ルイ ヴィトン nigo。 ヴァージル・アブロー × NIGO®のコラボ「ルイ・ヴィトン LVスクエアード コレクション」全ルックが解禁

ルイ・ヴィトン、世界初のメンズ旗艦店を渋谷・MIYASHI...

同プロジェクトは、長年にわたる2人の友情から実現。 これはルイ・ヴィトンのメンズアーティスティックディレクターであるヴァージル・アブロー、そしてア ベイシング エイプの創業者NIGO(けっこうなカーマニアでポルシェ・カレラGTなどを保有)とのコラボレーションによる秋冬プレコレクション。 GIVENCHY ジバンシィ• おそらくシュプリームほどの人気は出ないと思うが なお、シュプリームは2017年に株式の半分を投資会社(カーライル・グループ)に売却しており、そこからこういったコラボが一気に加速。 また、 いち早くローンチされたブラックスエードカーフレザーを使用したブーツはのアイテムだ。 バッグだとクリストファー(シュプリームとのコラボでは一番人気で、今でもとんでもない値がついている)、キャンパス・バックパック、スリングバッグ、ソフトトランク、ミニトート、財布だとブラザ、ミュルティプル、コインパース等が揃うようですね。

Next

ルイ・ヴィトン、ヴァージル ・ アブローとNIGO®によるコラボレートコレクション「LV²」第2弾を発表

住所/東京都渋谷区神宮前6-20-10 MIYASHITA PARK North 問い合わせ=ルイ・ヴィトン クライアントサービス Tel. 2階フロアには、メゾンのファンのみならずともチェックして欲しいアーティスティックなファーニチャーでされている。 この「ルイ・ヴィトン LV スクエアード コレクション」は、プレタポルテ、レザーグッズ、シューズ、アクセサリーからなる大掛かりな内容となった。 加えて、多くの著名人やユーチューバーがそれら製品を動画やインスタグラムに公開したことでさらに人気が拡大してしまい、現在でもかなりなプレミアがついた状態を維持している模様。 1960年代のロンドンを中心に流行したモッズのダンディな着こなしを、東京というレンズを通して解釈した同コレクション。 新たにオープンする「MIYASHITA PARK」の中でも注目の「ルイ・ヴィトン 渋谷メンズ店」から、今後も目が離せない。 ロンドンのサブカルチャーの歴史を蘇らせつつも、モダンなアクセントとして、ルイ・ヴィトンのシグネチャーが、様々な解釈によって個性的なグラフィックとして採用されている。 バッグ(36万1,000円)、シャツ(16万5,000円) 長年にわたる2人の友情から誕生したは、1960年代のを中心に流行したモッズ時代のダンディな着こなし を、というレンズを通して解釈。

Next

ヴァージル・アブロー × NIGO®のコラボ「ルイ・ヴィトン LVスクエアード コレクション」全ルックが解禁

ルイ・ヴィトンといえばやっぱりトランク。 com)にて展開。 同ブランドはメンズの2021年春夏コレクションを9月2日に東京で発表する予定だ。 の手掛けるブランド「ヒューマン・メイド(Human Made)」のシグネチャーをアレンジしたオリジナルデザイン。 新たにオープンする「MIYASHITA PARK」の中でも注目の「ルイ・ヴィトン 渋谷メンズ店」から、今後も目が離せない。

Next

ルイ・ヴィトンとNIGOとのコラボ「LVスクエアード コレクション(LV²)」がついに発売されるようだ!シュプリーム超えのプレミアなるか

注目の渋谷「MIYASHITA PARK」に訪れた際は、同店にもぜひ足を運んでみて欲しい。 によるコラボレートコレクション「ルイ・ヴィトン LV スクエアード コレクション」(以下、「LV? 主な取材分野は国内外のメンズファッションとスポーツ全般。 それぞれの個性溢れるアプローチを融合させ再解釈したレザーグッズ、プレタポルテ、シューズ、アクセサリーなど幅広いラインアップを展開する。 モノグラム柄のテントも……! 足元を彩るシューズには、モノグラム・キャンバスをあしらったシューズや、つま先にポイントを置いたなどを揃えている。 プレタポルテからレザーグッズ、シューズ、アクセサリーまで豊富なラインナップを揃える。 BALENCIAGA バレンシアガ• 兎にも角にも圧巻のルイ・ヴィトンメンズ旗艦店。

