全国 の 住宅 の うち 空き家 の 割合 は。 増加がとまらない!?日本の空き家事情について

空き家数が住宅総数の13.6%で過去最高へ 5年間で26万戸増

公表された数値に加えて、野村総研が2016年に予測公表し、多くのメディアが取り上げた数字も掲載しておきます。 7% 79位 21. 5 826. 同様に居住世帯がいる借家住宅の増加率が4. 8 22 三重県 831,200 5. 8 73. 3%)増加 空き家率(総住宅数に占める割合)は,13. 3 55. 5 17. とはいえ、豊田さんは建築家不動産業界とは無縁、ツターコンダクターをされていた、普通の方です。 NRIの予測では、「平成42年度(2030年度)までに新設住宅着工戸数が53万戸に減少する」と見込んでいるが、「新設住宅着工戸数が減少しても、それを上回るスピードで世帯数の減少が見込まれる」とも指摘。 1 78. 4 34 宮崎県 509,600 3. 8% 63位 22. 1 73. 6% 6 東京都 10. 8 702. 3 1,225. 7 1,217. 8 72. 6 21 福島県 781,800 7. 北陸・甲信越• 7 福岡 4,040. 6 13. 0 %、沖縄県が 59. 1 83. 0 奈良 2,728. 【図5】20年後の空き家率(全国、東京都) ケース1の場合、全国の空き家率は2033年には28. 平成45年の空き家率は30. 8% 57位 23. ここでは、都道府県別の空き家率を見ていくことにしましょう。 0 %) 8 位:千葉県( 12. 5 40 山形県 431,900 -0. 経歴の関係上、軍事、歴史、ゲーム、ゲーム情報誌、アミューズメント系携帯開発などに強い。

Next

建売住宅と注文住宅の割合はどっちが多い?価格相場も徹底比較!

空き家率の将来展望と空家対策特措法の効果 ~20年後の全国、東京都の空き家率~ 2015年3月10日(火曜日) 1. 4% 99位 20. 3 29 青森県 559,200 4. 0 2,417. 7 3,050. 6 28. 0 2,973. 1 46 島根県 295,800 4. 空き家数は820万戸と,5年前に比べ,63万戸(8. 例えば、東京都世田谷区では、無償で空き家(室)を地域に開放したり、寄付したりすることで、地域で活用する仕組みを設けている。 2|借家の空き家率は横ばいで推移 次に所有関係別に空き家の状況を概観する。 3%)増加• 空き家率は5年前の13. 次いで山形県,埼玉県,神奈川県及び東京都がいずれも10%台• 2013年に「一時現在者のみの住宅」と「建築中」の住宅は、住宅総数の0. 6 4. 9 2,941. 9 秋田 2,511. 0 2,612. 3 大阪 2,435. 別荘なども空室に換算されているので、一概に過疎化がマズい状態とは言えませんが、こういう状況のようです。 5 11. 5 1,403. 7 80. こうしてみると、今回の空き家の増加分の多くが売却にも賃貸にも出ていない 「その他の空き家」であったことが分ります。 7 4 愛知県 3,439,000 9. 過去の水準・流行で設計された賃貸住宅の人気が低く、空き家率が上昇するのは当然の話。 5% 7 和歌山県 16. 6% 9 岡山県 15. 1%と5年前の前回調査と変わらなかった。

Next

持家と借家の割合は?数字で読み解く日本の「住宅事情」

共同住宅の占める割合が最も高いのは,東京都で70. 0 -499. 2 74. 人口減だけが理由ではない!〜空き家はなぜ増える? 空き家が多くなると「老朽化による倒壊の危険」「不法侵入等により治安の悪化」といった問題が発生する。 9 岩手 2,613. 7 156. 空き家の撤去や活用に取り組む市町村への財政支援や、専門家の育成も進めている。 4% 49位 24. 9 茨城 3,656. 7 33 岩手県 552,100 0. 平凡な空き家の活用手法が見いだせれば、さらに「空き家ビジネス」が広がる可能性はある。 5年間は固定資産税の支払いを免除する。 8 3,108. 集中的にリノベーション(大規模改修)する地域を設けたり、空き家を生かす自治体に財政支援したりする。

