Au 半額 サポート。 auの最大半額プラン、改善指摘受けて11月にも大幅見直しへ

半額サポート入っていて、今回オンラインで機種変更しました。勝手に適応される...

なお、本サービスを利用した際の買い替えは、ソフトバンクの指定した端末に限られるほか、使用していた端末はソフトバンクが回収する点には注意したい。 ただし割賦残債務が20,000円以下の場合割賦残債務相当額を上限とします。 あとがき 以上の通り、ソフトバンクの「半額サポート for iPhone」auの「アップグレードプログラムEX」という損する上に4年縛りを受けてしまう謎プランに加入するのはおすすめしません。 それでも2019年になって、 48回払いですこしでも携帯代を 節約するというユーザーがほとんどになったんです。 以前の半額サポートはサービスが終了しておりますので利用はできません。

Next

auの「アップグレードプログラムDX」登場 端末代金を最大半額免除、他キャリアでもOK

実は、スマホを回収して機種代の半額が支払い免除になる支払い方ですが、 回収時点でスマホが壊れていると 手数料がかかるんです。 2年前のモデルなら、20,000~40,000円くらいで売れることも。 All Rights Reserved. とはいえ、今までふつうだった機種代金を24回払いにする買い方は、今回のプログラムを機に2年よりも長い分割(au・ソフトバンクは48回)がふつうになっていくのでしょうね。 何度も言いますが、一括・または36回払いにして3年間しっかりiPhone 11を使い続けるならドコモかApple Storeで購入するのが安いです。 このことに伴って、端末代の購入サポートである「半額サポート」も終了する対象の例外ではなく2019年9月12日で新規申込受付が終了します。

Next

改悪?料金が高くなる?ソフトバンク「トクするサポート(半額サポート+)」で注意すること|iLaboo

より引用 果たして本当にそうなのでしょうか? 普通に2年契約した場合と比較してみる(ソフトバンクの場合) では、iPhone 8 64GBを新たに契約した場合を例にとって、機種代金を比較してみます。 違和感のある日本語を多く含むもの• 内容は元の4年縛りとほぼ同じですが、違う点が1つあります。 また、新しい機種購入も適用条件に入っているため、返却すればOKのドコモと違って 次の機種までau縛りが確定してしまうのもネック。 そこで、2年前に発売されたiPhone X(256GB)を例にとり、iPhone X発売時に当プログラムが存在したと仮定して損得をシミュレーションしてみました。 まとめ ソフトバンクの半額サポートfor iPhoneと、auアップグレードプログラムEX a は、最新iPhoneを半額で購入できるという謳い文句で、飛びつきたくもなりますが色々と考えると状況次第ではそこまでお得ではないかもしれません。 つまり、SoftBankを継続的に利用する人でないとメリットがあまりないと言えます。

Next

トクするサポート

しかし、半額サポート for iPhoneでは、半額にする条件でiPhoneが回収されてしまいます。 auVIP抽選会(No. また、 25ヶ月目に指定機種に機種変更すること、機種変更後に端末を下取りに出すこと、その端末が下取り査定の条件を満たしていることとあります。 ずーっと48回払いを強制するものが独占禁止法にひっかかるのでは?ってことで、ソフトバンクとauはすぐに内容を変えたんですよ。 分離プランになる前は、割引の差額があったので24回払いの方がお得だったのですが、 今は24回にするメリットは無しということです。 「iPhone半額サポートの割引額は月々560円、今までの下取りキャンペーンと比べて割引が半額になっているよ?でも、条件を全て満たさないと残債は47,320円残るよ?修理とかで47,320円払う位なら2年分割で560円払うだけで2年の保証が付くよ?しかもその場合、iPhoneを下取りに出してもっと安くできるかもしれないよ?じゃあ逆に半額サポートを使う理由って何?」 その上でこう言うと思います。 というわけで、2つ目の落とし穴は「劣化版下取りなのでは?」という点です。

Next

ソフトバンクの半額サポート+はワイモバイルで利用可能か?

重要な内容にも関わらず、メール本文にユーザー名など個人情報が含まれていないもの• 次の章では今回チェックしたポイントをまとめて振り返っていきます。 mobile 月々の料金 Apple Storeで端末を購入するならY! 各種事務手数料を無料にするほか、通信料金が最大24,000円割引され、最大で合計39,500円の優待を受けることができる 月額7,000円で50GBの通信が可能な「ウルトラギガモンスター」 また、2016年9月に発表された、大容量のデータプラン「ギガモンスター」の一部が見直しされることも発表された。 その1:機種代金48回払いは4年縛りになるかも|スマホ 機種代金 今までだと24回で機種代を払うのがあたりまえでしたよね。 そう考えると4年は少し長く感じるのです。 もちろん特別ソフマップの買取額が高いわけではなく、このくらいの額で買い取ってくれる店はゴロゴロありますよ。 ) 引用元: これで気になるのは、機種変更後も半額サポート for iPhoneに加入するということと、旧機種が回収されてしまうことですね。

Next

ソフトバンク新「半額サポート+」、他社から乗り換えてもメリットなし?規制の抜け穴突く

ここまでにチェックしてきた重要ポイントをまとめると以下の通りです。 iPhoneを使っていて画面割れの経験がある人も多いと思いますが、画面にちょっとヒビが入っただけでも、2万円の追加料金がかかります。 例えばiPhone 8 64GBを購入した場合、実質負担26,880円が半額となり13,440円分を支払わないまま新たな機種を手に入れられるとのこと。 ドコモは24回・36回払い、auとソフトバンクは24回・48回払いで支払いができるので4年間ずっとiPhone 11 Proを使い続けるならドコモよりもau・ソフトバンクで買うことで月々の料金を抑えられるでしょう。 ソフトバンク:半額サポート+(月々390円) これらの端末サポートは24カ月端末を使って返却することで残債を免除してくれるサービスで定期的に機種変更をしていきたい方におすすめです。 また、過去には機種変更先取りプラグラムで損をするという話を記事にしたことがあります。

Next