Ana ファースト クラス 搭乗 記。 フライングホヌ マイルで ファーストクラス、ハワイへ搭乗記。ANA A380はやっぱり極上だった!

人生初のANAファーストクラス搭乗記 13時間のフライトもFクラスなら楽チンでした

・「穴子八幡巻き」 ANAのアミューズにしては珍しく和食寄りのテイスト。 特にが美味でした。 57秒、 58秒、59秒、 今だ!! 検索ボタンをクリックすると、往路のファーストクラスに 「空席あり」と画面に。 1号機:空を意味する「ラニ(Lani)」 2号機:海を意味する「カイ(Kai)」 3号機:太陽を意味する「ラー(La)」 ファーストクラスを予約、値段は? 帰りの便は、ホノルルから成田までは2019年6月21日の便を予約しました。 めちゃめちゃ早いですよね。 スイーツ、チーズ、フルーツがありますので全乗せでオーダーします。

Next

ANA NH223便(HND→FRA) ファーストクラス搭乗記 Flight Review [2019年10月18日]

4種類の中から3種類を選択してみました。 今回の座席は「2A」。 写真はありませんがサラダとジュースだけいただきました。 2階の最前列に、1列4席の2列配置、後方はビジネスクラスの座席になります。 これはサービスでくれたロイヤル ベルジャンのキャビア。 早く搭乗したからって早くハワイに到着するわけではありませんが、やっぱり早めに自分の座席で落ち着けるのはありがたいです。 たまたま特典航空券の空き状況のせいで、私の場合は成田発羽田着という変則旅程になってしまいました。

Next

妻の2度目のANAファーストクラス搭乗記 NH224便(フランクフルト→羽田)

是非一度、ファーストクラスを体験してみてください。 SUITE CHECK-IN内部 スイートチェックインの内部です。 最後はコーヒーとチョコレートをもらってひと段落です。 モニターが、モニターを超えて… TVサイズ43インチの4Kモニター。 成田空港スターアライアンスラウンジ. 黄色いのはカボチャのフォカッチャです。

Next

ANA THE Suite搭乗記!!新ファーストクラスB777

明るく清潔なトイレ内は限られたスペースにさまざまなグッズも備えられていました。 デザート デザートも3品あります(笑) 1品目 スイカの冷たいスープ、ジンライムのゼリーミント お口直しに最高です。 座席のサイドにはUSBポートはもちろん、AC電源も完備。 資生堂のリップクリームだけいただきました。 アメニティやWifiカード等がきれいに並べられております。 無事エアボーン!GE製の巨大エンジンが見えますね。

Next

ANA国内線プレミアムクラスの搭乗記!快適な座席で食事・飲み物・お菓子が充実!

特別なチェックインカウンター、通称Zカウンターが使えるのでVIP待遇で旅の気分が盛り上がる。 もちろん皆さんせっかちですので、搭乗開始前から優先搭乗レーンには行列が出来ています。 30分以上寝落ちしていて、気づくと機内照明は落とされて肉も片付けられていました。 また、ホノルル路線では、2階建てののフライングホヌが就航しています。 コメントなどもすごく励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Next

ANAファーストクラス搭乗記2019令和元年!☆スターウォーズ使用機・成田発ロサンゼルスへ

「 ぬおお おおおお おおおお!!!!」 つ、ついにファーストクラスGetだぜ~ にやけながらも、そのまま会社に出勤しましたが、その日は1日中にやけて、にやけて仕方がありませんでした。 まずは座席の脇にパカッとフタを開けて使える収納が2つありました。 初期は1号機のみで運用し、7月に2号機、3号機は2020年春からの導入が予定となっています。 しかしさすがにファーストクラスはウェルカムドリンクのシャンパングラスも味気ないプラコップではなく、しっかりとしたガラス製のグラスになっていますね。 混雑していない場合、中に入るとすぐにスタッフが席に案内してくれて、最初の一杯のドリンクを持ってきてくれます。 (ただし、抹茶は味が苦手なので辞退) バニラ味、 クッキー&クリーム味、 ストロベリー味を冷凍庫から一気に持ってきます。

Next

ANAファーストクラス(A380)搭乗記(2)|機内食、アメニティなど徹底紹介<成田ーハワイ> | パラ子とヒデキのハワイ旅行備忘録

いよいよ、ファーストクラスだ!と思うと、テンションもあげあげですよね。 定価35万円という戦略的価格設定になっており、発売日に購入しているので定価+諸費用で 総額377,810円でした。 アミューズは「ハープ風味のシュリンプププレゼ」「フォアグラテリーヌのアーモンドボール」「ドライトマト モッツァレラチーズとオリーブのピンチョス」でした。 空港のチェックインカウンターから既にファーストクラス体験は始まっています。 機長から再びアナウンスが入ります。

Next

【弾丸MLB観戦記③】感激!ANAファーストクラス搭乗記!CAさんに惚れました…機内食&アメニティも完全レビュー【ワシントン行きNH2便】

「お仕事のお帰りですか?」と聞かれたので、「実はプライベートで2週間で世界1周して帰るところです。 搭乗口は、 ファーストクラスとビジネスクラスで別々になっているので、 ここで主人と娘とはお別れ。 今までに無料で国内線のプレミアムクラスに乗った合計金額は、 ざっと計算しても100万円分以上になっているのでまさに現代の錬金術です。 ベルトサイン消灯後、キャビンが慌ただしくなる前にビジネスクラスキャビンを散策に行きました。 ANAという安心感 です。 座席に座りつつも隣でベッドメイキングをしてくれるので非常にスマートな対応です。 どれも美味しくて完食してしまいました。

Next