13 機 兵 防衛 圏 考察。 【ネタバレ全開】十三機兵防衛圏 考察:冬坂五百里:三野かなたの気ままなブロマガ

十三機兵防衛圏・感想&考察

勿論、たまたま描写がなかっただけの可能性もありますが、兎美が何を、どこまで知っているのかについては気にかかります。 あとはどっこいどっこいです。 注目すべきは『連戦(SERIES BATTLE)』という項目。 十三機兵において焼きそばパンは大事なキーワードなのでぜひ覚えておいてください。 井田が2188東雲博士に何をしたのかわからないが、奴がいなくとも結局他の何かに絶望して同じルートを辿る気がしてならない。 また、パイロットがレベルアップすることでスキルを習得できます。 たとえ、本人が「私は1985年の女子高生よ」と自認していても、記憶をいじられている可能性が常につきまとう以上、何とも言えません。

Next

『十三機兵防衛圏』レビュー。ヴァニラウェアらしいグラフィックが13人の謎を包み込む、二度と体験できない壮大な物語

そう言えば、崩壊編の第4エリアはまだすべてクリアしていないので、それが原因かもしれませんね。 満遍なくプレイさせるおかげでプレイヤーの理解度を一定以上に保つ役目がすばらしい。 デコイなどを配置すれば簡単に注意を引くことができるため、それほど頭を使わなくても対処が可能だ。 少しずつ謎が解けていく感じがたまらないんです。 その点をご了承ください。

Next

【十三機兵防衛圏】崩壊編(バトル)攻略のコツ・簡単にSランクでクリアする方法など

【崩壊編】怪獣の出現直後を 確認して危険度評価を忘れずに 怪獣の大半は、戦場のどこに現れるか、あらかじめ出現地点が表示されます(空から落ちてきます)。 仮に複数のコピー体がそれぞれの年代に即して、あるいは機兵に乗る人物たちの年代に合わせてつくられているのであれば、彼女がコピー体として記憶を封じられた状態でいるのは納得がいきますし、変な夢の内容も実はコピー体だから見る夢である可能性もあります。 (ネタバレがっつりいきます)・鞍部十郎:クラスメイトで、自分の前の席。 機兵や怪獣のモデルをアイコン化した戦術モニタのようなゲーム画面は一見地味だが、大量のエフェクトや世界観にマッチしたUIは最高にかっこいい。 井田は如月・玉緒・慶太郎の3名をAIとして復活させます。

Next

東雲諒子のストーリーを追ってみた!【十三機兵防衛圏】

実に良し。 巻き巻きでやっても間に合うかの? ということで、 冬坂五百里です。 それでも動機は森村(先生)への恋慕だったのに森村(博士)という仇を目の前にしても合理的に行動できる辺りが(博士)との差異であり、彼女が気に食わないが気に入る点でもあるのだろう。 後に、学校は休職扱い ざっと纏めるとこんな感じですが、かなり多くの登場をしています。 グラフィック PS4作品で3Dで配置してれば大概綺麗なのだが、この作品は背景を眺めているだけでも美しいなぁと溜息をつきたくなる場面が多かった。 タイムトラベル、記憶と人格、アンドロイド、宇宙移民、AI……。

Next

【評価・レビュー】十三機兵防衛圏はゲーム史に残る神ゲーか?良い点・悪い点を解説

現実世界は? 現実の地球は2188年に滅亡してます、もうありません。 選択肢も基本的にはプレイヤーは「作り手によって選ばれた選択肢」を選ばされるという流れになる。 2ビュー• 井田鉄也に全てを託して消滅。 で地上に落とすことは可能 第二世代機兵……【万能型】 ・近距離から中距離まで多彩な兵装を備える万能タイプ ・動きは鈍重だが、そのぶん装甲が厚く、盾役もこなせる ・随所で活躍できる、ガーディアンなどの補助兵装も呼び出せる 第三世代機兵……【長距離型】 ・長射程の兵装を多数備える遠距離タイプ ・高火力かつ広範囲の攻撃が可能 ・射程が長いぶん、怪獣に接近されると弱い 第四世代機兵……【飛行支援型】 ・空中飛行が可能な最新鋭の機兵 ・機動力に優れるがそのぶん装甲は薄い ・一部の機兵は味方機の修復も行える 編成に迷ったときは、各世代を最低一機ずつ入れるようにすれば、どんな状況にも対応できるでしょう。 むしろ、同じように作るのはヴァニラウェアでも無理かも? そんな唯一無二のバランス感で出来上がった名作、十三機兵防衛圏。 ストーリーは良かったと言える作品です。 例えば、私は以下の要素をゲームクリア後に知りました 笑• 総評 基本的に昨今はスチームセールで安価となったゲームをプレイすることが増えていた筆者にとって、8000円オーバーは高いなぁという印象と体験版戦闘パートで「これ本当に大丈夫?」感もあり、もはや外れても良いかと勢いで買った本作がここまでアタリだったことは幸運であったといえるだろう。

Next

十三機兵防衛圏をクリアした感想(ネタバレ)|Splatoonブキ研究所|note

五百里は、物語を進めるとわかりますが、登場人物と色々な関係性を持っています。 評価まとめ 56点 どの主人公も中盤までは謎が増えるシナリオですが、綺麗にまとめており大変面白かったです。 近年はライフイズストレンジやみたいなシステム・シナリオともに凝った傑作ADVが海外から発売されたので、そろそろ和ゲーでもなんか面白いやつやりたいなぁと思っていたところにこうした丁寧な造りのゲームがドカンと出るのはありがたいっすよね。 ちなみに体験版では、寝不足のせいで休憩時間に保健室で仮眠をしているようです。 十郎が転送された先は、 恵編、 2024年10月のさつき池公園。 機兵パイロットは連続搭乗すると「脳過負荷」により出撃不可能になるため、怪獣の出現傾向を参考に適切な編成を組んでいく必要がある。 この時の東雲諒子の気持ちは「鷹宮由貴を助けよう」じゃなくて「なんで私を連れて行かなかったの?」っていうのがあったと思います。

Next

『十三機兵防衛圏(じゅうさんきへいぼうえいけん)』|評価 感想 レビューまとめ

「編」で物語を味わい、「崩壊編」で戦いに身を投じ、「究明編」で物語の深層に触れる…。 本作が実現した「断片的なストーリーテリング」はプレイヤーに物語を主体的に解釈することを求める。 中盤過ぎまでは謎が増え続けるが最後にはきちんと話をたたむ。 ここまでの文章だけ見ると、一見単調なように思えます。 ロボットアニメを体感できる爽快なバトル• 加えて時代背景もバラバラですし、同じ主人公でも回想が入ることが多いので 時系列がメチャクチャになるんですよね。 要するに、上手い具合にメンバーを交代して戦いに挑まなければならないんですよね。

Next