メール cc。 メールの宛先が複数人のときの連名の書き方とCCの扱い

CCメールで送られてきたら?絶対知るべき返信マナー

電子メールでのCCは、同内容のメールをリアルタイムにシェアしたい場合に使われる機能です。 配信遅延になる 大量のメールを送信すると、送信側のメールサーバーに大きく負荷がかかります。 このとき鈴木さんと佐藤さんに、もし面識がない場合、お互いのメールアドレスが表示されてしまうので、場合によっては個人情報(メールアドレス)の漏えいになりかねません。 なお、「CC」と「Cc」は、どちらが正しいのか。 一方で、「時と場合によります」(Panda1969さん)、「内容によって必要があると思ったら全員に返すし、そうでなければfrom欄だけ」(六彦さん)と使い分けをするとの声も多かった。 メールの宛先機能において、最もシンプルなものとなります。 他の人にも知らせたい(例えば、上司など)• メールの宛先(TO・CC・BCC)の役割について まず、メールの基本となる「宛先」について解説します。

Next

複数の人にメールを送る(CC)

「cc」の宛名をすべて残したまま返信する 就活メールの返信では、「cc」の宛先はそのまま残して使いましょう。 メールを送りたい当事者の宛先を入力しましょう。 紙媒体が主流だった時代に、正本と副本とする二枚の書類の間にカーボン紙を挟み、ボールペンなどで文章を作成すると、正副二通の文書が同時に作成されるものとなります。 送信者は「TOに指定したあなたとやりとりしていますよ」と明示的に伝えることができます。 このような「ブラインド」を使うのはどういうときでしょうか。 〜 『 KDDI はじめてWEB 用語集』 による解説• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 それは、就活生にとって、「cc」内の誰が宛先に必要か判断するのは難しいからです。

Next

メールでCcに追加するマナー|重要な3つのポイントを必ず守ろう

上記注意喚起の例のように、BCCでケアレスミスをした結果、情報漏洩になったケースは大変多いです。 「他の受信者に宛先のメールアドレスを知られては困る場合に使うもの」と考えておくと良いと思います。 これは、受信者側のキャリアから受信を拒否されているということです。 この状態になると、メール業務全体に支障をきたしますので注意が必要です。 TOは手紙での「宛先」、チャットで言う所の「メンション機能」に該当しますので、TOに指定された相手はメールへの返信やその他何らかの反応が求められる訳です。

Next

CcとBccに宛先を指定してメールを送信する

「宛先(TO) 」はメールの主な送り先に使用し、「CC」は送信したことやCCに入力したメールアドレスを「宛先(TO)」の方に知られても良い場合に、「BCC」は送信したことやBCCに入力したメールアドレスを「宛先(TO)」の方に知られたくない場合に使用します。 特定な指示があった場合は別ですが、受信量が多い人はCCに入っているメールは読まない人が殆どで、CCに入れたからと報告した事にはなりません。 ちなみに配信遅延は、メール送信側システムのパフォーマンスに依存します。 ここではお客様からのCCメールへのビジネスメールの返信マナーを見ていきましょう。 ちなみに、TOにアドレスを設定せずにCCのみメールアドレスを入力してもメールを送信できます。 「TO」での受信者が依頼を受けたことになるので、「CC」の受信者が気を利かせて対応するのは望ましいことではありません。

Next

メールのTO/CC/BCCの違いと使い分け方法について解説!|お役立ちコラム|【導入社数7,000社突破】メルマガ・メール配信サービスの配配メール

・CCに入力した相手には、TOに送るメールと同じメールが配信されます。 また、返信が早いと、真面目で社会人としてのマナーが備わっていると印象を与えられるメリットもあります。 CCメールはどんな時に使う? ビジネスで使う場合、「TO(宛先)の人に送ったので参考までに見てくださいね」という送信者の意図を表すことができます。 メールが届かなくなる可能性がある 「BCC」は使い方によると、メールが相手に届かなくなってしまう場合もあります。 「cc」では、他受信者を見ることができるが「bcc」では見ることができない• 届いたメールの「To」には自分のメールアドレスが指定されています。

Next

メールでのマナーの基本編~CCとは?件名はどのように?

「BCC」は「Blind Carbon Copy」 ブラインドカーボンコピー の略語 「BCC」に入れた相手にも同じメールの内容が届きますが、この時「TO」や「CC」の【会議】メンバーには「BCC」の存在は全く見えません。 筆者も納得いただき現在はCCを入れてもらうことができているのだから。 宛先(TO)はメールを受け取った本人なので、メールを返信したりなど何らかのアクションが必要と考えられますが、コピーを受け取った CC(カーボンコピー)の2名は目を通すだけで良いかもしれません。 「cc」は、複数人をメール受信者に設定して送られる機能• メールの宛先「To」「CC」「BCC」 3つの違いを正しく理解できていますか? 社会人になって間もない頃はメールの使い方もわからずこの人は「To」「CC」「BCC」のどれで送ればいいのだろうって悩むこともあると思います。 海外ではメールエチケットという常識がありません。

Next

メールでのマナーの基本編~CCとは?件名はどのように?

昨今のメール事情では、セキュリティ上の問題もありBCCは「BCC本来の使い方」として利用していくのが賢い選択です。 互いに知らない相手に同じ告知内容をしたい場合などに用いるが、CCとBCCを取り違えて他の受信者のアドレスを知らせてしまう事故があとを絶たない。 宛先は直接入力するか、アドレス帳から選択します。 複数名入れる場合は、誰に何をしてほしいのかを明記します。 どの順序で打ち込んだところで本文は同じように全員に届きますがメールを読む人はどこに反応するかわかりません。

Next