磐田 対 f 東京。 最後1分の怖さ知った磐田大南が五輪代表へ着々進化

磐田がFC東京に2対0の完封勝ち、J1で5年ぶりの3連勝を達成する!その2

J2 [8月5日 10:26]• 1,446• は1試合で勝利し、その他の3試合は引き分けに終わりました。 前線のウタカへパスを供給すると、素早く反転して右サイドを駆け上がっていた永井へパス。 436• の アウェイ戦でのパフォーマンスは とても不調です。 カレンは最初はチェが起点になっていて相手の中盤にスペースが無かった分消えていたけれど、船谷が入ってから活き出したし、後半のトップ下のプレーも意外とかなり良かった。 757• 山田は絶妙なトラップからGKと1対1になり、ループシュートでゴールを狙ったが、これは権田の顔面に当たって先制できなかった。 それにしても西口は可哀想過ぎる(笑) 帰りに浜松のだいぶ東にある…メント系リサイクルショップ?へ寄る。

Next

2009年03月: めざせ!トト成金

磐田は16位に転落し、J1参入プレーオフに回ることになった。 J1 [8月4日 19:27]• 後半戦の総括 後半開始直後は予想通り、FC東京が前への圧力を高めてゴールを狙ってきた。 その後もお互い攻め込むも得点を奪うことが出来ず、1-1のドロー。 105• ムサエフとアダイウトンが全力で最終ラインまで戻って着てくれたおかげで得点を許さずに済みましたが、かなり危ないピンチだったと言えます。 それでも既に交代枠を2つ使ってしまい、後半への見通しはさほど明るくはない…。 217• リーグ戦も後1試合で 半分が終わります。

Next

2019/11/09 明治安田生命J1リーグ ジュビロ磐田 対 FC東京 のマッチレポート

林との1対1を冷静に制したアダイウトンが 3試合連続となる ゴールを挙げてリードを2点に広げる。 1,264• はアウェイ試合では1試合あたり 平均勝ち点0. しかし、このパスは永井には合わない。 大南 あの瞬間、一瞬、川崎戦がよぎりました。 相手に好位置でFKを与えるリスクはあるが、いったん、プレーを止める意味でも、クレバーなファウルに感じた。 ってなわけでJ1第21節、-@。 18分 中村がハーフウェイライン付近から左サイドへ大きく展開したボールはアダイウトンには上手く合わずスローインとなる。

Next

磐田対岡山

まだ同点、まだ35分なのに…。 754• J1 [8月4日 7:38]• J2 [8月5日 10:47]• J1 [8月4日 19:27]• ドリブルでペナルティーへリア手前まで持っていくと中央へ走りこんできた中島へパスをする。 J1 [8月4日 17:31]• 櫻内がヘディングで中へパスすると相手にクリアされる。 サッカー [8月5日 13:06]• 均衡を保っていた試合は後半開始早々に動きを見せる。 プロ3年目の昨季、11月のサンフレッチェ広島戦で先発チャンスをつかむと、そこから最終節の川崎フロンターレ戦まで4試合連続でスタメン。 115• 20分 FC東京に アクシデントが発生する。 310• J2 松本にDF前貴之加入 今季横浜移籍も出場機会なし []• 10「愛媛対C大阪」 普通に考えたらセレッソの圧勝だと思うが、ホームの愛媛の 思わぬ粘りに有って引き分けも考慮する。

Next

磐田 : ドメサカブログ

開幕からの無敗を守ることに成功している。 853• だが、中断期間に左ふくらはぎを痛めて離脱していたDF大井が2月23日の山形との開幕戦以来のピッチで、主将としての存在感を示した。 とりあえず今回の試合に関してはドローは仕方なかった。 アシストは椋原」 【公式 前半13分】• これからも球際でしっかりやらないと夏場は勝てない」。 975• 代わって船谷が入る。 ブロックを作り中央を固める相手に対し、サイド、あるいはトランジションから決定的なシーンは作るも、両ゴールキーパーの活躍もありスコアレスで前半終了。 J1 [8月5日 10:37]• 磐田はメンバーが落ちていたけれどそれなりにボールを繋ぎサイドを走らせるサッカーは出来ていたし(ただ、シュートまで結び付かなかったから効果的ではなかったのかな…)、相手も石川を活かし右サイドから素早い攻撃を繰り出す。

Next

最後1分の怖さ知った磐田大南が五輪代表へ着々進化

353• 607• 下位3チームの残り対戦相手相手を見てみると(下図、かっこの数字は順位)、 松本と湘南の直接対決が最終節に。 ルヴァン杯 [8月5日 6:41]• エリア付近で冷静に足技を駆使してDF3人を抜き去ったプレイに思わず簡単が漏れ出る。 本当に頼りになる。 怪我人が戻ってくるまで頑張ってほしい。 まだ序盤戦なのに 両クラブの不甲斐なさは相当なものだ。 airgyan. 現在は川崎Fなどを担当。

Next