ニュース 女子 youtube。 『ニュース女子』 #227(報捨てニュース 第2弾)

ニュース女子の沖縄リポート放送をめぐる騒動

時事通信 2017年2月27日• は、この放送の問題は沖縄米軍基地に反対する人達へのヘイトであり、論説主幹が反省を紙面で表明したのは良いが、番組のどこが問題だったのか、東京新聞はどう考えているのか、もっときちんと読者に示すべきと述べ、一番の問題は事実に基づかない放送をやっておいてその番組に関わった人が誰も反省していないこととし、東京新聞の論説主幹反省表明や番組内容を批判したり長谷川副主幹の関与を疑問視する識者の記事も掲載された対応は評価しているがまだ足りず、メディア間での検証はとても大事であり、メディアに対する信頼性の問題であると述べており、また、ニュース女子問題ももヘイトスピーチもトランプ大統領の誕生も根っこが共通しており、差別排外主義や歴史修正主義といった同じ根っこの問題が表出していると述べている。 田中アナがゲーム実況をする動画では、メガネをかけて本気でゲームをする姿に「かわいすぎる」「見てて幸せになる」と多くの視聴者が癒されている。 は、取材は公平な立場からなされる必要があるが、本報道は「外国人が基地反対派を雇っている」などに支配されており問題が多いとした上で、確認されていない伝聞情報は報道しないというルールを順守すべきと述べている。 外部リンク [ ]• 2月10日、BPOは放送倫理検証委員会は当番組の放送分について「審議」入り(この審議入りは番組への批判が相次いだことによる決定であり、辛の申し立てを受けたものではない)。 放送前に事実の裏付けや表現などを自己検証する「考査」が機能していなかったとして同局のチェック体制の甘さを痛烈に批判した。 実際に行って取材すればわかるけど辺野古も高江もいる人のほとんどは沖縄県民だし、自称「保守派」達はこういう都合の悪い事実があっても徹底的に無視する。 抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった• そのTBSと日本テレビは、まだアナウンサーを起用したYouTubeを積極的に配信していないが、今後の動向に注目が集まる。

Next

MX「ニュース女子」に「重大な放送倫理違反」 BPO

琉球新報 2017年1月13日• は、が1月20日にニュース女子の批判記事を掲載したことについて、「赤旗は『論客ばかりを起用』し、その論客がニュース女子で報道した真実に『「」というレッテル貼りをし、などで圧力をかける。 完パケでの考査を行わなかった 東京メトロポリタンテレビジョンの見解 [ ] 2017年2月27日、放送局である東京メトロポリタンテレビジョンは批判を受け、同局が新たに取材したうえで数か月間かけて検証番組を制作し放送することを発表している (その後9月30日に放送、後述)。 反対運動による渋滞の列に救急車がいたという情報が仮にあっても、それは反対派が実力で救急車を止めたという本件放送の伝えた事実とは趣旨をまったく異にしており、到底その裏付けにならないことは明らか」 「のりこえねっと」は検証にも不満を表明 14日の発表を受け、「のりこえねっと」は声明を発表した。 女性アナウンサーたちが、罰ゲームを懸けてさまざまな企画に挑戦するバラエティー番組で、加藤シルビアアナや田中みな実アナら、当時の若手女性アナウンサーが出演。 津田さんのツイートには、 「そもそもDHCシアター本家はオンエアからしばらくしてからアップされるから、それはアフィリエイト広告収入目的の第3者がアップしたものでは?」 「権利侵害で削除したんでしょう?」 といった返信が寄せられていた。 問題の「沖縄緊急調査」を放送() 問題の1月2日放送回は「沖縄緊急調査 マスコミが報道しない真実」「沖縄・高江のヘリパット問題はどうなった?過激な反対派の実情を井上和彦が現地取材!」などと題し、沖縄・高江の米軍ヘリパッドへの反対運動を報じた。 須田慎一郎氏「この方々、反原発、反ヘイトスピーチ、職業的にずーっとやってきて、今沖縄行ってる」 上念司氏「隙間産業ですね。

