230 グロリア。 日産・セドリック

セドリック/グロリアの栄光と軌跡 かつての日産の大黒柱が絶版になって早16年

5 250S グランツーリスモ ナビエディション 70th-II• 5 グランツーリスモ FOUR 4WD• エンジンは、()、(LPG仕様)。 1961年9月 - マイナーチェンジでとの形状を変更。 4月 -マイナーチェンジを実施。 0 V30Eブロアム• 全車が50年排出ガス規制適合。 0 グランツーリスモ• 5 グランツーリスモ• 日本製量産乗用車として初のSOHCエンジン搭載車であると同時に、小型車規格で唯一の6気筒車であった。 そして、外気の噴出し口がに設置された。 後に長く使われる事になる3N71型フルオートマチックトランスミッションはこのモデルに初搭載された。

Next

セドリック/グロリアの栄光と軌跡 かつての日産の大黒柱が絶版になって早16年

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。 11月 - 乗用車の53年排出ガス規制適合で332型へ。 デビューしたときからグロリアとセドリックはフラッグシップで、庶民にとっては高嶺の花だったし、憧れの存在だったのである。 0L DOHC VG30E型 V6 3. 3月 - 第102回ニューヨーク国際オートショーに、Y34型をベースとする北米専用車「」を出品。 10 〜 2000. 年表 [ ]• イイクルマでした。 10月 - 発売。

Next

[買取入庫情報]日産 230型グロリア

およびマルチAVシステムをオプション設定。 また、フロントサスペンションもストラットに変更している。 0 スーパーカスタム• 0 ブロアム J・II• -先代車• 実質的オーナーである石橋の意向に反し、経営幹部も技術陣も軍用飛行機メーカーのエンジニア上がりが多くを占めていたプリンス自動車側は、たびたび面従腹背な技術傾倒に陥った。 デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第98号19ページより• 11月 -特別仕様車「300LV NAVIエディション」を発売。 構造面では先代同様のトレー型フレーム、およびリアサスペンションのを採用。 1月 - VG20E搭載車を追加。

Next

セドリック/グロリアの栄光と軌跡 かつての日産の大黒柱が絶版になって早16年

9月 - L20S搭載のバン(J-V430型)発売。 0L 直6 Z20P型 LPG2. 開発期間を短縮する観点からALSI型スカイラインとシャシー、ボディーを流用し、シートや内・外装を高級化した。 L20系エンジンはエンジン各部の変更により10kgから20kg軽量化、低回転域トルクの向上。 リヤゲートはを下ろした後、下に開く構造である。 5 最初の愛車、 230セドリックです。 8〜) カスタムDX、 GX バン バンDX (73. 0 V20Eクラシック S• 7 中期 フロントグリル、リヤフィニッシャ意匠変更、グレード構成変更、GXのハイオク仕様廃止、GXの5MT採用等 1972. 11月 - マイナーチェンジ。 0L V6 DOHCターボ VQ30DE型 3. 販売期間 1971年2月 - 1975年6月 6人 2・4ドア 4ドア 2. 5 250Sグランツーリスモ• 5 250T• 販売面 競合車種はもちろんトヨタのクラウンです。

Next

グロリア(日産)の中古車

初代の生産台数は輸出車を含めて約7万台。 VG20ET型が仕様となったほか、ディーゼルエンジンがLD28型に替わり新設計のRD28型となる。 日本初のパワーウィンドウやパワーアンテナなどを標準装備し、オプションでパワーシートやオートライトなども用意された。 6月 - モデルチェンジ。 5 250S-Fourグランツーリスモ ナビエディションII 4WD• 0 ブロアム VIP• 0 V20ツインカムターボ ブロアム 3ナンバー車• 6月 - セダンVG20DET車に「グランツーリスモSV」及び「RD28スーパーカスタム6人乗り」追加。 0L 直4 ディーゼル2. 日産 セドリック 330型 1976-2 高級車とは、豪華車とは、その究極を追求したセドリック。

Next

旧車・名車図鑑『日産グロリア/セドリック430ターボ』part3

8 RD28クラシック ディーゼル• 概要 1971年(昭和46年)〜1975(昭和50年)に製造されたシリーズ。 この当時はクラウンも2ドアハードトップをラインナップするなど激戦 1971年2月に登場した3代目セドリックと4代目グロリアは「230」の型式で呼ばれている。 6月 - モデルチェンジ。 だから熟年層に加え、運転するのが好きなヤングのオーナーも増えた。 ディーゼルエンジンのRD28も設定。

Next

【概要】230セドリック/グロリア

SGL-FにはASCD(オートスピードコントロール装置)を標準で設定• 0L V6 DOHCターボ VG20E型 2. 2004年10月14日 - 後継車の「」に系譜をバトンタッチし、セドリックの販売を終了。 4月 - ターボブロアム(ATのみ)を追加。 0 300TX Eパッケージ• 0 V20ツインカムターボ ブロアム• ターボエンジンのVQ30DETは270psを発生。 0L 直6 2. 搭載エンジンは直噴技術であるNEO Diシステムを採用したV型6気筒DOHC VQ30DD型(240ps)、VQ25DD型(210ps)、280psを発生するターボ付VQ30DET型、および4WD車専用の直列6気筒DOHCターボ付RB25DET型(260ps)の4機種。 試作車はボンネットフード先端回りが膨らんだような体裁であった。 0 V20Eスーパーカスタム• 0L 直6 2. (2020年08月27日更新)• 1974年式という、ほぼ自分と同い歳の愛車は2年半の間、約3万キロを走行。 エンジン始動部分の撮影は平成31年1月1日、真冬の早朝です。

Next