所得税 法 56 条。 所得税法56条の現代的意義

中华人民共和国企业所得税法实施条例

(三)取得应税所得,扣缴义务人未扣缴税款的纳税申报 《公告》区分居民个人取得综合所得,非居民个人取得工资薪金所得、劳务报酬所得、稿酬所得、特许权使用费所得,纳税人(含居民个人和非居民个人)取得利息、股息、红利所得,财产租赁所得,财产转让所得,偶然所得等情形,分别规定了纳税申报时间、地点及适用的申报表。 第十七条 企业在汇总计算缴纳企业所得税时,其境外营业机构的亏损不得抵减境内营业机构的盈利。 现将有关内容解读如下: 一、《公告》发布的背景 《中华人民共和国个人所得税法》第十条规定了取得综合所得需要办理汇算清缴等需办理自行纳税申报的情形。 纳税年度自公历1月1日起至12月31日止。 第七条 企业应将与税前扣除凭证相关的资料,包括合同协议、支出依据、付款凭证等留存备查,以证实税前扣除凭证的真实性。 第十六条 个人所得税法第六条第一款第五项规定的财产原值,按照下列方法确定: (一)有价证券,为买入价以及买入时按照规定交纳的有关费用; (二)建筑物,为建造费或者购进价格以及其他有关费用; (三)土地使用权,为取得土地使用权所支付的金额、开发土地的费用以及其他有关费用; (四)机器设备、车船,为购进价格、运输费、安装费以及其他有关费用。 シャウプ勧告は次のように述べている。

Next

所得税法

(八)财产转让所得,是指个人转让有价证券、股权、合伙企业中的财产份额、不动产、机器设备、车船以及其他财产取得的所得。 その後の消費税の導入と資産所得の優遇の流れをみると、資産所得の合算制度の維持が適切であったとは思わないが、廃止は資産家優遇税制の一環であり、課税の不公平感を生じさせた。 671• 解説 [ ] 参照条文 [ ] 判例 [ ]• 条文 [ ] (事業から対価を受ける親族がある場合の必要経費の特例) 第56条 居住者と生計を一にする配偶者その他の親族がその居住者の営む不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき事業に従事したことその他の事由により当該事業から対価の支払を受ける場合には、その対価に相当する金額は、その居住者の当該事業に係る不動産所得の金額、事業所得の金額又は山林所得の金額の計算上、必要経費に算入しないものとし、かつ、その親族のその対価に係る各種所得の金額の計算上必要経費に算入されるべき金額は、その居住者の当該事業に係る不動産所得の金額、事業所得の金額又は山林所得の金額の計算上、必要経費に算入する。 第二十条本办法相关表证单书式样,由国家税务总局另行制定发布。 第六条应纳税所得额的计算: (一)居民个人的综合所得,以每一纳税年度的收入额减除费用六万元以及专项扣除、专项附加扣除和依法确定的其他扣除后的余额,为应纳税所得额。

Next

中华人民共和国个人所得税法实施条例

第一百一十五条 税务机关依照企业所得税法第四十四条的规定核定企业的应纳税所得额时,可以采用下列方法: (一)参照同类或者类似企业的利润率水平核定; (二)按照企业成本加合理的费用和利润的方法核定; (三)按照关联企业集团整体利润的合理比例核定; (四)按照其他合理方法核定。 第5節 資産所得の合算制度の復活と再廃止 昭和26年に廃止された資産所得の合算制度は、経済の発展により資産所得が増大したことを背景に、昭和32年、合算親族の範囲や少額の資産所得を合算対象から除外するなどの執行面の煩雑化を避ける規定を設けて、再度登場した。 企业在一个纳税年度中间开业,或者终止经营活动,使该纳税年度的实际经营期不足十二个月的,应当以其实际经营期为一个纳税年度。 其中,稿酬所得的收入额减按百分之七十计算。 今回の事件は、夫婦共に弁護士だったというところがポイントになります。

Next

【民法判例】所得税法が夫婦の所得を合算切半して計算することにしていない事が憲法第24条に違反するか(昭和36年9月6日最高裁)