Next

Chevron

の世界観を表現した、ツイストメタルとガラスによるアイコニックなダミエ・パターンが外観を彩る オープニングに際して、ファーサイドはルイ・ヴィトンのメンズアーティスティック・ディレクターのヴァージル・アブローと日本人アーティストNIGO? Girls Don't Cry ガールズドントクライ• 第2弾では、日本限定アイテムとしてスエードのブーツ(15万9000円)とネックレス(6万7000円)が登場する。 レザーグッズでは、モノグラムとダミエ・パターンを組み合わせたデザインの「クリストファー PM」(36万1000円)や「ミニ・ソフトトランク」(38万2000円)といったルイ・ヴィトンのアイコニックなアイテムを展開するほか、「ミニトート」(27万4000円)、2台の携帯電話を収納可能な「ダブル・フォン ポーチ」(17万1000円)などを用意する。 そしてルイ・ヴィトンもそれは同じで、それまでのイメージから一転し、(メンズでは)アグリーファッション的な悪目立ちする製品が大量に発売されていますが、これによって上述のような新しい顧客を獲得しているので、それはそれで良かったのかもしれません(ただ、往年のファンはこういった状況を苦々しく感じているに違いない)。 ぼく個人としては「まあ仕方がない」と考えていて、従来の顧客の老朽化と一緒にブランドが心中するわけにはゆかず、よって前に進むためには何かを切り捨てないとならない、と理解しています(ポルシェがSUVを発売したように)。 ソックスとのコーディネートを楽しみたい、フューチャリスティックなスケルトンスニーカー ジャパンエクスクルーシブのスニーカーも そして、この渋谷メンズ店は2層建築。

Next

【全ルック】ヴァージル・アブローとNIGO®による「ルイ・ヴィトン LVスクエアード コレクション」公開

NIGO? メンズコレクションの世界観をここまで体感できるストアは、恐らく他にはないはず! 両者の友情によって生まれた「ルイ・ヴィトン LVスクエアード コレクション」は、60年代のロンドンで流行したモッズスタイルを、東京というレンズを通して俯瞰したカプセル・コレクションだ。 加えて、シュプリームとのコラボモデルは「パっと見てシュプリーム」だったものの、今回のシリーズは「それとわからない」ということもあり、やはりさほど人気化ない可能性も。 「LV? 価格については、通常ラインの「ちょっとだけ上」で、バッグ類に関してはレザーをほぼ使用していないためか、思ったよりもずっと安いという印象です(クリストファーで363,000円、ミニトートで274,000円)。 adsbygoogle []. ELISABETTA FRANCHI エリザベッタ フランキ• コレクションの全容が気になる方は、是非とも足を運んでほしい。 さらに・を掛け合わせたアレンジで、&ストリートなを完成させた。 リング(7万5,000円)、シャツ(9万7,000円)、タイ(2万4,000円)、サングラス(7万5,000円)、ジャケット 参考商品 リング(5万5,000円) サングラス(75,000円)、ネックレス(10万円) また、 本コレクションのシグネチャーの1つであるオリジナルのダックをデザインしたネックレスはでの展開となるので、こちらも要チェックだ。 価格については、通常ラインの「ちょっとだけ上」で、バッグ類に関してはレザーをほぼ使用していないためか、思ったよりもずっと安いという印象です(クリストファーで363,000円、ミニトートで274,000円)。

Next

ヴァージルアブロー x NIGOがルイヴィトンのコラボコレクションを公開

注目の渋谷「MIYASHA PARK」に訪れた際は、同店にもぜひ足を運んでみて欲しい。 デニムスタイルのウェアを中心に、ハット、バッグ、シューズ、ベルト、サングラスなど、今回のコラボレーションの世界観を存分に感じられるラインナップを揃えた。 旅行鞄の「キーポル」やトートバッグ、バックパックなどをラインナップする。 LOUIS VUITTON はこのたび、とコラボレーションした「ルイ・ヴィトン LVスクエアード コレクション」のルックブックを公開した。 憧れの逸品を選びに、旗艦店に足を運ぶのもいいかも。

Next

ヴァージル・アブロー × NIGO®のコラボ「ルイ・ヴィトン LVスクエアード コレクション」全ルックが解禁

ジャケット、スーツ、ハット、ストール、キャップ、デニム、シューズ、サングラス、ベルト、キーホルダー、ウォッチ、スーツケースといったラインアップにて構成されています。 第1弾は、MIYASHITA PARKに誕生したルイ・ヴィトン初のメンズ旗艦店でもフィーチャーされ話題を呼んだ。 やはりシュプリームのパワーは絶大であったと見え、これによって今までルイ・ヴィトンとはあまり縁のなかったティーンエイジャーを取り込むことに成功しており、その後のルイ・ヴィトン各店舗は「若年層だらけ」となっています。 ラインナップには、プレタポルテから、レザーグッズ、シューズ、アクセサリーまで幅く取り揃える。 Stella McCartney ステラマッカートニー• パッチワークはルイ・ヴィトンのモノグラム・モチーフとデニムで表現したダミエ・パターンとのコンビネーションが印象的で、コレクションを通して登場する。 新たにオープンする「MIYASHITA PARK」の中でも注目の「ルイ・ヴィトン 渋谷メンズ店」から、今後も目が離せない。 バッグ(38万2,000円)、ジャケット(29万9,000円)、シャツ(16万5,000円) バッグ(27万4,000円)、シューズ(11万7,000円) は、 スエードのアンクルやスポーティなハイキングブーツ、ミュールにもダミエ・パターンがあしらわれることで存在感が放たれている。

Next