Next

横ばいだった空き家率。なぜ、空き家はほとんど増えていないのか?|土地活用ラボ for Owner|土地活用|大和ハウス工業

8 1,399. 4 35 石川県 498,000 5. 6 13 茨城県 1,135,900 6. 1 20 栃木県 839,900 9. ア 大規模団体• 6 %と過去最高の数字となっており、放置された空き家の割合が増加していることがわかりました。 7 44 佐賀県 338,200 4. 〇商業地 市街化調整区域を除く都市計画区域内の準住居地域、近隣商業地域及び商業地域並びに用途指定のされていない都市計画区域及び都市計画区域外において、商業用の建物の敷地の用に供されている土地をいう。 0 82. 1%から0. ・空き家増加のデメリット、マイナス点• 4 佐賀 3,639. 1 80. 4 16 新潟県 972,300 4. 2 82. 7% 36位 25. 日本全体の空き家率推移• 4 自治体の工夫• 5 %) 4 位:徳島県( 19. 6 55. 空き家の建て方別の割合を見てみると、一戸建てが 317 万戸( 37. 2 1. もっとも2013年以降は伸び方も落ち着きを見せ、空き家の増加度合いも大人しいものとなっている。 5 2,495. 4%と5年前に比べ,0. 全期間固定金利型住宅ローン「フラット35」の利用者データから比較 建売と注文住宅の割合 こちらのデータは2017年度の建売と注文住宅の戸数を都道府県別にまとめたもので、注文住宅データは、建物の建設費と土地購入費いずれも「フラット35」で借り入れたデータが対象です。 。 0%)、高知(10. 8 82. 5 2,734. 高齢者の家が空き家に この地域に住んでいるのは昔ながらの高齢者です。

Next

建売住宅と注文住宅の割合はどっちが多い?価格相場も徹底比較!

02%増と、ほぼ横ばいという結果的になりました。 2 全国 4,039. 5% 23位 27. 4 855. 【図1】総住宅数、総世帯数、空き家率 空き家には、「売却用」、「賃貸用」「二次的住宅(別荘等)」、「その他」の4つの類型がある。 5% 24位 27. また、総住宅数に占める空き家の割合である空き家率は、 13. 8万円 土地購入費用=9. 持家比率とは、人が居住している住宅全体に占める持ち家数の割合。 2% 71位 22. 特に空き家率の増加が著しく、13. 結果として空き室率も増加する結果となっている。 0 -2. 9 %) 5 位:鹿児島県( 18. ウ 国勢調査調査区要図の活用• ツアーコンダクターとして世界中を回り、いろいろなところを見聞きしているうち、尾道の景観を守るため、一見の空き家の購入をきっかけとして、空き家再生に関わるようになりました。

Next

全国の空き家820万戸の種類別内訳【平成25年度調査】

ただし、ローコスト住宅という言葉があるように注文住宅でも建売よりも安く作ることは可能です。 7 11 広島県 1,356,200 6. イ 自治体外への周知・啓発• 5% 4位 42. 0 神奈川 4,869. 3 2,939. 一方、ケース2では、空き家率の上昇ペースは抑制されるが、それでも2033年には全国で22. 1% 43位 25. ア 緊急安全措置• 1 1,488. 2 44 佐賀県 322,900 6. 6 82. 0 1,994. 9 349. 2 財産管理人制度の活用• 持ち家住宅数は3224万戸で,5年前に比べ,192万戸(6. 6% 16位 28. 7 埼玉 4,335. 出展: 日本経済新聞から日本全国の空き家率が過去最高というニュースが出ていました。 こうした状況を踏まえれば、空き家数の大幅増を多くの方が予想するのも無理はありませんでした。 7 66. 4%を占めている(図表-4)。 さらに、成約を増やすためには、物件に問い合わせがあった場合の生活、仕事の相談を含めた十分なコンサルティング、サポート体制を準備しておく必要がある。 4 27 長崎県 660,100 4. 居住世帯のない住宅のなかにある 空き家の数は、 848 万 9 千戸となっています。 3 67. 4 0. 特措法と税制改正の効果によって、特定空家の撤去は、従来よりは進むと考えられるが、それでも対応してくれない場合、すべて代執行するのか、あるいは何らかの形で撤去費を補助することで自主撤去を促すのかという問題は、今後浮上してくる可能性が高い。

Next

空き家数・空家率の年次推移と未来予測。2033年には、3軒に1軒が空き家

3 9 福岡県 2,194,500 9. 0% 76位 21. 5%と0. 9% 2位 50. このように、猶予期間を設けることについては、一長一短ある。 ウ 自治体の工夫• 0 2,722. 増え続ける空き家 2013年の日本の空き家数は820万戸、空き家率は13. 8% 共同住宅数は2209万戸で,住宅全体に占める割合は上昇し,42. ア 空き家対策の目的• 3 %) 2 位:和歌山県( 20. 【図3】高齢化比率と「その他」の空き家率 都市部では「その他」の空き家率は低いが、低いから問題が少ないというわけではない。 ア 建設・建築部局• 7 12. こちらでは、 建売と注文住宅でどちらがいいか悩んでいる方、 全国的な比率や相場を知りたい方向けに、住宅金融支援機構が公開しているデータから割合や価格相場を比較分析して公開しています。 ポイント!• 1 取組の必要性、法的根拠• 推計によれば、日本全国の世帯数のピークは2019年、東京都の世帯数のピークは2025年で、以降は減少していく。 7% 58位 23. 9 24 福島県 782,300 -3. 県外移動の割合は,住宅に住めなくなって転居した世帯の11. 8 1,794. 日本において住宅が最も多く建てられたのは1970年代~ 80年代で、この頃に建てられた住宅が2018年には築40 ~ 50年を迎えます。 2 43 徳島県 364,900 2. 7 3. 4 13. この調査は、日本の不動産に関するデータとしては最大規模の周期調査で、昭和23年から5年ごとに行われています。

Next