コロナ バブル と は。 「コロナバブル到来です!」は、不謹慎ですか!?

コロナ2波で「株・ドル暴落、金暴騰」は起きるか

不動産ジャーナリストの榊淳司氏が今後を占う。 局地バブルの永続を夢見て高値で販売を始めたものの、計画通りに進まずに困惑していたところにこの騒ぎ。 コロナショックによる大暴落が始まった! 澤上 はっきりしているのは、もはや金融緩和政策の限界は超えているということだよ。 それこそ、我々、長期投資家のよって立つところだ。 たとえば、主要国のGDPは同4-6月期、年率換算で次のようになる。 いずれにしても、新型コロナのワクチン開発や治療薬の完成がある程度見えてきたとき、コロナバブルが転換局面に入ってくる事は間違いない。 それまで「低迷」と言ってよかった東京湾岸エリアのマンション市場は、これをきっかけとして一気に活気づいた。

Next

コロナショックで「中央銀行バブルの崩壊」が始まった

実は原油価格の暴落が引き金でした。 何が起きても不思議ではない時代になります。 それとも新型コロナを契機に世界のビジネスに変化がもたらされ、経済に変革がおこるのではないか……。 チャートを見て分かる通り、その後は振るっていない。 今後、みんなが『二番底』を想定し、それに備えているなら、それはブラックスワン的状況とは程遠いので、 少なくとも3月のような波乱の展開にはなるまい。 私個人としては、今後、より一層流れ込む気がします。 Contents• さらに金融工学はとんでもないいたずらをしている。

Next

コロナ・ショック発のバブル崩壊、いま何合目?長期投資家はどうすれば?

経済成長によって債務を返すのは難しい。 競技会場が集中する江東区有明エリアで販売中の「シティタワーズ東京ベイ」も、4月9日時点で全1539戸のうち「396戸」が販売中となっている。 外国では規制(外出したら日本円で5万円~20万円程度の罰金)を設け、ドローンで国民を監視する国もありました。 当ウェブサイトで提供しているマーケット情報は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。 そう考えると、 特に新興市場は戻しすぎ感が強いため、調整が入る可能性が高いと判断します。

Next

コロナ2波で「株・ドル暴落、金暴騰」は起きるか

その後、パウエル議長は、国際経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)の講演にオンラインで臨んだのだが、その際、政策を解釈していたのも珍しかった。 問題はそれがいつになるかと言うことだ。 早すぎる株価の回復 米国の株価はそもそも2月時点で 史上最高値を更新していました。 従来、FRBの主要任務は、完全雇用と物価安定に努めることだったが、今回のFOMCで、政策金利の判断の目安としてきた物価上昇率を改め、 「平均して穏やかに、2%を上回る水準まで上昇することを許容する」と明記したことが、市場関係者を驚かせた。 そのことの可否について議論がもっと盛り上っていいのではないかと考えます。

Next

銀行株暴騰はバブル相場の終わりの始まり

数値が高ければ高いほど割高と判断する指標です。 簡単に言うと、中央銀行が市場操作で金利を下げると、株価は上がる。 とりわけ米国のナスダック市場はコロナ前の最高値を軽々と超えて、史上最高値を連日更新するなど、活況を呈している。 虎視眈々と「バブルPart1」が夏場(?)に幾度か調整するのを待って、その時にザックリ買い増すのも良しかもです。 下落シナリオ 日経平均株価が下落するとしたら、次のようなシナリオが考えられます。 むしろバブルはこれから起きると考えたほうがいいのではないか。

Next

「コロナ後」の日本株、じつは「壮大なバブル相場」が来るかもしれない…!(広木 隆,マネクリ)

この理由はかんたんです。 ここまではまあ、良い意味の株価上昇だが、昨今米国で起きていたのは、別の株高。 先に簡単ではありますが、結論を述べますと ・海外の状況は依然不透明で破綻する企業も多く出ている ・決算の状況は決して良かった訳ではなく多くの企業がガイダンスを非開示とする事で、状況が表に出ていないだけ ・マザーズが先行して戻しすぎ ・海外からの旅行客が当面望めない状況で、国内だけで需要を喚起するにも限界がある 以上の理由から、ここから上を望むには厳しく入ってもせいぜい「ショートカバー」の買い位じゃないかなと。 回復するとしたら、それは一体いつなのか すべてのアナリストが大不況の到来を確実視する中、 「経済の千里眼」「先読みの達人」とも言われる菅下清廣は、 「今こそ、お金持ちになる、10年に一度の大チャンス到来」 と断言する。 こうしてよこしまな経営者は、いろんな人からの出資でたやすく借金ができ、それで自社株を買う。 あの出来事以降、人々のタワマンに対する目は厳しくなっていた。

Next

「コロナ後」の日本株、じつは「壮大なバブル相場」が来るかもしれない…!(広木 隆,マネクリ)

最近はレイ・ダリオ氏の興味深いブログ投稿に時間をかけていたが、相場の方も面白い動きになっているので一度振り返ってみよう。 GDP成長率の落ち込みは、日本だけではなく世界中が歴史的な落ち込みになっている。 未曾有の金融緩和による、コロナバブルの出現? こんにちは。 ITバブルとコロナバブルの共通点 ITバブルは2000年頃にピークを迎えた ナスダック市場を中心としたバブルで、 米国でIT企業、ネット企業の株価が暴騰し、 日本でも同様のバブルが発生しました。 そこで、コロナバブルがいつまで続くのか、現状を整理しつつ予想していきます。 笑 バブルを抑制する最強のカード コロナショック後の金融緩和相場が どこまで バブル化するかは分かりませんが、 日本の場合、バブルの買いで失敗したら 株価は永遠に戻らない 笑 くらいの覚悟が必要ですね。

Next

コロナ後の「バブル相場」に乗るために、今から必要な3つの心構え

FRB (米連邦準備制度理事会)が、臨時のFOMC (米連邦公開市場委員会)を開き、サプライズを演出した上で、 新たな金融政策に関する指針を示したのだ。 証券アナリスト業務に従事した後、1978年にエフ・エム・アール・コープ東京事務所(フィデリティ投信の前身)に転職し、資産運用・企業調査業務に従事、長くファンドマネジャーを務める。 日経平均は17,000円を割り込み、全面安の展開に。 一部には「コロナ暴落」どころか「コロナ・バブル」との指摘もあるがいったい、どうなのか? 6月18日に新刊『金融のプロが教えるコロナ暴落後の必勝投資術』を上梓する金融アナリストの永野良佑氏に話を訊いた。 8%〜4. さて、前回は「」でも書きましたが、 中国の全人代付近までは株価が底堅い予想でしたが、それも終了しますし、そろそろ反転する可能性が高いかなと予想します。

Next