Next

ニュース女子の沖縄リポート放送をめぐる騒動

番組は制作会社が手がけたものだが、MXには放送責任が問われ、川端和治委員長は記者会見で「番組の中核をなす内容について十分な事実が見当たらない」などと不備を見逃した考査体制の甘さを批判した。 まるで本当にキャンプを体験しているかのような人間中心設計を感じさせる。 さらにキャンプ動画が簡単に観られる時代とあれば、思わず「行ってみたい!」となるのは必然だろう。 MXに上記の点などについて見解を問うと、以下の回答があった。 2月27日に発表した「番組内で使用した映像・画像の出典根拠は明確でした」「番組内で伝えた事象は、番組スタッフによる取材、各新聞社等による記事等の合理的根拠に基づく説明であったと判断しております」という見解とは全く異なる内容だ。 ハフィントンポストに対し「沖縄デマについて取材を続けていく一人として、『ニュース女子』の内容はまったく理もなく許せないと考えた。 欅坂46「サイレントマジョリティー」を歌って踊る動画は233万回再生。

Next

「ニュース女子」をBPOが強く批判「重大な倫理違反」 東京MXテレビ番組(1/2ページ)

TOKYO MXの判断はあまりに遅すぎるが、それでも番組の打ち切りを決めたことは歓迎すべきものだ。 反対派が暴力を振るっているとのデマも流されたが、実際は機動隊により反対派が暴力を受けている。 完パケでの考査を行わなかった 委員会は、検証のために2回現地での調査をした。 - 東京メトロポリタンテレビジョン. なぜ深く反省するのか」「番組で取り上げた議論と東京新聞の報道姿勢は違うし、私自身も(同紙の主張と)違う。 名指しされた市民団体「のりこえねっと」などに取材をしなかった理由についてはこう述べていた。

Next

ニュース女子 の動画サイト

沖縄タイムス 2017年1月12日• 予定もない」とした。 BPOへの申し立て [ ] 1月27日、この報道に対してのりこえねっとは「であるからという理由でその活動を否定的に報道することはヘイトスピーチそのものであることを、は深く認識すべきです」と抗議声明を出し 、共同代表のはの放送人権委員会へ申立書を提出。 汗だくになって本気でトレーニングに臨む三谷アナの姿が話題を呼び、シリーズ第1本目は156万回再生の大反響。 東京のMX本社前で抗議行動があったことなどを。 永島アナが創作ダンスを踊り、驚異のダンススキル見せるなど、YouTubeチャンネルを有効利用しているように見える。

Next

YouTubeで女子ソロキャン動画がトレンドに ロケーションの映像美とスローライフが人気の鍵(リアルサウンド)

しかしその一方で、インターネット空間では、事実とは異なる情報や根拠のあいまいな情報も瞬時に拡散され、事実に基づかない論評と侮蔑的表現とが結びつき誹謗中傷へと堕していくこともある。 「放送法の規制を受ける地上波から流れるのは極めて憂慮すべき事態」「事実ではない情報で敵をつくり、快哉(かいさい)を叫ぶ。 「議論の一環として放送」初めての見解を示す() 「ニュース女子」は1月16日、番組内で初めて見解を示した。 『』などの著書があるフリージャーナリストの安田浩一さんは1月12日、MXの別番組への出演を見合わせるとツイートした。 今回の放送で、その砦は崩れた。 また、番組内の企画「ハローチャレンジ」と連動した動画も投稿。

Next

MXテレビ「ニュース女子」に沖縄メディアなど反発「基地反対派に日当」発言など巡り

ジャーナリストのは、この放送を批判し、「番組を制作会社に任せ、考査して放送した放送局の責任が最も大きい。 「砦は崩された」 テレビ局の責任を改めて指摘 検証委員会は意見書の終わりで、放送局の考査は「砦」の役割があると述べた上で、インターネットとテレビの関係性について触れている。 当該ツイートは消しておきます。 委員会は14日の会見で、「重大な放送倫理違反があった」との意見書を公表した。 BPOの独自調査では沖縄ヘイトデマ回における嘘のでっち上げや恣意的な取材といった番組制作の実態があきらかになった。 問題の放送回では、「沖縄緊急調査 マスコミが報道しない真実」「沖縄・高江のヘリパット問題はどうなった?過激な反対派の実情を井上和彦が現地取材!」などと題し、沖縄・高江の米軍ヘリパッドへの反対運動を報じた。 当社は、本件に関し、審議が開始されて以降、社内の考査体制の見直しを含め、改善に着手しております。

Next