吉永 小百合 映画。 吉永小百合の映画作品

吉永小百合の映画作品

(1963年、日活) - 横山真美 役 1977年、とでリメイクされる。 『』()• 2003年夏から秋にかけてはが繰り返された。 吉永が「監督は誰ですか」と聞いたため、「誰かご意向がありますか」と聞くと、吉永は「最近の映画を見て、さんはどうですか。 鏡の中の私/わたしの歩く道(1968年4月、SV-694)• 吉永は1980年にと共演した『』で、北海道の魅力に惹かれ『動乱』同様、北海道での長期に渡る撮影に意欲を見せた。 札幌の場合はそれまで駅前のシネコンではなく、駅ビルのシネコン、さらに雪の多いという立地もシネコンとしては画期的で 、東映会長は「あんなところ(北の拠点)にAMCに出られたら日本の映画会社は終わりだ」と大きな危機感を抱き 、東映が、松竹、東宝に話を持ち掛け 、三社のトップ会談が何度も行われ 、初めて邦画三社による共同経営の劇場建設が協議された。 新しい演出法に触れて、今までと少し違う私が出せれば…」と抱負を語った。

Next

吉永小百合

「サユリスト」を自認するは、同じく「サユリスト」として知られるを指して「あの人は一時、に走ったが、俺は小百合サマ一筋」と述べたことがある。 - (英語)• (平成17年) - では、からの中継で原爆詩を朗読した。 ちなみに(誕生日は吉永の翌日である)のファンは、「コマキスト」と呼ばれた。 なお、綾小路にとってはこれが実質的な俳優としてのデビュー作である。 1960年代には吉永のブロマイドが、あまりの売れ行きに店頭から姿を消すなど、爆発的に売り上げを伸ばした。 また、一番好きな路線は、であることも、告白している。

Next

吉永小百合の映画つまらないってホント?

制作統括:生田篤• 小百合の花詩集/春の乙女(1966年12月、SV-351)• (2019年) その他 [ ]• (1975年)• 以降、(平成元年)『つる -鶴-』・『』、(平成13年)『』、(平成18年)『』と、最優秀主演女優賞を計4度受賞 歴代1位 している。 サユリスト [ ]• (平成15年) - 平和記念資料館のナレーションや、同じくボランティアである原爆詩の朗読などの平和活動が評価され、「第15回」受賞。 (1980年、) - 溝口薫 役• 練習により勘を取り戻していった矢先、コーチが急死、それでもやめるわけにいかず撮影本番を迎えた吉永の乗馬姿は行定によれば背筋がピンと立った美しく本格的だった。 (1961年、日活) - 守田洋子 役• 友成洋平:• (1983年6月、NHK第1)• 渡辺はまだ大きな名声を得る前だった。 (1977年)• (平成22年) - に選出。 行定はまだ『』撮影前で 、吉永は行定の『』や『』に感心し 、新人女優になった気持ちで、『GO』の・さんになったつもりでやってみたい」と希望を伝えた。 (1967年 - 不明、文化放送)• (2008年、松竹) - 主演・野上佳代 役• 「虹の岬の喫茶店」という小説を2014年に「不思議な岬の物語」として映画化されました。

Next

吉永小百合

早坂暁」『』2005年12月30日/2006年1月6日号、、 48-52頁。 『』()の中で、であることも告白しており、「」のポスター・CMのイメージキャラクターも務めている。 優秀編集賞• を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 (昭和40年) - に全科目合格は出来ていなかったがに高卒と同等以上の学力があると認められ西洋史学専修に入学(俳優業多忙のため、精華学園女子高校は中退していた)。 若い二人の心斎橋/いとはん可愛いや(1964年10月25日、SV-138)- 三田明とデュエット。 (1962年、日活) - 主演・岩淵とみ子 役• (1961年、日活) - 久美 役• 当時建設準備中の札幌駅JRタワーに外資系シネコン・進出の打診が坂本にあったためで 、坂本から「日本の企業一社に受け請って貰うのは心配だ」と言われたため、岡田は「日本でも大丈夫です。

Next

吉永小百合

とともに劇に出ない女優として知られており 、舞台未経験 である。 13年経って、今度はロケという形で来て頂けることになり夢のようだ」と話した。 ロケの拠点を中田夕張市長やから夕張を舞台にしてもらえないかと要望もあり 、本来の舞台はであるが 、ロケの拠点を夕張に置くのは問題ないため、メインのオープンセットは2003年11月から 、夕張市鹿島の2の広大な土地に本建築で屋敷や、、、、開拓移民小屋などのオープンセットを建設した。 「【公開記念特集】 映画女優吉永小百合 120本目の出演映画『北の桜守』 東映映画で振り返る無尽蔵な魅力を秘めて 文・石井加奈」『東映キネマ旬報 2018年冬号 vol. 第9回:• でもいいから出させてくれ」と岡田に電話があった。 (1983年、東宝) - 蒔岡雪子 役• (1974年、松竹大船) - 歌子 役• 旧姓、吉永。 デビュー時代以外はには縁の無い印象であるが、映画出演の減り始めた時期に、「」やにも出演している。

Next

吉永小百合

2019年8月23日閲覧。 (1962年、日活) - 田島ユキ 役• 若手と一回やってみたい」と言った。 (1962年、日活) - 永井紀子 役• ロケ前半は連日の猛吹雪で撮影に難航。 (1961年、日活) - 小牧洋子 役• と大賞受賞曲「」を歌唱。 (1960年) - 主演・靖代 役• 美術:• 東映の大作としてはかなり若いスタッフが編成された。

Next

吉永小百合の映画作品

(日本テレビ)• 主要銀行が潰れるなど暗い雰囲気の北海道を元気にするような、それは北海道財界人の使命でもあります」などと頼み 、「それならいいでしょう。 。 戦後60年特別企画「ヒロシマ」(2005年8月5日、TBS) - 朗読• (1964年4月 - 1965年1月、ニッポン放送)• (1961年、日活) - 浅田ゆみ子 役• 「サユリスト」を自認する者は邦画ファンや一般大衆はもとより、芸能人や著名人にも幅広く存在している。 の小松原家での撮影は1日 、2004年2月25日から北海道ロケが1ケ月。 坂道のクラブ/真夜中のあなた(1968年6月、SV-709)• (2015年、松竹) - 主演・福原伸子 役• 「がんばろう日本」(5月 - 7月)、復興推進キャンペーン• そこで岡田が行定に引き受けてもらえるかと頼むと、行定は「私が吉永さんを本当に撮らせてもらえるんですか。 (1975年、) - 伊吹タエ 役• また、吉永も綾小路のファンであり、吉永の主演映画『』では、吉永の希望によって綾小路に出演依頼を行い、綾小路は「サユリストの1人として是非」と快諾。 (1966年、日活) - 主演・滝村ゆり子 役• 高岡:• 4月25日、帰国。

Next