1 兆 ドル コーチ シリコン バレー の レジェンド ビル キャンベル の 成功 の 教え。 1兆ドルコーチ

1兆ドルコーチ――シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え

自分の保身や欲望を満たすためではなく、社員、部下のことを最優先に考え続けることこそが、リーダーとしての資質なのだそう。 2を満たすのは女性が多い ・勝利の人間性、個人としてではなく、チームとして誰の手柄になるか気にしなければ、とてつもないことを成し遂げられる。 ・リーダーが最初から答えを知っている 思い込みも含めて 場合でも、答えを言うだけでは力を合わせるチャンスをチームから奪う。 近況報告をする目的は 1.チームメイトがお互いを知りあえる環境を作るため 2.チームメイトが楽しんでミーティングに参加できるようにするため その他のCEOのミーティングでも、ビル・キャンベルさんは、相手の家族や週末について尋ねたあと、自分の話をしてから本題に入りました。 スタートアップだったGoogleを時価総額数千億ドルの企業にするのを助けた。 明確な倫理観を持ち、優しさと厳しさを兼ね備えた人。

Next

1兆ドルコーチ―――シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え(エリック・シュミット) : ダイヤモンド社

彼らが成功を望んでいることを理解し、 必ず成功できると信じることだ。 ありのままの自分をさらけ出す 人はありのままの自分でいられるとき、全人格をかけて仕事をするとき、最も良い仕事ができる。 具体的にどんな教えか とはいえ、「愛」だけだと私も読んだことをだいぶ忘れちゃうので、一応、ポイントだけは書いておきます。 ビルが類まれな人物になることができたのは、その特殊な経歴も一役買っていると思います。 毎週のスタッフミーティングではスタッフの週末の過ごし方、家族の近況を聞いてから本題に入る。

Next

【書評】1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え|Toki@ビシネス書の要約|note

ミヒャエルエンデの「モモ」のお話のなかでも、時間泥棒に時間を盗まれた大人がキリキリになって、生きる楽しさを忘れちゃった感じになってましたけど、今の我らってまさにそうなってるよな、と思うんです。 すぐれたマネジャーは彼らが実力を発揮し、 成長できるよう手助けをする「敬意」とは、 一人ひとりのキャリア目標を理解し、 彼らの選択を尊重することだ。 疲れ果てたダンさんは、心の中で辞任を考え始めました。 実際のところコーチングが機能するかどうかは、コーチよりも本人の謙虚さが影響する。 ビルが求めたコーチャブルな資質とは、「正直さ」と「謙虚さ」、「あきらめず努力を厭わない姿勢」、「つねに学ぼうとする意欲」である。 抜き差しならぬ厳しい競争環境だと思われるシリコンバレーで、こんな温かみのある人がいたことに驚いたと共に、だから上手くいったのかという納得もした。 過去にビル・キャンベルさんは、ご自身のCEOの経験の中で、GOコーポレーションを廃業するという決断をしています。

Next

要約メモ|1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え

ほとんどの企業では優れたコーチを持つことは難しいが、チームのマネージャーがその任に相応しい。 自分の判断に自信を持たせる。 自分自身、そこまで細やかに、そして冷静にマネジメントするのなんてかなり骨が折れるような気がするので・・・・ なので、チームのメンバーの1人である僕がチーム・マネジメントの事をしっかりと考慮して、上司がマネジメントし易いチームを部下が作るようにしてみてはどうだろうかと思いました。 そのためには『自分のため』ではなく『チームのため』にという意識を持つことも大切なのだろう。 マネジャーは「支援」「敬意」「信頼」を通じて、優秀な人材が持てるエネルギーを解放し、増幅できる環境を生み出す。

Next

要約メモ|1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え

度がすぎるとホントに迷惑だし。 たとえばビルはジョナサンの事務スタッフのチャデという若い女性と知り合い、ジョナサンがごくまれにビルをオフィスの外で待たせたときに、二人でおしゃべりをしていた。 3年生の時キャプテンに選ばれ、コロンビア大学史上ただ一度のアイビーリーグ優勝に導く。 チームの話をするとき、よく語られるのが、ダニエルキムの「成功循環モデル」です。 逆に、職場にそうしたコミュニティが欠落していることは、仕事での燃え尽きの主な要因になる。

Next

1兆ドルコーチ―――シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え(エリック・シュミット) : ダイヤモンド社

ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン、エリックがスタートアップだったグーグル 現アルファベット を時価総額数千億ドルの企業にするのを助けた。 参考になれば幸いです。 しかし、彼はビルの人間味溢れるコーチングによって、すぐに考え方を変えます。 同僚のことを気にかけているだろうに、職場では無害化した感情だけしか持ち込まないことが多い。 毎年の地元でのの観戦コミュニティ• 本書の中で随所に感じられるのは、規律の中で効率性を追い求めるやり方とネットワークを基盤とした創造性を高めるやりかたのトレードオフとどう向き合うのかという点だ。 「もっと部下のことを知らなくては!」とビルは諭した。

Next