中国 細菌 兵器 コロナ。 「コロナ問題で中国はWHOに武漢の研究所を調査させるべき」大川総裁が仙台市で法話「光を選び取れ」

【コロナ兵器】「日本はすでに手遅れ」生物兵器の世界的権威が緊急来日して断じる 「武漢で実験中のウイルスが不手際で漏出」

それが開発中の生物兵器かどうかにかかわらず、新型コロナウイルスが武漢ウイルス研究所から流出したことを疑う理由はほとんどない。 論文を批判した者たちは、HIVが挿入されたと仮定しても、新型コロナウイルスにはヒト免疫系を傷つけることはできないと主張した。 まだ、可能性の話ですが、 映画のバイオハザードが起きた可能性もある。 。 当該研究論文は中国馬蹄コウモリで見つかったSARSに似たコロナウイルスの一種(SHC014-CoV)が疾病を引き起こす可能性に関するもので、研究者はSARSの遺伝子をリバースジェネティクス(逆遺伝学)の手法を活用して一種のキメラ・ウイルスを生成ならびに同定した。 生物兵器として人工的に開発されたものである可能性はほとんどない。

Next

武漢病毒研究所がコロナウイルスの感染源?米紙「生物兵器を漏らした」可能性を指摘

それと共に、「 遺伝子操作により、ウイルスの免疫性を改変する」ということもおこなっていたことが、武漢ウイルス学研究所のウェブサイトから伺えます。 」 「今後数十年の間に1000万人以上の人がなくなるような大災害が起きるとしたら、それは戦争ではなく感染性の高いウイルスである。 中国内でも「施設の実験用動物の管理はずさん」と批判されている。 COBRAの2020年1月29日の記事「End Time Madness」で紹介された記事「Coronavirus Bioweapon — How China Stole Coronavirus From Canada And Weaponized It」を翻訳しました。 同時にロシア、北朝鮮でも初期対応が厳密だったことに着目しており、「いずれも生物・化学兵器研究に力を入れてきた実績から、防御意識も高い」と指摘した。

Next

新型ウイルスは中国の生物兵器?専門家が語る説の可能性

こうした世界史的な視座から、日本軍についても捉えていくべきであろう。 」 ジョージタウン大学神経学教授で米特殊作戦司令部生物戦担当上級研究員であるジェームズ・ジョルダーノ氏は、中国の生物科学への投資額が急増していることや、遺伝子改変などの先端技術に対する倫理観が緩いこと、中国では政府と学界が統合されていることもあり、中国ではこうしたウイルス兵器化をしている恐れが高まっていることを指摘した。 同実験室は2015年に建設が開始され、2017年に完成した毒性の強いウイルスの研究機関で、エボラ出血熱やニパウイルス感染症などのウイルスの研究にあたってきたという。 さらに、この恐怖を煽るかのように「新型コロナウイルスは中国の生物兵器が流出したものだ」という陰謀論がまことしやかに囁かれている。 執筆者の中で、葛行義は偽型実験を担当し、石正麗はSHC014の棘突起タンパク質のDNA配列とプラスミドを提供している。

Next

新型コロナウイルス「生物兵器論」は本当なのか

彼らにすれば、習近平政権を倒し、中国を分裂させて、その中で彼らが権勢を発揮する余地を狙っています。 ただ、このお二人の専門家は、2017年にイギリスの「ネイチャー」の記事の中で、「中国の管理体制はあやふやなので、いずれ中国の実験室からウイルスが流出する事故が起きるだろう」と懸念している側だったのです。 そう考えると、同じ米国でも、トランプ政権を煙たく見ている勢力、つまり軍産系、ネオコン系の仕掛け、という可能性が考えられます。 — ゴンダイモモ gondaimomo 台湾大公共衛生学院の方啓泰教授は 22日 新型コロナウイルス について、 学術的に人工的に作られた可能性が高いとの見方を示しました。 また一説には、新型コロナウイルスは中国の工作員が、カナダの研究所から持ち出したものであり、アメリカ・中国間の密かな細菌戦争に起因しているという説もありますし、 中国のアメリカに対する長期的軍事戦略で細菌兵器が使われるという説もあるようです。

Next

新型肺炎コロナウイルスは中国ウイルス兵器の可能性。

可能性が高くなった• 彼女はまた「私があなたに言えるのは、私たちが合法的にルールにのっとって実験活動を行ってきたということです」と述べた。 Q熱リケッチア、ブルセラ菌、ベネズエラ・ウマ脳炎ウイルス、コレラ菌、サルモネラ菌、赤痢菌など さらに、病原体の入手や運用が容易な「カテゴリーC(第三優先度)」には、ニパ・ウイルスやハンタ・ウイルスなどが含まれる。 これは現在世界に拡大しているコロナウイルスとよく似ている。 その後、香港、北京などから世界中へ拡大して行ったのです。 これらの任務と並行して進められていたのが、細菌戦などを意識した生物兵器に関する研究であった。

Next

武漢肺炎「元凶は中国がカナダから盗んだコロナウイルス」説を追う(北村 豊)

神の領域超える事事態考えては、成らない 聖書に出て来る、バビルの塔神話に、戻るつもりか? 私自身は、仏教徒。 2016年に発生した熊本地震でも、多くの人が不安と混乱に陥る情報が流れました。 新型コロナウイルスは現在、世界的に大流行している。 それに伴い、ネット上では新型コロナが中国で作られた細菌兵器であり、偶然漏れだしたものだという噂が出回りだしたのだ。 レポートによれば、このセンターは 動物実験を目的に、 湖北省で155匹、 浙江省で450匹のコウモリを捕獲していたそうです。

Next

武漢肺炎「元凶は中国がカナダから盗んだコロナウイルス」説を追う(北村 豊)

疑惑を断定していない。 現在は複数の日本人に感染が確認されており「日本人には抗体があるからコロナウイルスに感染しない」というのは科学的には正しくないようです。 ガーツ氏は、 「ウイルスに襲われた武漢には中国の生物戦争計画に関わる2つの実験所がある」と指摘し、武漢市で発生した新型ウイルスの肺炎が同市内に存在する「武漢国家生物安全実験室」から漏れたウイルスが原因である可能性がある、と記していた。 また、毒性は低いが「適度な」感染で標的をしぼりやすい「カテゴリーB(第二優先度)」には、以下がリストアップされている。 この噂が広まったことには、いくつかの理由がありました。 従って、トランプ陣営が仕掛けるとは考えにくい面があります。 だから、今回の新型コロナウイルスがそうした生物兵器研究計画のなかで生み出された可能性は否定できないというわけだ。

Next