバイオ兵器であることを示す有力な根拠は見つかっていない。 匿名を条件として話した上海のある中国の医学研究者は、以下のように述べた。

Next