転生 したら 15 歳 の 王妃 で した。 転生したら15歳の王妃でした 〜元社畜の私が、年下の国王陛下に迫られています!?〜【電子特典付き】

【楽天市場】角川書店 転生したら15歳の王妃でした 元社畜の私が、年下の国王陛下に迫られています!? /KADOKAWA/斧名田マニマニ

さすがにこのままではまずいと思い、慌てて体を動かして向かい合う体制になると、ナツの両頬を小さな手で包んでルーシィの方へと向かせた。 脳裏の浮かんだ彼女は、嬉しそうに…そして美しく微笑んだ気がした。 瞳の色は桃色。 しかし、それは出来ない。 ルシーナが国外追放されて、この国を去ったあの日。 教師という立場で、ヒロインの悩みを聞いたり、優しく指導したりと、徐々にヒロインとの距離を縮めていく。 王妃様も顔面蒼白で、今にも泣き出してしまいそうだ。

Next

【WEB版】転生したら15歳の王妃でした 〜聖女のチートなんて興味がないし、気ままにおいしいごはんを作ります~

・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• だが一人だけ、ルシーナの婚約者であるハルトナイツだけは違う。 今は八歳。 ルシーナにとっては大好きで大切な姉で、ルーシィにとっては大好きで大切な親友。 母親は五歳の時に他界。 甘えも、弱みも、情も、悲しみも、怒りさえも、全てを胸の奥に隠して立っていなければならないから。 クスクスと笑いながら、ロビンとゆったりとお茶を楽しんでいると、突然周りから歓声が湧き上がる。

Next

転生したら15歳の王妃でした 〜元社畜の私が、年下の国王陛下に迫られています!?〜【電子特典付き】

ヒロインの攻略対象者。 きっとルシーナのことだから嬉しさを隠して、でも顔を真っ赤にしてる筈だ。 ・ グラウン・イージス ルシーナ達が通う学園の教師で、ヒロインの攻略対象。 だが、今のあたしは見た目は八歳でも精神年齢は十八歳なのだ。 本・雑誌・コミックジャンル• 髪の色は亜麻色。 育ての親であり、姉のような存在だ。 あたしの目的は、ハルトナイツの婚約者候補から外れることなのだから。

Next

#1 悪役令嬢に転生したら、ヤンデレ化した王子様に溺愛されてます

「嬉しい…」 「ルーシィ?」 「また、ナツに会えた…」 「はは!俺もすげぇー嬉しいぞ!」 「きゃっ」 いきなりひょいっと抱き上げられて、驚いたようにハルトナイツを見下ろせば、目を細めて笑うナツがいる。 大丈夫な方は暇つぶしにでもどうぞ!• ナツから滲み出た黒いオーラに、周りの人達は顔を青ざめ、がくがくと震えだす。 「……ええっと」 落ち着け。 貴女の笑顔がいつだってあたしを癒やしてくれるんだから」 「ルシーナ様…」 「だから笑って?」 小さな手を伸ばしてロビンの頬を撫でながら微笑めば、白い肌がほんのりと赤く染まる。 【原作小説あらすじ】 佐伯えみ享年28。 ただの伯爵令嬢に満たない娘など、王家になんの利益もーー…」 「……………うるせぇな」 ぞくりっと背筋が凍る。

Next

転生したら15歳の王妃でした ~元社畜の私が、年下の国王陛下に迫られています!?~【電子特典付き】

「どうしたの?」 「あの……王太子殿下とは……その……」 言い難そうに口籠るロビンに、ルーシィは何が言いたいのか理解した。 でも、あたしにとってお父様は遠い親戚で、家族はあの屋敷にいるみんなだもの」 「…ルシーナ様」 「ロビンはあたしの保護者なんでしょ?なら、今日ぐらい可愛い妹のお願い聞いてくれる?」 ロビンを困らせているのは分かってる。 実際ルシーナがいなければヒロインが恋心に気付かず、相手と距離を縮めることもない。 登場人物設定 ・ 前世はルーシィ・ハートフィリア。 カタログ・フリーペーパー• 隣にいるロビンもあまりタイプではないのか特に反応もなく優雅にお茶を飲んでいた。

Next

【WEB版】転生したら15歳の王妃でした 〜聖女のチートなんて興味がないし、気ままにおいしいごはんを作ります~

ただ彼を愛して、傍で支えていくのを夢見ていたのに。 だけど、さっき彼は"ルーシィ"の名前を口にした。 「でもね、ナツ?」 「ん?」 「女性をクソババアって呼ぶのは駄目だからね?」 「だって……」 あいつがルーシィに酷いこと言ったから…と、不貞腐れたように呟く。 落ち着けあたし。 目の前に置かれた鏡を覗き込むと、そこには月のように秘めやかな色重ねのドレスを着たルシーナの姿があった。

Next

【WEB版】転生したら15歳の王妃でした 〜聖女のチートなんて興味がないし、気ままにおいしいごはんを作ります~

恐る恐る掠れた声で尋ねれば、碧色の瞳が驚いたように大きく見開かれる。 ルーシィの為に怒ってくれたのは素直に嬉しいが、これだけはちゃんと言っておかなければ。 ハルトナイツルート以外は死刑になる。 だけどヒロインがどのルートを選んだとしても、ルシーナは必ずハルトナイツが卒業するパーティーで、ヒロインを虐めたという理由で婚約破棄されて、その後は国外追放か処刑されてしまう。 登場人物の性格も変更しました) 過労死した社畜OLが転生した先は、国葬中の王妃の身体だった。

Next

『転生したら15歳の王妃でした ~元社畜の私が、年下の国王陛下に迫られています!?~』のコミカライズ連載が開始

だがしかし、今はルーシィだ。 目の色は赤。 「………まさか、こんなことになるなんて…」 これはあれか。 ハルトナイツの護衛。 そう考え直して、頷いた。 栄華を誇る王宮の片隅でせっせと畑を耕したり。 これにはルシーナもロビンも、周りに控えていた人達も呆然とする。

Next