河井 夫妻 スマホ。 河井夫妻が「カネで買収」の事実を認めようとしない本当の理由 「安倍首相の関与」を隠すためか

河井前法相夫妻の逮捕の決め手はスマホのGoogleマップ 「ガラケーでよかった」と自民党幹部

「安倍さんに打撃を与えるため、カネを配った疑いがある克行前法相の逮捕許諾請求まで視野に入れ進められてきた。 「河井容疑者夫妻から押収したリストから、現金のばらまき先を丹念の捜査。 河井容疑者夫妻のスマホの話を聞いて、急にガラケーに変えようとして携帯電話ショップに行った議員もいるよ。 この溝手氏は安倍晋三首相と馬が合わなかったことが知られている。 起訴状によると、克行議員は昨年3月下旬~8月1日、参院選で案里議員を当選させるために、地元議員ら100人に現金計約2900万円を供与。

Next

河井夫妻「議員辞職」に安倍首相がやきもきの訳

今回、検察がカネのばらまきの裏取りに大きな役割を果たしたのがスマートフォンのアプリGoogleマップだった。 今年6月、2人そろって公職選挙法違反の疑いで逮捕された。 「以上の顛末は、翌日になって夫妻が自民党幹部に訴え出た内容です。 スマートフォンの提出も求められて、検察に渡した。 県議も事情聴取の時、スマートフォンを任意提出した。 検察の取り調べが強引だったと主張している証人もいるようだが、録画・録音内容次第だ。 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた前法相の衆院議員河井克行被告(57)と、妻の参院議員案里被告(46)の初公判が25日、東京地裁(高橋康明裁判長)で行われ、夫婦ともに無罪を主張した。

Next

河井夫妻を追い詰めたIT捜査、デジタル鑑識でプライバシー丸裸に:日経ビジネス電子版

小川氏は今回のGPSを活用した捜査に注目。 手帳を見たら、確かに克行容疑者と一緒になったことがある日だった。 その1か月前まで論功行賞とばかりに、カネをばらまき、事後買収をしていたというから驚きだ。 河井夫妻の懐事情を検証すると、とても2570万円を配るだけの財力はない。 スマホ頼みの捜査だけでは難しい」 案里容疑者は週刊文春のインタビューで3月3日に東京のホテルにいるところを家宅捜索された際に<スマホが持っていかれていましたけどね>と語っている。

Next

自民広島県連、河井夫妻の大規模買収「許されない」

克行氏の法相就任は9月11日です。 その選択は誰が、どのような理由で推進したのか。 克行前法相と案里議員は地元県議ら94人に票の取りまとめを依頼するなどして合計約2570万円を配った公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された。 今回の件も、昨年4~5月のことですから、本来は3月末に政治資金収支報告書へ記載するつもりだったんじゃないでしょうか。 「近年スマートフォンが非常に便利になったことで得られるデータが捜査にも使えると判断したのでしょう。

Next

河井夫妻を追い詰めたIT捜査、デジタル鑑識でプライバシー丸裸に:日経ビジネス電子版

その決定前、昨年末の時点で、官邸は稲田さんに通例2年の任期を半年残して退くよう迫った。 2億円は政党助成金。 レガシー(政治的遺産)とも言える五輪を終え、21年には9月末に党総裁の任期を、10月には衆議院議員の任期を迎える中で、求心力を保ちつつ、政権の総仕上げへと移行していく腹づもりだったでしょう。 日本では個人情報のこともあって警察が簡単に使うことはできませんが、河井容疑者のケースのような重大な事件に対しては、いつ、誰と、どこでといった情報をつまびらかにするため、捜査に活用できる」と付け加えた。 もっとも、被告弁護人らも覚悟の上だろう。 克行容疑者が法相に就任したのは去年9月11日。 だが、Googleマップの履歴は残ったままで捜査には影響しなかった。

Next

「河井案里」捜査担当検事が自死していた 夫妻は“暴露”の切り札に…(デイリー新潮)

とはいえ、いきなり公訴棄却で公判が終わってしまうことはなさそうだ。 証人からすれば前言撤回しづらく、心理的に縛られていることになる。 政治不信が渦巻いている」と語った。 削除されていれば、捜査はもっと難航したかもしれません」(前出の捜査関係者) スマホが大きな明暗を分けたのだ。 自民党本部から各支部へのカネの流れは、基本的には政治資金のルートを予定していたはず。 政党助成金は国民の税金が原資です。 ガラケーでよかった、、、とお考えのお方は何処の何方か知りませんが安心して悪事に加担して下さい。

Next