特此公告。 纳税人拒绝修改的,扣缴义务人应当向主管税务机关报告,税务机关应当及时处理。 資産所得については、所帯単位的な課税方法を採用する方が生活の実態に即した課税をすることができ、担税力に応じた税負担という面ではより適切であること。 个人从事其他生产、经营活动取得的所得。 第四条 下列各项个人所得,免征个人所得税: (一)省级人民政府、国务院部委和中国人民解放军军以上单位,以及外国组织、国际组织颁发的科学、教育、技术、文化、卫生、体育、环境保护等方面的奖金; (二)国债和国家发行的金融债券利息; (三)按照国家统一规定发给的补贴、津贴; (四)福利费、抚恤金、救济金; (五)保险赔款; (六)军人的转业费、复员费、退役金; (七)按照国家统一规定发给干部、职工的安家费、退职费、基本养老金或者退休费、离休费、离休生活补助费; (八)依照有关法律规定应予免税的各国驻华使馆、领事馆的外交代表、领事官员和其他人员的所得; (九)中国政府参加的国际公约、签订的协议中规定免税的所得; (十)国务院规定的其他免税所得。 第六条 国家按照产业政策,引导外商投资方向,鼓励举办采用先进技术、设备、产品全部或者大部分出口的外商投资企业。 企业应当在办理注销登记前,就其清算所得向税务机关申报并依法缴纳企业所得税。

Next

この経費が認められないの?所得税法56条の不思議―弁護士報酬事件―

第二十四条 居民企业从其直接或者间接控制的外国企业分得的来源于中国境外的股息、红利等权益性投资收益,外国企业在境外实际缴纳的所得税税额中属于该项所得负担的部分,可以作为该居民企业的可抵免境外所得税税额,在本法第二十三条规定的抵免限额内抵免。 cn 法律顾问: 版权所有 中国互联网新闻中心 电子邮件: 电话: 86-10-88828000 网络传播视听节目许可证号:0105123. 纳税人取得利息、股息、红利所得,财产租赁所得,财产转让所得和偶然所得,按月或者按次计算个人所得税,有扣缴义务人的,由扣缴义务人按月或者按次代扣代缴税款。 三是纳税人在办理申报纳税时需要享受税收协定待遇的,按照享受税收协定待遇有关办法办理。 衆議院税制問題等に関する調査特別委員会における宮沢大蔵大臣の趣旨説明では、税制改革法案について 「今次の税制改革の趣旨でありますが、今次の改革は、現行の税制が、著しく変化してきた現在の経済社会との間に不整合を生じている事態に対処して、将来の展望を踏まえつつ、国民の税負担に対する不公平感を払拭するとともに、所得、消費、資産等に対する課税を適切に組み合わせることにより均衡がとれた税体系を構築すること」、 「租税は国民が社会共通の費用を広く公平に分かち合うためのものであるという基本的認識のもとに、税負担の公平を確保し税制の経済に対する中立性を保持し、及び税制の簡素化を図ることを基本原則と行うこととしております」 「所得課税において税負担の公平の確保を図るための措置を講ずるとともに、税体系全体としての税負担の公平に資するため、所得課税を軽減し、消費に広く薄く負担を求め、資産に対する負担を適正化すること等により、国民が公平感を持って納税し得る税体系の構築をめざして行うことにしております」 としている。 居民个人从中国境外取得所得的,应当在取得所得的次年三月一日至六月三十日内申报纳税。

Next

【民法判例】所得税法が夫婦の所得を合算切半して計算することにしていない事が憲法第24条に違反するか(昭和36年9月6日最高裁)

通達なし 平成二十五年三月三十日法律第五号 の未施行内容 所得税法等の一部を改正する法律 なし。 前款第十项免税规定,由国务院报全国人民代表大会常务委员会备案。 个人将其所得对教育、扶贫、济困等公益慈善事业进行捐赠,捐赠额未超过纳税人申报的应纳税所得额百分之三十的部分,可以从其应纳税所得额中扣除;国务院规定对公益慈善事业捐赠实行全额税前扣除的,从其规定。 第十四条 企业对外投资期间,投资资产的成本在计算应纳税所得额时不得扣除。 民法上の配偶者には法律婚のみが含まれる。 第六章 住房租金 第十七条纳税人在主要工作城市没有自有住房而发生的住房租金支出,可以按照以下标准定额扣除: (一)直辖市、省会(首府)城市、计划单列市以及国务院确定的其他城市,扣除标准为每月1500元; (二)除第一项所列城市以外,市辖区户籍人口超过100万的城市,扣除标准为每月1100元;市辖区户籍人口不超过100万的城市,扣除标准为每月800元。

Next