ノストラダムス の 大 予言 コロナ。 【完全的中】新型コロナを言い当てた3人の予言者たち|気になる今後についても語っていた!

コロナ流行はノストラダムスの大予言?陰謀?感染源やルートは?|マシュとマロのふたりごと

享年63歳でした。 まあ、ノストラダムスの予言は解釈をすること自体が面白さの1つ。 下記記事では、そのような内容をまとめて紹介しています。 記事は共同通信社の配信とみられ、世界保健機関(WHO)が地球温暖化の健康被害を予測する報告書をまとめたというもの。 そもそもこの文章がネットで話題になりはじめたのは、WHOによる新型コロナウィルス・パンデミック宣言よりもおよそ1か月前、今年、2020年の2月中旬あたりだった。 、、 etc. こんな時だからこそ、寂しい方はお電話をお掛け下さい。 これは1929年に起きた世界恐慌や、記憶に新しい2008年のリーマン・ショックを指しているのではないかといわれています。

Next

『マツコの知らない世界・予言ビジネスの世界』感想・放送内容【マヤ予言・ノストラダムスの大予言】

それは肺や気管支を傷めつけるもので、既知の治療法が通用しない。 そのシルビア・ブラウンが2008年に出版した「エンド・オブ・デイズ」という本の中で、こんなことを書いているんです。 今でこそ「そんなアホな」と笑い飛ばせる内容なのですが、当時の一部の人たちは本気で恐れていたんですよね…。 1999年7の月に人類が滅亡するという解釈を掲載したことにより、オイルショックや公害問題などで将来に対する不安を抱えていた当時の日本でベストセラーとなりました。 それが今の私です。 多分、その方はこれからの人生は大変になるでしょう。

Next

20年前以上に新型コロナを予言していた“バルカン半島のノストラダムス”

そうです、人類滅亡とはこの連想ゲームのような強引な解釈だったのです。 これを受けて予言が外れたというならばそれで良いのだが、 オリンピックが東京に決定してもなお、「2020年のオリンピックが気掛かりなのです」とブログに書いていました。 でありながらも、様々な意見や予言、予知を参考にすることも、時に重要かもしれませんね。 日本語訳(山根和郎氏訳) 海辺の都市の大疫病は 死の復讐が遂げられるまで熄まない 無実の罪をきせられた正義の血で 至高の貴婦人は見せかけに辱しめられる 引用: ペストはコロナウイルスを指している? 見ていただいたのが、実際にフランス語で書かれた『百詩篇集』原文と、英訳、日本語訳となります。 未来人が残したといわれる予言については関連記事にまとめています。 後はサプリメントとか?健康食品。 この本では、ノストラダムスが未来を先取りした医術でペストを鎮めたことや、その予知能力を買われてフランス国王アンリ2世の顧問となったこと、その顧問を辞めたあとに予言詩集『諸世紀』を著したことがまず紹介されている。

Next

東京コロナ感染ノストラダムスの大予言の誤差?

以上の現象のすべてが、予言通りの現象だとすれば、1999年7月から20年以上もかかる時間と膨大な犠牲者が出た予言だったのかも知れませんね。 病気自体についてもわからないことが多いが、不思議なのは、発生と同じくらいの速さで消え去ってしまうことだ。 大胆で 厚顔無恥の大弁士が 軍の親玉に選ばれるだろう 論争の大胆不敵 橋が壊され、都市は恐怖で卒倒する 引用: 厚顔無恥な大弁士であり軍の親玉。 これは極端な例であるにせよ、「恐怖の大王」に「別のもの」を対置するという解釈は五島による特殊な解釈であって、日本以外では一般的とは言いがたいものである。 この予言だと、混乱は「天番龍蛇年(龍年と蛇年)」つまり次の辰年と巳年の2024年と2025年まで続くとされる。

Next

コロナウイルスの未来人2062の予言!東京オリンピックは開催?

そんな中、研究者たちの努力によって2017年以降に起こるとされたいくつかの予言が明らかになっています。 彼の書いたものに、以下のような予言が見つかったというのです。 688。 「日本におけるノストラダムス受容史」『ユリイカ』第31巻第2号、青土社、1999年2月、 pp. アンゴルモアの大王=モンゴルの大王 アナグラム =ジンギス・カン ここまでの解釈は良いのですが、ここからがこじつけとなります。 ベンヌは現在凄まじい速度で地球に接近していることがわかっており、2169年~2199年のあいだに8回も地球に衝突する可能性があることがわかっています。 一世を風靡したノストラダムスの予言も真実ではなかったと周知されるようになります。

Next

2062年から来た未来人は新型コロナウイルスや東京オリンピックを予言していた?

ちなみに、日本で有名な「恐怖の大王」は第10巻72番です。 11テロ事件がノストラダムスの予言だったのでしょうと、作者の五島勉さんが後日おっしゃっていました。 『ウィキペディア(Wikipedia)』 1999年7の月 空から恐怖の大王が降ってくる アンゴルモアの大王を復活させるために その前後の期間 マルスは幸福の名のもとに 支配に乗り出すだろう ノストラダムス 1973年といえば、私が小学校6年生。 彼女の能力は多くの人が認めていて、事件の捜査のためにFBIや警察から何度か協力を求められています。 この作品の中になんと「武漢400」というウイルスが出てくるんです。

Next